枕草子を今歌え

作者 増黒 豊

白き灰がちになりてもをかし、青い春の曙

  • ★★★ Excellent!!!

枕草子とヒップホップという、異色の組み合わせで紡がれるアオハルが熱い!

何者にもなれない己に対するやり場のない憤り、自分の心に正直に生きたくとも素直になれない息苦しさ……捻れて歪んで真っ直ぐ前を向けなくなっても尚、どこにあるとも知れない頂上に手を伸ばさずにはいられないタケルに、生々しいまでの青臭さを感じて、吸い込まれるように読み進めながら何度も拳を握り締めてしまいました。

文章にもあちこちにライムが散りばめられていて、バシバシと心を打ってきます。

もちろん、フリースタイルバトルで披露されるラップはさらにホット&クール!

タケルの周囲を取り巻く登場人物達もクセモノ揃いな上に、それぞれ人間らしい魅力に溢れています。

落雷のようなボーイ・ミーツ・ガールから始まる言の葉の律動を、変わる世界の色彩を、繊細と激情に揺れる心のあわいを、どうぞ皆様も体感してください!

アオハルは……いいぞ…………!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

節トキさんの他のおすすめレビュー 150