窓際の彼と八方美人姫

作者 尾崎中夜

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全39話

更新

  1. プロローグ 空が曇っていたからです
  2. プロローグ 二五歳(一)
  3. 第一章 窓際の彼と八方美人姫
  4. 二〇歳(一)1
  5. 二〇歳(一)2
  6. 二〇歳(二)1
  7. 二〇歳(二)2
  8. 二〇歳(二)3
  9. 二五歳(二)
  10. 第二章 私を京都に連れてって
  11. 二〇歳(三)1
  12. 二〇歳(三)2
  13. 二〇歳(三)3
  14. 二〇歳(四)
  15. 二〇歳(五)1
  16. 二〇歳(五)2
  17. 二五歳(三)
  18. 第三章 八方美人なんてクソくらえと思った
  19. 二〇歳(六)1
  20. 二〇歳(六)2
  21. 二〇歳(七)1
  22. 二〇歳(七)2
  23. 二〇歳(八)1
  24. 二〇歳(八)2
  25. 二〇歳(八)3
  26. 二〇歳(九)
  27. 二〇歳(一〇)
  28. 二五歳(四)
  29. 第四章 まだわたしを離さないで
  30. 二〇歳(11)1
  31. 二〇歳(11)2
  32. 二〇歳(11)3
  33. 二〇歳(一二)1
  34. 二〇歳(一二)2
  35. 二〇歳(一三)1
  36. 二〇歳(一三)2
  37. 二〇歳(一三)3
  38. 第五章 僕の青春だったMさんへ
  39. 二〇歳(一四)1
  40. 二〇歳(一四)2
  41. 二〇歳(一五)
  42. 二〇歳(一六)1※冒頭注意書きあり
  43. 二〇歳(一六)2
  44. 二一歳
  45. エピローグ 街角の風の中
  46. エピローグ 二五歳(五)