制御不可能~機械仕掛けの二人の最初の仕事は失敗が判っている革命。

作者 江戸川ばた散歩

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全25話

更新

  1. プロローグ
  2. ① 青空の下の出会い その1
  3. ② 青空の下の出会い その2
  4. ③ 夜の言葉 その1
  5. ④ 夜の言葉 その2
  6. ⑤ 夜の言葉 その3
  7. ⑥ 夜の言葉 その4
  8. 本編
  9. 1.ノーヴィエ・ミェスタの大学生姉妹
  10. 2.三つ編み男の出現
  11. 3.金色の瞳の客員団員の登場
  12. 4.惑星ノーヴィエ・ミェスタとは
  13. 5.学生達は「文学」というヴェールをかぶって自由を語り、「演劇」という仮面をつけて事実を口にする。
  14. 6.「ガキの頃に身についてしまっている言葉のリズムという奴は変えようがない」
  15. 7.「だからあなたは、あの本を隠した?」
  16. 8.そもそもこの州、ないしは惑星において、それほどの情報統制を行う必要などないのだ。
  17. 9.この惑星の人間なら誰でも知っていて、だけど外にはあまり漏れない情報というものは結構こんなところからほころび始めるのだ。
  18. 10.キリール・アルファベットを使う星
  19. 11.扉から、手がのぞいていた。
  20. 12.「教授が捕まったんだよ」
  21. 13.「色がある季節ってのはいいよね」
  22. 14.「銃で、ありたかったんだけどね」
  23. 15.「誰の命令で動いているわけ?」
  24. 16.キンモクセイがこの時期に咲くのは、この辺りなのだ。
  25. 17.ラーベル・ソングスペイ少尉
  26. 18.「確かに外見は怪しいが」
  27. 19.「問題は、知り合いであるということを隠している場合だ」