暁に咲く(四)

 ――なぜ、


 全身を焦燥に焼かれつつ、先ほどからその問いだけが頭の中を駆けめぐっていた。


 なぜだ。なぜ、こんなことになった。


 手抜かりなどなかった。すべてが順調だった。あの男も、じつによく踊ってくれた。


 なのに、なぜ。


 捕らえられたのは昨夜のことだ。背後から頭を殴られ、意識を手放した。次に目覚めたとき、手足を縛られて物置のようなところに転がされていた。


 袖の縫い目に隠しておいた薄刃で縄を切り、ついでに見張りの兵の喉笛も裂いて外に出ると、甲高い鐘の音が響きわたった。


 まばゆい朝日とあいまって、耳障りなその音は、ずきずきと痛む頭に追い討ちをかけてくる。そろりと後頭部に手をやれば、見事なこぶができていた。まったく、遠慮なくやってくれたものだ。


 鐘の音に混ざって重い足音が近づいてくる。とっさに物陰に身を隠したところで、武装した兵の一団が走り過ぎていった。慌ただしくも整然としたその足どりに、胸に苦いものがじわりと広がっていく。


 負けた。疑う余地もない、まったき敗北だった。


 いつの間にか、鐘の音はやんでいた。かわりに聞こえてきたのは遠い喚声。悲鳴と怒号。馬のいななきと剣戟の響き。戦の音だ。そのすべてに、風のうなりが重なる。血臭をはらんだ暁風が。


 よろしい、と胸のうちでうなずいた。


 今回は負けた。完敗だ。ならば、次にやることは決まっている。なんとしてでも、この城から逃げおおせること。疑問も悔恨も、しばらくは封じておこう。命さえつながれば、再起の道は必ずある。


 心を決め、ひそんでいた物陰から歩み出たときだった。


「――朱圭しゅけい


 背中で細い声がした。


 立ち止まり、深く息を吸って吐く。驚きよりも、納得がまさっていた。


 そうか、と。そういうことか。


「……きみか」


 ふりむいた先にたたずむ少年の顔は玲瓏として美しく、常のごとく一片の感情もうかがえなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます