十七日目(月曜日)

車椅子

 朝起きると、シリカは出掛けた後だった。ベッド脇に巾着袋が置いてある。

 きっと今日も自分のアパートに戻り、カオリン達が迎えに来るのを待っているのだろう。

 そういえば、今日はバイトをやるって言ってたっけ?

 あいつ、あんなにぶっきらぼうな態度でバイトなんてできるのか?

 なんだかすごい失敗をやらかして、バイト先を追い出されるような気がするけど。

 まあ、そうなったらそうで、早めにここに来てくれるかもしれないと、僕はちょっぴり期待するのであった。


 午前中には先生の診察があった。

 ここ数日間はずっと寝ていたので曜日の感覚が無くなっていたが、気が付くと今日は月曜日だった。

 まだ下半身をうまく動かすことはできないが、上半身は手術前とほぼ同じ状態に近づいている。

 先生にミモリの森行きのことを話したら、車椅子を貸してもらえることになった。



 シリカがやって来たのは、午後二時ごろだった。

 森に行くと予告していたおかげか、彼女はちゃんとハイキングっぽい恰好をしていた。

 上はTシャツとパーカー、下はキュロットスカート、靴はスニーカーを履いていて、化粧もナチュラルな感じだ。

 シリカは、病室内で車椅子の練習をしていた僕を見て、いきなり嫌そうな顔をした。

「え~、これで出掛けるの?」

「そうだよ。だってまだ下半身がうまく動かせないからしょうがないよ」

「私、ついて行くだけだからね」

 頬を膨らませるシリカ。車椅子なんて押さないよ、と表情が語っている。

 そんなことには構わず、僕は「さあ行くぞ」と車椅子を動かす手に力を込めた。


 舗装道路はミモリの森の入り口までだった。

 雑草の生える小路は、車椅子では進みにくい。当然、シリカの手助けが必要となる。

「なによ、結局、私も押すことになるんじゃん」

「僕も頑張るから、ゆっくり行こうよ」

 不平を漏らしながらも、車椅子を押そうとしてくれているシリカ。プリプリするその顔が可愛いかった。

 今日もミモリの森は薄暗い。

 小路の先を見つめていると、ここで起きた色々なことが僕の脳裏に蘇ってくる。

 初めてシリカと一緒に森を抜けたこと、水やりをするシリカと毎日通ったこと、嵐の中シリカを探したこと、そしてネフィーと手を繋いで歩いたこと。

 たった二週間で起きたこととはとても思えない。

 そして今僕は、シリカとの最後の思い出作りのためにこの小路を進んでいる。

 しみじみと森の木々を見上げる僕を見て、シリカが声をかけてきた。

「ねえ、この先に何があるの?」

 この先には、薄暗い森からは想像できない世界が広がっている。

「綺麗な青い花の咲く花畑があるんだよ」

「へえ~」

 シリカもちょっとは興味を持ってくれたようだ。

 あれだけ水やりに執心していたシリカ本人とは、とても思えないけど。

「この小路、本当に覚えていないのか?」

「ぜんぜん」

 淡い期待を抱いてみたが、それは無駄だった。シリカは本当に自分のことを忘れている。

「でもね、なんだか懐かしい感じがする……」

 シリカは森の木々を見上げてそうつぶやいた。


「きゅるるる、きゅるるる」

 木々の間から茶色のトリティが顔をのぞかせた。

 立ち止まって物珍しそうに僕たちを見つめている。

「あっ、可愛い~。あれ何ていうの? ホクト」

 そうか、シリカはトリティを知らないのか。彼女だって三日前はトリティだったというのに。

 僕はなんだか可笑しくなった。

「トリティっていうんだ。この森に住んでいるんだよ」

「じゃあ、この先にもいる?」

「ああ、沢山いるよ」

「それは楽しみだわ」

 車椅子のスピードもほんのわずかに速くなったような気がした。


「きゅるるるる……」

 今度は真っ白なトリティが顔をのぞかせた。

 その白さは、トリティだった頃のシリカを思い出してしまうくらいなほど。

「シリカも、三日前はあんな感じだったんだよ」

 僕は白いトリティを指差す。

「ええっ!?」

 信じられないという顔をするシリカ。

 そういえばレディウ人になる前はトリティだったなんて、シリカは誰にも教えてもらっていないんだな。僕だってそれを初めて知った時は、かなりビックリしたけど。

「嘘……でしょ?」

「嘘じゃないよ。真っ白で、毛がふかふかしていて、本当に可愛かったんだから」

「なに? それって、今の私があまり可愛くないって感じじゃない?」

 ――今のシリカは綺麗だよ。

 本当はそう返事したかったんだけど、照れくさくなって笑ってごまかす。

「あはははは。それに僕だって、三週間前はあんな姿だったらしいよ」

「へえ~、じゃあその時の様子を聞かせて」

「さすがに僕もその頃の記憶はないんだけど、レディウ人になった時のことは良く覚えてるよ」

 僕は花畑に着くまでの間、自分の誕生の様子をシリカに話してあげることにした。


「僕がレディウ人として誕生したのは、三週間前のことなんだ。気がついたらこの先の花畑に立っていた」

 あの時のことは忘れもしない。

 どこまでも広がる青い空に青い花畑。

 とても気持ちが良かったことを覚えている。

 素っ裸だったからかもしれないけど。

「そしてシリカ、君が僕の隣にいた」

 レディウ人になってすぐに近寄って来たのがシリカだった。

 白い毛がふわふわしていて、抱くととても気持ち良かった。

 今の姿からはとても信じられない。

「その時、シリカはあんな感じの小さな動物だった。君はなんだか懐かしい匂いがした」

 僕は自分に関する記憶をすべて失っていた。でもシリカに対しては、すごく懐かしい感じがしたんだ。

 そういえばシリカも、僕の毛布の匂いが懐かしいって言ってたな。もしかしたら僕の時と同じ感覚なんじゃないのだろうか。

「へえ~、私もホクトはなんだか懐かしい感じがする。だからその気持ち、なんとなくわかるわ」

 そう言ってもらえると僕も嬉しい。

「それから市役所の人が来て、アパートの部屋の鍵を貰ったんだ。ほら、シリカの時にも来ただろ? あの人だよ」

「それって、ナース服を持ってきた人?」

 そうか、シリカの記憶の中でミューさんは、『ナース服の人』ってインプットされているんだ。

「あははは、そうだよ。あの人、名前はミューさんっていうんだ。レディウ人になったばかりの人を訪問して、好みの服を着せて喜んでいるんだよ。僕の時は執事服だった」

「ぷっ、ホクトが執事!?」

 シリカがいきなり吹き出す。

「あははははははは、それって見てみたい!」

 おいおい、そんなに笑うなよ。

 見てみたいって、シリカだってあの時すごく喜んでいたじゃないか。

 今となっては懐かしい思い出だ。

「それでね、アパートの隣の部屋がライトだったんだ」

「それで、ホクトとライトは友達なのね」

 ライトには、シリカがレディウ人になってからすごくお世話になった。

 カオリンやキャルだってライトのバイト仲間だし。

「ライトと付き合っている女の子がアンフィ。僕はそのアンフィと一緒に手術したんだ。だから二人で病院に入院している。そしてアンフィの双子の妹がネフィー」

 手術が終わってから、僕はまだアンフィやネフィーに会っていない。

 シリカがレディウ人でいられるうちに、またみんなで集まる機会がやって来るだろうか。

「双子? それって瓜二つってやつ?」

「髪型と性格は違うんだけどね。見た目はそっくりだよ」

 顔の造りは本当に瓜二つだ。手術前の髪を上げたアンフィにはドキリとした。

 二人がそっくりなおかげで僕は勘違いしてしまい、ネフィーと仲良くなれたんだけど。

「そして嵐の夕方。この四人を巻き込む事件が起きたんだ」

 事件。

 たしかにあれは事件だった。

「その事件って?」

 シリカは興味津々に聞いてくる。原因が自分とは知らずに。

「突然、行方不明になってしまったんだよ」

「誰が?」

「シリカが」

「えっ、私!?」

 まさか自分のこととは思っていなかったのだろう。振り向くと、車椅子を押すシリカは驚きで目を丸くしていた。

「嵐の日に、君は行方不明になったんだ。そしてみんなで探したんだよ。結局君は、この先の花畑で見つかったんだ」

 あの日は本当に大変だった。

 強い風と雨が僕達の行く手を阻んだ。

 そして花畑でぐったりしたシリカを見つけて、死んじゃったんじゃないかと僕は本気で心配したんだっけ。

 僕の様子を察したのだろうか。シリカは小声で謝罪を口にする。

「ごめんね。私って、そんなに迷惑かけてたんだ」

「でもね、シリカがこの場所に来たのはちゃんと理由があったんだ。皆はそれを知って、納得してくれた」

 きっと僕だって、シリカと同じ立場だったら同じことをするだろう。

 ミモリの花に興味を持った今なら、自信を持ってシリカを擁護することができる。

「その理由って?」

「ある花のつぼみを守るためだったんだ」

「つぼみ……?」

「ミモリという青い花のつぼみだよ」


 その時、森がとぎれて視界が開けた。

 森に囲まれた広い広い花畑一面に、青い花が咲いている。

「うわぁ、綺麗……」

 シリカは足を止め、景色を眺めながらため息をついていた。

 そういえば、昼間にミモリの花畑に来るのは久しぶりだ。もしかすると、僕がここで誕生して以来かもしれない。

 空の青と花の青に挟まれる森の緑。やっぱりここは気持ちのいい場所だった。

「それで、私が守ったっていうつぼみはどこにあるの?」

「もうしばらく行ったところだよ。近くに来たら教えてあげる」

 目印は、重し石。

 嵐の夜にライトが持ってきた石だ。

 それをバケツの上に乗せて、ミモリの花のつぼみを守ったんだ。

 重し石は今でもきっと、あの花の前に置いてあるはず。

「あっ、あの辺りだよ」

 五分くらい進んだだろうか。目印となる重し石が見えてきた。

「どの花だか探してごらん。懐かしい感じを辿って行けば分かるかもよ」

 ちょっと意地悪な提案だったかな、と思う間もなく、シリカは僕が指差す方向に走り出していた。

 僕は苦笑しながら車椅子で後を追いかける。

 十メートルほど前方でシリカが立ち止まり、目を閉じて鼻をくんくんさせている。その場所は、正に僕が誕生した場所だった。

「なんだかこの辺が怪しいんだけど」

 さすがはシリカ。感覚だけでちゃんと場所がわかるようだ。

 すると彼女はしゃがみこみ、目の前の花の香りを嗅ぎ始めた。

「この花、すごく懐かしい感じがする……」

 ついに目的の花を特定したようだ。

「やるじゃないか、シリカ」

 ――それが君が必死に守ったミモリの花だよ。

 と言おうとして、僕は目を疑った。

 ――違う、あの花じゃない。

 シリカが香りを嗅いでいるのは彼女が守った花ではなく、その右隣の花のように見えたのだ。

 それを確かめようと僕は必死に車椅子を走らせる。


 その時――


 シリカに異変が起きた。

 ドクンと彼女の体が波打ったかと思うと、急激に力を失い、花の前に倒れ込んでしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます