純白に染む(八)

 ひらりと、白い花弁が舞う。それを捕まえたくて手をのばすも、風に遊ぶ花びらは、こちらの努力を笑うように指の間をすりぬけていく。


「どれ」


 だしぬけに、体を高く抱え上げられた。


「ほら、これなら届くか」


 咲き乱れる玉蘭の花が目の前にあった。手をのばして一枝折りとると、伯英はくえいは再び体を鞍に戻してくれた。


「よかったな」


 手に握った純白の花をじっと見つめているうちに、また胸の奥がぎゅっとしめつけられるような感覚に襲われた。変だな、と思った。肩の傷が痛むならまだわかるのに、と。


子怜しりょう


 すとんと、その声がふってきた。顔をあげると、大きな笑顔の伯英と目が合った。


「決めた。子怜がいい」


 よく笑うひとだ。普段の眼光は鋭いほどだが、自分に向けられる眼差しはいつもやわらかい。


「いつまでも麗々れいれいなんて名をひっさげているわけにもいかんだろう。文昌ぶんしょうがな、いくつか考えてくれたんだよ。三つか四つあったんだが、子怜がいいな。おまえによく似合う。どうだ、悪くないだろう」


 な、子怜、と。伯英はもう一度その名を口にした。新しい名を。


「あとで紙に書いて見せてやるよ。ああ、ところでおまえ、字は読めるか」


 花をつかんだ手を胸に押しあてながら、黙って頭をふった。胸の痛みは相変わらずだ。痛くて痛くて、涙までにじんできた。だけど、やっぱり変なのだ。この瞬間がずっと続いてほしいと、そう願っている自分がいる。


「なら、それも教えてやるさ。ついでに迅風じんぷうにも習わせるかな」


 あ、兄貴おれのこと呼びました? と馬を寄せてきた迅風を、伯英はうるさそうに手をふって追い払う。


「やあ、見えてきた」


 いつの間にか、灰色の城壁が眼前にあった。ろうの城市だ。開かれた城門から、子どもたちが歓声をあげて駆け出してくる。


 白い花が舞う。子怜はそっと目を閉じた。夢のように美しい光景を、まぶたの裏にやきつけるように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます