天川に星を逐う(六)

「やっぱり、そっちなんだ」


 そう子怜しりょうがつぶやくと、伯英はくえいは「ははん」とあごに手をあてた。


「さてはおまえ、ねてるな。自分の案が蹴られたからって」

「拗ねてない」


 ただ、理解できないだけだ。この男が、あえて平坦ではないほうの道を選ぼうとしていることが。


「たしかにな、おまえの策、あれはあれで正解だ。先に常陽じょうようをとったほうが、早くけりがつくかもしれん」

「なら……」

「けど、間違ってんだよ」


 わけがわからず、子怜は眉根をよせた。


「おれたちは護民の軍だ。民を見捨てるなんて選択肢は、はなからない。まあ、そのへんの綺麗事は抜きにしても、おれが嫌なんだよ。意味もなく殺されるのも、奪われるのも……それを指をくわえて黙って見ているのも」


 そう語る伯英の声は、灰の中の埋火うずみびに似ていた。冷えているようで、うっかり手を入れれば火傷をする。


「なにより、ここで江夏こうかの民を見殺しにしたら、おれはやつと同じになっちまう。それだけは我慢ならん」


 やつ、が誰を指すのか、訊かずとも子怜にはわかっていた。


「……でも、最後にたくさん残ってるほうがよくはないの?」


 先にいくらか犠牲を払っても、いや、払ったがために、結果的に多くのいのちをとれることもある。


「……場合によるな」


 伯英は天を仰いで眼を細めた。群青の空にまたたく星よりも、なお遠くを見はるかすように。


「おまえには、まだ難しいか。なら、もっとわかりやすく言ってやる」


 子怜の顔に視線をもどし、伯英は目もとをゆるめた。


「おまえを死なせたくない」


 呼吸いきが止まった。


「だから行く。どうだ、これ以上ない理由だろう」


 まただ、と子怜は胸もとをつかんだ。例のあれだ。胸の奥がぎゅっとしめつけられるような、甘くうずくような、手に負えない感覚。鼓動が速くなり、目のまわりが熱くなる。


「わかったな?」


 笑みを含んだ声に頭をおされるように、子怜はうなずいた。


「よし」


 かたがついたとばかりに、伯英は子怜の両肩をたたく。


蘇丁そていはおいていく。文昌ぶんしょうも。何かあったらあいつらを頼れ。それから、これだ」


 伯英は懐から取り出したものを子怜の手ににぎらせた。それは手の中にすっぽりおさまるほどの小刀だった。鞘をはらうと、よく磨かれた刀身の冴えた光が子怜の眼を射た。


「使わずにすむならそれに越したことはないが、もしものときは、ためらうな。自分の身は自分で守るんだ」


 わからないな、と子怜は思った。


 わからないことだらけだ。このひとは自分に花をくれた。名をくれた。居場所も、たくさんの言葉も。なぜこんなに多くを与えてくれるのか、まるでわからない。わからないが、それでもかまわなかった。


「伯英」


 このひとが死ぬなと言うならそうしよう。側にいつづけるためなら何でもしよう。だから、


「帰ってきてね」


 あたりまえだと笑う顔は、星明りに照らされて、いつもよりずっとやわらかく見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます