鎌倉小町ろまんてぃゐく

作者 梅本梅

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全46話

更新

  1. はじまり
  2. サクラサク
  3. 男体盛りの呪い
  4. 家政婦は来た
  5. vs.往来の詐欺師
  6. 運命の出会い、かもしれない
  7. 玄関前の面接
  8. 職場案内
  9. はじめての来客
  10. 腹が減ってはなんとやら
  11. 焼き鳥丼とザーサイサラダ
  12. 滞在初日のホラー体験
  13. そして事故物件で一夜
  14. 二日目の家政婦
  15. 怪しい着物
  16. 往来の詐欺師との再会
  17. 鎌倉街案内
  18. さくらのお茶
  19. 原材料入手
  20. 老爺と着物
  21. さくらの見せた夢
  22. 憑き物おとし
  23. 連撃爆弾発言
  24. 聖者に山梔子
  25. 霊能者のプレゼント
  26. 模様と秘密
  27. 良き事聞く
  28. 純白の着物
  29. 山梔子の柄
  30. モーニングルーティン
  31. 手ぬぐいとメッセージ
  32. 憑き物との邂逅
  33. 山梔子の秘密
  34. ほころび
  35. 若い芽を摘むということ
  36. 出張タイム
  37. 死人に口なし
  38. おぼろげな道行き
  39. 西御門時雨の小話
  40. 西御門時雨の与太話
  41. 葵と松
  42. 夏の始まり
  43. 三毛猫、黒猫、化け猫
  44. 鎌倉の夏祭り
  45. 夜風と祭囃子のなかで
  46. これからの話
  47. 猫とカワセミ
  48. 鎌倉小町ろまんてぃゐく
  49. おわりに
  50. 夏はまだ続く