ちょいと武張って

作者 波里久

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全39話

更新

  1. 前書き
  2. 序章
  3. 武張ったものが好き
  4. ここに友あり
  5. 晴れのち雨
  6. どん底
  7. 武張っているのが嫌い
  8. 第一章 大東流合気柔術
  9. 道場見学
  10. 入門初日
  11. 門人末席が見た蒼天会
  12. お花見をしましょう
  13. 居酒屋地麦
  14. 尚志は兄弟子たちからの薫陶を大いに受ける
  15. 才川の不動金縛り
  16. 黒田の空気投げ
  17. 佐嶋の冗談、および突貫
  18. 伊勢の鞭手(ベンシュ)
  19. 尚志は蒼天会での日常を謳歌する
  20. 号令係
  21. 来る者は拒まず
  22. 権左よ、泣くな!
  23. たまには恋の話でも
  24. いいニュースと悪いニュース
  25. 親友への手紙
  26. 昔はよかったね
  27. 相撲で勝負
  28. 第二章 意拳
  29. ジャパン意拳クラブの若きリーダー、驚く
  30. ヒヨコは逃さず殺さず
  31. The Walting Monkey
  32. 意拳VS太極拳
  33. 気取った店、武張った店
  34. 奥義はなく、弟子もなく、お金もなく、道場もなく
  35. 第三章 柔道
  36. 二つの後悔
  37. 好敵手たち
  38. 第四章 合気道
  39. 道の為来たれ
  40. 台風の目のように
  41. 第五章 香取神道流
  42. おかしな先生
  43. その名も魔斬りの剣
  44. 非公認、されど黙認
  45. 魔斬りの剣を巡って
  46. 終章
  47. 巨星墜つ
  48. 後書き