側仕えはこいねがう

作者 露木佐保

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全37話

更新

  1. 本編
  2. 序章 季節はめぐり、再び
  3. 一、側仕えは剣を捧ぐ
  4. 第一章 側仕えの不満
  5. 二、側仕えは主に傾倒する(1)
  6. **側仕えは主に傾倒する(2)
  7. 三、主と側仕えはこうして出会った(1)
  8. **主と側仕えはこうして出会った(2)
  9. **主と側仕えはこうして出会った(3)
  10. 四、主の弟君は優秀で大人びている(1)
  11. **主の弟君は優秀で大人びている(2)
  12. **主の弟君は優秀で大人びている(3)
  13. 第二章 突きつけられた現実
  14. 五、側仕えは知らせに戦慄す(1)
  15. **側仕えは知らせに戦慄す(2)
  16. **側仕えは知らせに戦慄す(3)
  17. 六、主とヤツは隠し事をする(1)
  18. **主とヤツは隠し事をする(2)
  19. **主とヤツは隠し事をする(3)
  20. 第三章 存在の意義を問う
  21. 七、主はこれを見越していたらしい(1)
  22. **主はこれを見越していたらしい(2)
  23. **主はこれを見越していたらしい(3)
  24. 八、側仕えは出会う(1)
  25. **側仕えは出会う(2)
  26. **側仕えは出会う(3)
  27. **側仕えは出会う(4)
  28. 終章 新しい日々の始まり
  29. 九、側仕えは希う
  30. こぼれ話
  31. 登場人物
  32. 用語集
  33. 多主観認知論(瀬木慧泉 著)
  34. 過去の一場面(本編以前、本編中)
  35. *放任がもたらしたもの
  36. *困り顔を知った日
  37. *子育ては難しく
  38. *藍賀家の見栄と誇り
  39. *慧泉の想い
  40. *手綱を握るのは
  41. ある日の彼らの会話(本編終了直後)
  42. *主と側仕えの出会いのその後
  43. *子はかすがい、ということは
  44. *瀬木家の父と子
  45. *家族って…
  46. その後のお話
  47. *主と側仕えのその後