彼を殺したのは誰ですか?〜愛しの騎士様を守るため、この転生やり直します!

作者 こみあ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全44話

更新

  1. Chapter 1 それは春の終わりに始まりました
  2. Prologue 朝チュンは朝チュンでも色気はないんです
  3. 1 私これでも一応お嬢様だったりします
  4. 2 それは春の終わりに始まりました
  5. 3 ちゃんと帰してもらえました
  6. Chapter 2 私を覚えていてくれましたか?
  7. 4 すっかり忘れた頃に戻ってきました
  8. 5 事前説明は大切だと思います
  9. 6 私を覚えていてくれましたか?
  10. Chapter 3 思い出は生きるために
  11. 7 私、実はちょっとした過去持ちです
  12. 8 お互い様、って言わないで
  13. 9 私だって頑張ってました
  14. 10 思い出は生き残るために
  15. 11 過去はこれからの二人のために
  16. Chapter 4 最初のチャンスかも知れません
  17. 12 最初のチャンスかも知れません
  18. 13 逃げ出すはずが回り込まれました
  19. 14 帰り道は危ない雰囲気
  20. Chapter 5 ただ貴方に会いたくて
  21. 15 戻ってきちゃいました
  22. 16 素直にはなれません
  23. 17 貴方に会いたくて
  24. 18 戻っては来ましたが
  25. 19 政略結婚のお申込みはいりません
  26. 20 パーティーに行きますか
  27. 21 お昼をの為ならこの際仕方ありません
  28. 22 せめてお昼は美味しく食べたいの
  29. Chapter 6 甘い蜜の味を知ってしまいました
  30. 23 日常がはじまりました
  31. 24 今日のマルテスはお客様仕様です
  32. 25 パーティーは様子が怪しいです
  33. 26 私だってキレる時はキレるんです
  34. 27 甘い蜜の味を知ってしまいました
  35. 28 あれはなんだったんでしょうか?
  36. 29 その忠誠が悲しいんです
  37. 30 知らなかったのは私だけ?
  38. 31 諦めることには慣れてます 
  39. 32 状況は思っていた以上にひどいものでした
  40. 33 仕事には前向きな私だったのですが
  41. 34 その日が来ます
  42. Chapter 9 運命の日がやってまいります
  43. 35 とうとう祭祀が来てしまいます
  44. 36 当日です。
  45. 37 現実です。
  46. 38 今日という日
  47. 39  そして新しい今日
  48. Chapter 11 私の愛しいあなた
  49. 40 真実の夜
  50. 41 愛しいマルテス
  51. 42 愛しい君
  52. Epilogue 愛しい貴方