アクセス数

エピソードごとの累計PV数

欠伸と消しゴムの落ちる音、それは出会いの予感。
30
641
PV
君とフードパーカー、僕とその横顔。
20
472
PV
竹馬の友と歩む刻、その浅はかで愛しきこと。
18
405
PV
目が合わなければ、恋は始まらない。
14
344
PV
万物は陰を負いて陽を抱き、沖気もって和を為す。
13
407
PV
確実にこなさないといけないプレーを確実にこなせるチームが強いとイチローは言った。
13
310
PV
推すとおすは似て非なるものなり。
11
269
PV
言えなかった言葉。見失った想い。
10
265
PV
悪役令嬢とその取り巻き。そして、鯉と風見鶏。
10
243
PV
君の横顔と、送れないメッセージ。
9
231
PV
近くて遠い深き夜。君、何を思う。
11
208
PV
眠れない夜と、優しい返信。
9
208
PV
その目を覚ますのは、王子?教師?それとも彼からの視線?
9
203
PV
足りなかった会話。お互いの想い。その純然たること。
8
196
PV
思わず見てしまう、そんな病に特効薬は無い。
7
184
PV
ノートの端の答えは、クピドの矢の如し。
7
179
PV
恋するバクテリア。
7
171
PV
私は私よ。関係無いわ。
9
182
PV
それは不死の病か、不治の病か。
7
161
PV
恋に王道ありや。
7
157
PV
ブルーグレーのパーカーを着た女神。
8
158
PV
それは自分であり、自分でない。そんな三角関係。
7
157
PV
夏の訪れと、愛しきパーカー。
8
152
PV
吉と出るか、凶と出るか。席替えは恋の運試し。
8
144
PV
自分に嫉妬することほど、おかしなものはない。
8
145
PV
その想い、髪と共に消え。
7
146
PV
奴の事なんて、忘れてしまえば良い。
9
147
PV
「大切なのは、信念だ。」と昭和の名横綱は言う。
8
138
PV
地下帝国跡地再開発事業。
7
127
PV
ありふれた会話に、仕組まれた爆弾。
7
132
PV
放課後のにわか雨は、その距離を近づける。
6
136
PV
降り出した雨は、スタートの合図。
6
125
PV
届けられたプリントは、彼女への架け橋となりうるか。
6
121
PV
長いものには巻かれろ、強いものには折れろ、重いものには圧されろと、そうれろ尽しでは気が利かん。~漱石
7
132
PV
暑くても戯れ、寒くてもアイスを食べる。それが若者。
6
98
PV
推しは神。風邪は万病の元。
6
100
PV
恋するブルーグレー、再び。
6
125
PV
あては、月か花火か野球か、それとも?
7
127
PV
その正体は…それは難易度高めのクエストでした。
7
124
PV
狂人と詩人と恋をしている者は、想像力でいっぱい。
7
122
PV
それは、ブラックというだけではない、何か。
7
121
PV
「バレる」は、ラ行下一段活用。
7
126
PV
お、し、ま、い…DEATH、か?
7
134
PV
現実は、胸に突き刺さる剣。妄想は、盾。
8
126
PV
想いを認めた時が、その恋の終わり。
6
129
PV
綸言、汗の如し。
7
127
PV
地下帝国に、犬がやってきた。
7
136
PV
エピローグ?~If you want something done right, you should do it yourself!~By スヌーピー
7
172
PV
エピローグのその後で~「僕の友達」1年3組 山岡竜太郎
7
152
PV
★感謝★~作者、あとがきです。
9
120
PV