感傷的な季節の日々

作者 綿貫むじな

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全38話

更新

  1. 境界線の季節
  2. 電車は行き来する
  3. 霙交じりの雨
  4. こたつの足
  5. 灯りの電車
  6. 深夜、片手にコーヒーを持って
  7. 天井を見つめる
  8. 花の風物詩
  9. シロツメクサ
  10. 五月の蠅
  11. 水無月の蛙
  12. 雨宿り
  13. ひみつきち
  14. ソーダアイス
  15. ウチの馬鹿な犬
  16. 雷雨のバス停にて
  17. とある日の休日出勤
  18. 冬がやってくる
  19. 窓の外は雪
  20. 桜並木の季節
  21. 四月についた嘘
  22. 散り桜の夜
  23. なつのくも
  24. 夜のコンビニ
  25. 空に昇る煙
  26. 季節外れの彼岸花
  27. 唐突に死にたいと思った。
  28. のびすぎるつらら
  29. ホワイトアウト
  30. 空を飛び交う妖精
  31. 取りとめのない錯綜した思考
  32. お父さん、いい加減貴方の顔は忘れてしまいました。
  33. 古びた踏切に佇む
  34. 夜に響く声、コンクリートの上の紅
  35. ある夏の猫と私
  36. 居合わせた二人
  37. 隣り合う二人
  38. 花火の残響