金属スライムしか出ない極小ダンジョンを見つけました

作者 温泉カピバラ

25,834

9,587人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ面白い。内容と掲載の進行速度がゆっくりしているのは、読者としてモヤッとしてしまうけど、それは仕方ないと思う。一気読みしたいけど、待ち切れないので掲載されたら読んでしまう。伏線回収も大変だと思うけど、作者には最後まで楽しい本作を(できれば)ガンガン掲載していただきたい♪応援してます!

★★★ Excellent!!!

物語には、起伏があって然るべき。
常に盛り上がりばかりな物は、それはそれで刺激に慣れてしまいますからね。

確かに、ベースとしては暗い部分は結構あります。
が、主人公の住む世界の人間の倫理観など、我々がリアルで住む世界とは全く違うわけで、我々の常識や考え方が通るということこそが非常識な考え方であると思います。

実際問題、主人公は最強です。
戦えば。しかしそこに行くまでのプロセスを多く描写するが故に、読者の反感を買ってしまっているだけなので、物語の流れはとても面白いと思います。

個性が強く出るキャラクターは、たくさんいていい。
キャラの濃さが目立たず、平行線になってしまう物語よりよっぽどマシ。

私個人としては、この作品には第6話の時に出会いましたが今も変わらずワクワクします。

今後の展開も、とても楽しみです。

★★★ Excellent!!!

最近のこの作品はどうも主人公が報われなかったり、首相や研究員が低脳だったりとムズムズとした話が続いていました。またかなりレビューも荒れている印象がありました。。しかし本日(9月20日)公開の最新話は久しぶりにワクワクとさせてくれる話でした。各地に現れた王達の特徴やダンジョンの名称など私の心にどストライクです。どうかこのワクワク感を無くさず投稿を続けてください。

Good!

168話まで読了
途中イライラして、何話か溜めて章が終わったので見に来たら、ここまで鬱展開長引かせた結果スッキリしないまま終わった。早く主人公が報われて、できれば敵対シーカーたちが痛い目に遭うことを期待しています。また、何話か溜まった状態で主人公が報われてそうなタイトルだったら読みに来ます。

★★ Very Good!!

Chapter 3 was a big dissapointment. The story progress wasn't natural. The author 'forced' his desirer and delusion to the character making the story progress had hole sudden jumped, for example the mc was like a baby with a nuclear switch at his hand, not understanding how used it, suddenly became like a wiseman challenging the boss dungeon. F*ck you author, this story was about mc, not you. So stop forcing your fancy to the story and ruined your own created mc character. That was really st*pid of you.
This story has a good setting,story, and character; as long as the author make story plot flow natural, not jumping up or down as he liked, resulted on destruction of his own work!

★★★ Excellent!!!

かなりいいよね!
称賛も批判も受けとめてるのかスルーしてるのかわからないけどそのままコメントに残してる。
残ってるからこそ皆の考察も賑わってるし読者がさらに次回を楽しみにしてる。
これは中々できることじゃないよね。
批判されたらそりゃイヤだろうけど創作物ってそゆもんだしね。
今まで自分がカクヨムで読んできた中で1番応援コメントが賑わってる(多い)。
更新頻度が下がってしまったのは残念でならないけど、その分毎回おもしろい!
読んで損なし待って損なしな作品。
できれば毎話応援コメントの読んだ人の感想を皆見てみてよ。
それを読んでたら次回さらに楽しみになれると思う。

★★★ Excellent!!!

俺ツエー、手に入れたスキル(チート)で無双なんたら、系と似た出だしに思えましたが実際は偶然手にしたパワーの扱いを地道に覚えていくスローな物語で、なぜかそれを批判する無双信者を時々見かけますが、そんな短気でなぜ活字を読むのか…とても良いですよ、のんびり読めるので自分は好きです。