リバースティック・ハイゼンベルク

作者 放睨風我

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全60話

更新

  1. 第一幕
  2. prelude
  3. 誰もいない世界を神に願ったことはあるだろうか?
  4. その女はメルトと呼ばれていた
  5. 目を覚ました僕は
  6. 夢でも奇跡でもない
  7. 幼少期
  8. 十歳の夏
  9. 町に二人の男が現れた
  10. あらかじめ、そう決められていたかのように
  11. 夏の終わり、ゆかり姉ちゃんは消えた
  12. 死体が見つかったわけではない
  13. ファイナルファンタジーが僕の敵であった
  14. 十四歳、炎とともに僕の喪失は終わる
  15. 第二幕
  16. interlude #01
  17. カフェは仕事の能率が上がる
  18. スタバから駅までの間、信号はふたつ
  19. 物理で殴る、が最適であると
  20. ヴェルナー・ハイゼンベルク
  21. Artificial Tipping Point Invoker
  22. 先生に会いにきませんか
  23. ユリとアザレア
  24. すべての物事には、それがあるべきなのだ
  25. 高エネルギー物理第二実験棟
  26. 天才として生きる人生
  27. 生命とはエントロピー増大則への反逆である
  28. 幼い少女の声によって強制終了される
  29. 長い一日になる
  30. ずいぶん昔の映画だったと思う
  31. ぱたぱたとドミノが倒れるように
  32. ユリはアザレアの本当の名前を呼ぶ
  33. ゆっくりと生きていたことを忘れてゆく
  34. 僕も彼女をユリと呼ぼう
  35. 無くすべきは、どれか
  36. ハイゼンベルク
  37. 昨日のように覚えているから
  38. あなたのせいでこうなったの
  39. わたしたちは似ている
  40. リバースティック・エフェクト
  41. クソみたいなイベント戦闘だ
  42. 第三幕
  43. interlude #02
  44. それを残さずに食べたから
  45. 朝ごはん食べない?
  46. その程度がお似合いなんだ
  47. 戻るべき世界
  48. 花と小春
  49. じゃあ、はじめましょうか
  50. ユーザー・イリュージョン
  51. 妹がわたしのところに来てくれる
  52. ファイナル・ファンタジー
  53. スマブラやるか?
  54. カオスの始まりであり、世界の終わりだ。
  55. 斯くして誰もいない世界は完成した
  56. サトシ・ヒラサカ
  57. 比良坂聡の人生には、クソほどの価値もない
  58. 俺は気が付かないふりをした
  59. 吐く息は白く、耐え難いほどに遠い
  60. この家の呪いから救ってやる
  61. その一片に至るまで
  62. 炎に沈む六郷の屋敷を
  63. 俺は語るべき言葉を見つけられずに沈黙する
  64. いつかの未来
  65. 第四幕
  66. the being
  67. はじめにことばがあった
  68. 最後に「何もない」だけが残る
  69. 誰もいない世界を否定する
  70. なんとかしてよね
  71. 世界が終わっても、終わらなくても
  72. 世界の創造を
  73. ただそこにあるだけの
  74. postlude
  75. エピローグ