少女がボールを手にしたら

作者 水守中也

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

完結済 全39話

更新

  1. 第1話 一球だけなら、いいよね……
  2. 第2話 同盟に破棄は付き物である
  3. 第3話 ……グラブ、はずして良いかな?
  4. 第4話 普通の女の子になりたかったから
  5. 第5話 ボクが化け物に見える?
  6. 第6話 すんごく遠くでいいなら
  7. 第7話 まっすぐしか投げないけど
  8. 第8話 うんっ。いいよ
  9. 第9話 すごいっ。一言でボクの性格を表現してる!
  10. 第10話 べ、別に神子と一緒に野球したいからとか(以下略
  11. 第11話 これで九人そろうわね
  12. 第12話 期待は裏切らないつもりだから
  13. 第13話 自分で考えてみたらどうだ?
  14. 第14話 けどこれで確実に一点が入るんだったら、無駄じゃないんじゃない?
  15. 第15話 凄い、凄~い!
  16. 第16話 なぜ一般的に左曲がりが多いのかというと
  17. 第17話 平気。こういうの慣れてるし
  18. 第18話 気合いが空回りしてるって
  19. 第19話 ぶくぶくっ!
  20. 第20話 考えたことなかった
  21. 第21話 百パーセント脂肪だもん。無駄乳だよっ!
  22. 第22話 ボクと一日デート券を、さおりんにプレゼント
  23. 第23話 左手での指相撲なら自信がありますよ?
  24. 第24話 練習したくなってきちゃった
  25. 第25話 きっとすごい投手になっているんだろうなぁ
  26. 第26話 早速だけど作戦会議も兼ねて……
  27. 第27話 シンプルで結構
  28. 第28話 あらいば?
  29. 第29話 が、頑張ろぅーっ
  30. 第30話 できればそのつもり
  31. 第31話 成長したわね
  32. 第32話 おいおいおい……
  33. 第33話 自由に打っても良かったのに~
  34. 第34話 ……何だ。覚えてるじゃない
  35. 第35話 ――なめるなっ!
  36. 第36話 見てみたかったんだ
  37. 第37話 入らないと思ったんだよ
  38. 第38話 私を信じて
  39. 第39話 一球だけなら、いいよね?

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!