ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた

作者 九頭七尾

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全36話

更新

  1. 一章
  2. 第1話 ただの屍になってた
  3. 第2話 アンデッドになってた
  4. 第3話 大都市が廃墟になってた
  5. 第4話 コミュ障が悪化してた
  6. 第5話 慈悲はなかった
  7. 第6話 攻撃が効かなかった
  8. 第7話 追いかけてはこなかった
  9. 第8話 魔力を抑えてみた
  10. 第9話 白金等級でも歯が立たなかった
  11. 第10話 タラスクロードに食われた
  12. 第11話 会話を諦めた
  13. 第12話 もはやファイアボールじゃなかった
  14. 第13話 同族に遭遇した
  15. 第14話 霊体ごとやられた
  16. 第15話 新聞に載ってた
  17. 第16話 なぜか知られていた
  18. 第17話 追ってきていた
  19. 第18話 言ってはならないことを言った
  20. 第19話 自称乙女だった
  21. 第20話 屋敷ごと燃やしてしまった
  22. 第21話 くすぐったかった
  23. 第22話 聖槍が効かなかった
  24. 第23話 死霊術師と出会った
  25. 第24話 追尾機能が付いてた
  26. 第25話 ゴーストの集合体だった
  27. 第26話 勝手に宣言されてた
  28. 第27話 王都が分からなかった
  29. 第28話 逃げられた
  30. 第29話 別の大災厄級が来た
  31. 第30話 助けられた
  32. 第31話 ドラゴンを倒せた
  33. 第32話 勝手に眷属になった
  34. 第33話 眷属は盛大に勘違いした
  35. 二章
  36. 第34話 子供を助けた
  37. 第35話 快く迎え入れてもらった
  38. 第36話 村を発った