枕草子を今歌え

作者 増黒 豊

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. 第一段 あめふりたるアスファルトのにほひ
  2. タケルはテッペンを目指す
  3. タケルはメグを避ける
  4. カンナはタケルに話しかける
  5. タケルは何かを地下で見る
  6. 女神は図書室で待つ
  7. タケルは自分なりの正義を行う
  8. 第二段 夏は夕にコンクリートのかわきたる
  9. タケルは夏の訪れに僅かに傷付く
  10. タケルは何かと最悪な思いをする
  11. タケルは血の味の混じった溜め息を吐く
  12. 兄妹は帰路で痛み合う
  13. タケルはいたずらに心を乱される
  14. タケルは小さな世界で少し素直になる
  15. 第三段 なつやすみたるもの
  16. タケルは悪魔にKO負けする
  17. タケルは素直が一番だと諭される
  18. タケルは南天の味を想像する
  19. タケルは冷めたスパゲティと魂の救済の味を知る
  20. タケルは頭の中で再生する
  21. タケルは世界との交わりを拒んでいる
  22. タケルは自らに語る言葉を持たない
  23. 第四段 秋告げるテールランプのひかりたるに
  24. タケルは崩れた世界で最後の壁に縋る
  25. タケルは二人がタケルがそこにあることを知っていることを知る
  26. メグは世界への扉を開く
  27. タケルは己の行いがもたらす結果を見る
  28. タケルの枕草子はまだ終わっていない
  29. タケルはいつも追いかけて行く
  30. カンナは午後六時二十五分のテールランプを目に宿す
  31. 第五段 あおはるはあけぼの
  32. タケルは過ぎに過ぐるものを知る
  33. タケルは目指したテッペンへの扉を開く
  34. タケルは人生最大のバトルの場に立つ
  35. ラストライム