純白に染む(七)

 絶対誰にも言うんじゃねえぞ。そう前置きして迅風じんぷうが事のいきさつを話してくれたのは、出立前夜のことだった。


「今回のはさ、仇討ちだったんだよ」


 八年前、伯英はくえいらの故郷であるろうの城市が賊に襲われた。襲撃者は、りょうの圧政に抗する義軍を称していたが、その実体は残忍な野盗集団に他ならなかった。折り悪く、瑯県のおさである県令けんれいは軍を率いて演習へ出ており、やすやすと城門を破った賊は街になだれこんで殺戮と略奪のかぎりを尽くた。


 街が賊に蹂躙されていたとき、伯英は所用で隣県に出向いていた。用事を済ませて帰ってきた伯英を迎えたのは、焼け焦げた街と妻子の亡骸だった。


「子どもなんて、まだ三つかそこらだったっていうぜ」


 我が事のように迅風は顔をしかめた。


 伯英が義勇軍を立ち上げたのは、その半年後だった。迅風が加わったのは、それからさらに一年ほど後だったという。


「その賊が、しんてひと?」

「いや、賊の頭目はもっと前に片付けてやったさ。辛の野郎はそんときの瑯の県令だったんだよ。やつめ、てめえんとこの城が襲われてるってのに、何もしやがらなかった。あいつが、兄貴の家族を見殺しにしやがったんだよ」


 演習先で襲撃の報を受けた県令は、救援に向かうどころか、伝令を捕らえて事を伏せ、賊が去ってからようやく城に帰還した。凶悪さで知られるその野盗集団と正面からぶつかるのを恐れてのことだった。


「本当だったら八つ裂きにされるはずだったのに、あの野郎、上にさんざん賄賂をばらまいて無罪になりやがった。その後すぐに、やつは姿をくらましちまってさ。あのまま瑯にいたら、兄貴たちに殺されるってわかってたんだろうな」


 元県令は名を変え、過去を偽り、くりかえし住まいを変えた。復讐者たちの追跡をふりきるために。


「そっからずっと、兄貴たちは辛を探していたんだ。狡賢いやつでよ、今まで何度も、捕まえかけちゃあ逃げられてのくりかえしでさ。でも、ついにやったんだ」


 誇らしげに語っていた迅風は、そこで声をひそめた。


「けどよ、最初に言ったけど、このことは黙っとくんだぞ」

「なんで」

「いや……まあ、実は、おれもそのへんはよくわかんねえんだけどよ、とにかく黙っとけって、文昌ぶんしょうさんが言うんだよ。なんでも辛の野郎、長徳でも役人にかなりの金をつかませてたみたいで、やつをったのが兄貴だってばれると厄介なんだと」

「だけど、もうばれてるんじゃないの?」

「そりゃそうだろうなあ。けど、表向きはそうじゃないことにするとかなんとか……ああもう」


 迅風はいまいましそうに頭をふった。


「ごちゃごちゃうるせえよ。とにかく黙っとけったら黙っとけ」

「だったら話さなきゃよかったのに」

「馬鹿野郎」


 頭にごつんと拳がふってきた。


「おまえだけ仲間はずれにしたら可哀想だっていう、おれの気持ちがわからんのか」


 まったくもってわからなかった。迅風のやり口は、盗んだ餅を、そうと知らせず分けた後で、おまえも同罪な、と宣告するようなものではないか。そう思ったが、また殴られるのもおもしろくないので口には出さなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます