希死念慮の出る男の手記

作者 あがつま ゆい

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全32話

更新

  1. メンヘラに悩む当時者の周りの人に向けて
  2. 第1話 はじめに うつに関してこれだけは知ってほしい2つの事
  3. 第2話 「死にたい」の意味。「死にたいけど死にたくない」は矛盾しない
  4. 第3話 相談を「する」側も「される」側も、一人で抱え込まないで
  5. 第4話 希死念慮(きしねんりょ)とは?
  6. 第5話 善意の鈍器で殴るような暴力と「頑張るな」という声掛け
  7. 第6話 「死にたい」から「死ななくてはならない」へ
  8. 第7話 うつを抱えている人は無条件で「バッテリー女」扱いしたほうが良い
  9. 第8話 休むことが出来なくなる
  10. 第9話 うつは怠けているわけではない。むしろ必死に戦っている
  11. 第10話 痛みこそ生きている証
  12. 第11話 死ぬ気になれば何でもできるの嘘
  13. 第12話 10グラムの重りで人は死ぬ
  14. 第13話 自分の基準で他人のつらさを測るな
  15. 第14話 死が身近になるし、軽くなる
  16. メンヘラで悩む本人に向けて
  17. 第15話 なぜ死んではいけないのか?
  18. 第16話 それくらい「普通」だ。もっと鈍感になれ
  19. 第17話 心療内科の紹介 ならびに守ってほしいこと
  20. 第18話 死んでも何も残らない
  21. 第19話 「死にたい」は必ず収まる
  22. 第20話 「死にたい」は幻覚、幻聴だ
  23. 第21話 チェックシートを使おう 危険度測定基準は「食う寝る性欲」
  24. 第22話 褒められたくなくなる
  25. 第23話 あなたはただそこにいるだけでも価値がある
  26. 第24話 つらかったら「きちんと」つらいと言う事 死んだらもう取り返しがつかない
  27. 第25話 誰にも迷惑をかけないのは神様仏様のみ
  28. 第26話 ネガティブ思考は紙に書け
  29. 第27話 無限大 対 1
  30. 第28話 自分に罪悪感を感じてしまう
  31. 第29話 他人のせいにする
  32. 第30話 ささいな悩み
  33. 終わりに 一生死にぞこないでいてください
  34. あとがき