バイト軍師シボーさん

作者 雲江斬太

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. 第一部 軍師、アラサーにて立つ
  2. 第一計 八卦良い、軍師
  3. 第二計 もっとも安易な作戦
  4. 第三計 三回頼んで、『三顧の礼』
  5. 第四計 アラサーは、己を知る者のために軍師となる
  6. 第五計 まずは道、そして天の時
  7. 第六計 部隊は精鋭を中心に編成す
  8. 第七計 計数をつかおう
  9. 第八計 敵を知り己を知れば、宴会の人数これ危うからず
  10. 第九計 送別会は、勢に求めて人にもとめず
  11. 第十計 アラサー伏龍めざめる
  12. 第二部 盛り上がること火の如く
  13. 第十一計 兵は詭道なり
  14. 第十二計 幹事は世のため人のため
  15. 第十三計 集団、動かざること山の如し
  16. 第十四計 あとは野となれ、送別会
  17. 第十五計 つぎの送別会は?
  18. 第十六計 下君は、その一を知って二を知らず
  19. 第十七計 零花歓迎会
  20. 第十八計 幹事をやりたがるやつに、名幹事はいない
  21. 第十九計 軍師を騙そう作戦、計画される
  22. 第二十計 密かに飛ばされる檄
  23. 第三部 軍師送別の秋(とき)
  24. 第二十一計 計画に近づく者は……
  25. 第二十二計 その時、その場所に全員を集めるだけの作戦
  26. 第二十三計 ありがとうございましー
  27. 第二十四計 やばいんじゃない?
  28. 第二十五計 そんなのこっちが聞きたいよ
  29. 第二十六計 救いの女神、……じゃねえ!
  30. 第二十七計 密室の5人
  31. 第二十八計 乱れる場
  32. 第二十九計 単なる偶然
  33. 第三十計 最後の計略