第3話 出会いとココア

 いつも通り、ココアは自分専用に用意された味の薄いご飯を食べ、お風呂から出て自室でゆっくりしていた。時計の針は9のところに近づきつつあり、そろそろ寝る時間でもあった。

 4月だというのに今日の気温は夏日近くあり暑かったせいか、夜でも2階にあるココアの部屋は暑い。そのため開けていた窓を閉めようと立ち上がった時だった。

「えっ?」

 何かが凄い勢いでこちらに向かって飛んでくるのが見える。

 〝コツン〟

「いたっ」

 それはココアの額にぶつかって、部屋のカーペットの上に落ちた。

 ココアは額を摩りながら、それを拾う。

「何?これ?うさぎ?……のぬいぐるみ?とトランク?」

 それはピンクベージュ色のうさぎのぬいぐるみと15cm程の茶色のトランクだった。ぬいぐるみのほうは右耳に水色のリボンが結んであり、首にはフリルの白い丸襟が首輪のように付けられていて、その真ん中には小さい水晶のような綺麗なガラス玉がちょこんと付いている。そして、腰の部分には同じく水色のオーガンジー生地で作られた3段フリルがスカートのように着せられていた。

「かわいい〜でも、なんでだろう?誰かが投げてきたのかな?」

 窓に近づいて下を見ても、少し身を乗り出して見てみてもそれらしい感じはなかった。

「? でも、こんなに可愛いなら、誰かが大切にしてるものだよね……。これも明日交番に届けよう!」

 ココアは窓を閉め自分の机の上にトランクとうさぎのぬいぐるみを大切に置く。

「おやすみなさい。あなたを大切にしているお友達に会えるといいね」

 そう言って、ココアはベッドに入った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます