リバースティック・ハイゼンベルク

作者 放睨風我

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全38話

更新

  1. 第一幕
  2. prelude
  3. 000_1: 誰もいない世界を神に願ったことはあるだろうか?
  4. 004_1: その女はメルトと呼ばれていた
  5. 006_1: 目を覚ました僕は
  6. 007_1: 夢でも奇跡でもない
  7. 幼少期
  8. 010_1: 十歳の夏
  9. 012_1: 町に二人の男が現れた
  10. 015_1: 水の中をたゆたう小さな泡
  11. 018_1: 夏の終わり、ゆかり姉ちゃんは消えた
  12. 021_1: 死体が見つかったわけではない
  13. 022_1: ファイナルファンタジーが僕の敵であった
  14. 024_1: 十四歳、炎とともに僕の喪失は終わる
  15. 第二幕
  16. interlude #01
  17. 025_1: カフェは仕事の能率が上がる
  18. 026_1: スタバから駅までの間、信号はふたつ
  19. 027_1: 物理で殴る、が最適であると
  20. 030_1: ヴェルナー・ハイゼンベルク
  21. 031_1: Artificial Tipping Point Invoker
  22. 033_1: その代わり、力を貸して頂きたい
  23. ユリとアザレア
  24. 035_1: すべての物事には、それがあるべきなのだ
  25. 038_1: 高エネルギー物理第二実験棟
  26. 042_1: 天才として生きる人生
  27. 044_1: 生命とはエントロピー増大則への反逆である
  28. 047_1: 幼い少女の声によって強制終了される
  29. 050_1: 長い一日になる
  30. 053_1: ずいぶん昔の映画だったと思う
  31. 055_1: ぱたぱたとドミノが倒れるように
  32. 056_1: ユリはアザレアの本当の名前を呼ぶ
  33. 060_1: ゆっくりと生きていたことを忘れてゆく
  34. 062_1: 僕も彼女をユリと呼ぼう
  35. 063_1: 無くすべきは、どれか
  36. ハイゼンベルク
  37. 064_1: 昨日のように覚えているから
  38. 065_1: あなたのせいでこうなったの
  39. 067_1: わたしたちは似ている
  40. 068_1: リバースティック・エフェクト
  41. 069_1: クソみたいなイベント戦闘だ
  42. 第三幕
  43. interlude #02
  44. 070_1: それを残さずに食べたから
  45. 071_1: 朝ごはん食べない?
  46. 073_1: その程度がお似合いなんだ
  47. 075_1: 戻るべき世界