星を斬るクラン

作者 久保田

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全31話

更新

  1. 第1話・エルフという生き物は、ひたすらに拡大し続ける生き物である
  2. 第2話・そこには、数学的な美があった
  3. 第3話・二十四姫、梔・ルディ・アンジェリカ・ハビムトだけが知っている秘密は、数多くある
  4. 第4話・早朝の門は、ひどく賑わっていた
  5. 第5話・ひさかたぶりにぞくりとした物を感じた
  6. 第6話・旅は、五日で終わった
  7. 第7話・ゴゴ貝という貝がある
  8. 第8話・低レベルな口喧嘩
  9. 第9話・なあ、おい
  10. 第10話・S.P.O.E!
  11. 第11話・ぶおおおん
  12. 第12話・三日も過ぎた頃には荒野の植生は変わり、ぼちぼち草木が生えてきていた
  13. 第13話・外に出ると、曖昧な時間になっていた
  14. 第14話・南方に生息するゴリラは、猿を大きくしたような生き物だ
  15. 第15話・朽ちたバラックが立ち並ぶスラムには相応しくない建物だった
  16. 第16話・ちっとでもマシな男には見えなかった
  17. 第17話・死ぬ者は死に、逃げ出す者は逃げた
  18. 第18話・なにしろあの太い首がずるいのだ
  19. 第19話・息が止まっていた
  20. 第20話・それは冒険をこよなく愛するエルフの中でも、最も偉大な探索行である
  21. 第21話・がらりと気候からなにからなにまでが変わる
  22. 第22話・戦場での報酬の分け方は様々だ
  23. 第23話・獣人のエルフへの恐怖は、とびきりのものだ
  24. 第24話・月明かりの下、半里を一息で駆けながら
  25. 第25話・花が咲いていた。 名も知らないちいさな花だ
  26. 第26話・なにせ全員が、なにをすればいいか理解している
  27. 第27話・骨剣と一口に言っても、結構な種類がある
  28. 第28話・うるさい、黙れ
  29. 第29話・熊の爪が目の前を掠めていった
  30. 第30話・オークは大いびきをかく習性がある
  31. 第31話・クラン先生のはちみつ授業