星を斬るクラン

作者 久保田

武の領域でもエルフが強いのは当たり前である。

  • ★★★ Excellent!!!

ファンタジーに登場するエルフと聞いて、どのような生物をイメージするだろうか。容姿端麗、不老、耳が長い、魔法が得意……様々なイメージがあるだろうが、本作ではまずそんなエルフの独自の生態や価値観を解説するところからスタートする。

死なないからとにかく増える。一度裏切れば何百年も恨みを買い続けることになるので信義を重んじる。千歳を超えたエルフは若いエルフから命を狙われる。
そして何より、長く生きている分エルフは武芸に長けている。
作品によっては軟弱な種族にも書かれるエルフだが、本作のエルフはそうではない。
これは長く生き続けているエルフが弱いわけがないというシンプルな思想に支えられた、武闘派エルフたちの物語なのだ。

設定も語りもユニークでこれだけでも充分面白いのだが、さらにキャラクターが良い。父殺しを目標とするエルフの美少女クラン(52歳)を始め、生産的なことは何一つしないのにアホみたいに強いエルフの王、決闘中にギャラリーに盛り上げるようアピールする老エルフ、パンケーキを食べて恋バナをするオークと、いずれも異様にキャラが立っている。

まずは物語の冒頭を読んでほしい。この語りにハマった人は一気に全部読み切ってしまうはずだ。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

カクヨム運営公式さんの他のおすすめレビュー 411