フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

レビューを書いた小説

ぼくは最近、ねこを拾いました。そのせいか、灰色猫の話に関しては、本当に心が痛くなってしかたなかったのです。 旅立つあの子は今頃、どうしているだろうかと、天を見上げて思うのは飼い主… 続きを読む

★★★Excellent!!!

なにが面白いかと言えば、人間。このエッセイには、本当に個性派のあくの強い人ばかりが登場しているが、その人間臭いと言ったらいいのか、ちょっと普通というものさしでは計れないような人ば… 続きを読む

★★★Excellent!!!

霊感のないぼくにはわからない世界の話が詰まっていますが、これ、リアルなんですよね。霊感がものすごく強い友人と同じような体験、同じような感覚を持っているものなのだと、これを読んで納… 続きを読む

★★★Excellent!!!

夏らしいタイトルが目を引く作品。このタイトルの空はどんなものかと手を触れたくなりました。 作品の読後感はしゅわっと爽快。 15センチのお題もうまく使われた作品だと思います。 … 続きを読む

★★Very Good!!

いろんな意味で衝撃的でしたが、ひと言感想を述べるなら、面白い!! ハッキリ言って、まったく予想していなかったので、この展開なんだ!!と本当にいろいろな意味で衝撃的でした。 な… 続きを読む

★★★Excellent!!!

笑わせるというのが、実は一番難しいのではないのかと思う。泣かせるよりもずっと。 この作品はその点、終始笑いっぱなしだった。とにかく面白い。コメディセンスは嫉妬するくらいだ。 けれ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

不穏な夢から始まる物語で、これはとても切ないんだろうな、ハンカチ用意しないとと思った作品でしたが、ラストはやられました。いい意味で泣きたくなったんです。 誰にでも心に残っていて… 続きを読む

★★★Excellent!!!

桜、ピンク、恋の色。 コーヒーの白い湯気。 胸まで熱くする香り高い飲み物。 五感を刺激されながら、読んだ物語はもう胸きゅん王道でした。 はらり、ゆるりと落ちてくる愛らしい桃色… 続きを読む

★★★Excellent!!!

物事は多面体である。一方からの事実はAであるが、角度を変えるとそれはBであり、Cでもある。 おかしなことを言っていると思われるかもしれないが、この話、こんなにコミカルに描かれて… 続きを読む

★★★Excellent!!!

年頃になると、女子のほうがずっと大人なんですよね。そこへいくと男は本当に奥手というか、臆病というか。 そんな微妙な年頃の男女の甘酸っぱさが全面に出ている作品でした。 胸きゅん全開… 続きを読む

★★★Excellent!!!

冒頭から続く攻城戦にドキドキさせられるこの作品。これは恋の話なんだよな?と、どうこれを収めるのかがとにかく気になりました。主人公はどうなるのか? この戦いの行く末はどうなるのか?… 続きを読む

★★★Excellent!!!

元ヴィジュアル系バンドのボーカル、現タレント兼料理家の主人公と、そんな彼の亡き姉がのこした一人娘とのハートフルコメディなんですが、文句なしに面白い。 共同生活を送るだけの二人。年… 続きを読む

★★★Excellent!!!

料理人はみな、口を揃えて言う。料理に手間隙を惜しむなかれと。その行程ひとつで味が変わる。特に日本料理は細やかそのもの。日本人が持つ思いやりの精神そのものが一つ一つに反映されている… 続きを読む

★★★Excellent!!!

たまたま見かけた広告のはずだった。けれどそれはきっとなにかしらの力が働いていた…… 実に意味深な冒頭から始まる物語に引き寄せられたのはおそらく読み手のぼく自身でした。 どんな恋… 続きを読む

★★★Excellent!!!

瑞々しさが溢れ出す、それがこの物語を読んだぼくの正直な感想です。物語を動かすキーパーソンが雨の中にいるシーンではショパンの雨だれを思い浮かべながら読んでしまいました。 切ないのに… 続きを読む

★★★Excellent!!!

他の方のレビューでもおっしゃっていたと思いますが、とにかく文面から熱が吹き出しています。それこそ、ぼくはスマホで読んでますけど、熱くてスマホを落としそうになる、そんな感覚です。 … 続きを読む

★★★Excellent!!!

年下の幼馴染みからラブレターの書き方を教わりたいと相談を受ける主人公。そのやりとりは実にほっこりしていました。 ラストはキュン死確定ですね。ストレートにきゅんきゅんしたい、年下男… 続きを読む

★★★Excellent!!!

週末を迎え、終末を迎えるなんて、すごくキャッチーな一言から入るなぁと思わされた作品でした。終末を迎えるのにどんな恋物語だろう、ワクワクとして読み進めたらば遥かに壮大でした。 物… 続きを読む

★★★Excellent!!!

美しい満開の桜を前に花咲く若い恋はまさしく蕾でした。やがて蕾は大きく花開き、りんと輝きます。けれど花の咲く美しい時期は常に短く、咲き終わればはらはらと花びらを落とし、地を覆い、腐… 続きを読む

★★★Excellent!!!

朝の和やかな食卓。夫婦の平和な日常。しかし、そんなささやかな幸せはある食べ物によって一変する。 納豆という好き嫌いがハッキリとわかれる食材をテーマにしたこの物語。ぼくは大好き派… 続きを読む

★★★Excellent!!!

五人の女性の視点で語られる物語なんですが、非常に面白かったです。あることについて、それぞれが、それぞれの視点から語られる。人の思いや考えがそのテーブルの上で交錯している様がゾクゾ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

恋をして、コンプレックスを克服しようとダイエットに挑戦するヒロイン。大好きなものも我慢して、好きな人の理想に近づけようと健気に頑張る彼女だが、ダイエットの敵はあまりにも強敵で……… 続きを読む

★★★Excellent!!!

出会いは決して純愛とは呼べないものでした。出会い系で、下心もバッチリあったはずの主人公の心をかっさらったヒロインの純粋すぎる姿がたまらないこの作品。 一話の文字数が少ないので隙間… 続きを読む

★★★Excellent!!!

まずタイトルが気になった。はなさかガールである。はなさかじいさんは知っているが、ガールってなに!?となって手に取った。 彼女は生まれながらに花を咲かせることができる特殊な能力を持… 続きを読む

★★★Excellent!!!

物語の一幕目がやっと始まった――というところで本編は幕引きとなるわけですが、その壮大な物語の始まりは心躍る要素が実にたくさん練り込まれたものでありました。 個性的なキャラクターた… 続きを読む

★★★Excellent!!!

意識していなかったけれど、いつの間にか目で追ってしまう。いつの間にか相手のことについていろいろ考えてしまう。そしてそんな自分に気が付いたとき、ハッと我に返ると『恋に落ちてしまって… 続きを読む

★★★Excellent!!!

不思議な世界に一歩足を踏み込んでみる、このゾクゾク感に背中を押されるように読み進めました。 入り口の招き猫を横目に入れて、ゆっくりとその先へ。 丁寧に綴られた情景描写が視覚や聴… 続きを読む

★★★Excellent!!!

幼かった頃の印象的な思い出から始まるこの物語。そんな自分の中に誰しもが持っている、あの日、あのときの出来事。今だったらなぁ、こういうことができるだろうにと思うことがよくあるぼくは… 続きを読む

★★★Excellent!!!

いろいろなことを理解できる年齢になったし、どんなこともある程度は受け入れられるくらいには成長したし。 そんな主人公の愛咲にとんでもない試練が。 複雑な心境がポップに描かれたこの作… 続きを読む

★★★Excellent!!!

まず心惹かれたのは、この作品の文章の美しさ。難しい語り口ではなくて、とても親しみやすくてやさしい。透明感があり、するするとよどみなく心にしみてくる文章に引き込まれる。 その巧み… 続きを読む

★★★Excellent!!!

不思議な話でした。すごく静かで、本当に淡々と物語が進んでいく。どこでどうなるのか?ヲチってどうなるのか?とかこちらがすごく想像したんですが、なんたか想像して方向性にはいかず、本当… 続きを読む

★★★Excellent!!!

キャラがとってもキュートで、それでいてとっても人間味がありました。だって彼の女装理由が涙なしでは語れない。ドン引きなんてとんでもない。とっても優しい人なんだって分かったら、彼の女… 続きを読む

★★★Excellent!!!

とにかく甘いし、とにかくすごい!!料理は愛のスパイス欠かせないけれど、これはスパイスききすぎかもしれない。 それでも美味しく食べますよ、こんな可愛い人の手料理ならば。とにもかく… 続きを読む

★★★Excellent!!!

人生は流れるものなり。その流れに時に逆らい、時にそのまま流されてみる。このお話はまさにそれそのものだった気がする。 いろんな選択があって、いろんな決断を迫られる。偶然が重なって現… 続きを読む

★★★Excellent!!!

色をテーマにしたエッセイです。世界のいろいろな風景を、色を中心にして描いているところが大変興味深い。豊かな色が各ページで踊っていて、いろんな色があることを知ると共に、その彩られた… 続きを読む

★★★Excellent!!!

猫の視点から語られる震災の描写は、その語り口調が柔らかい分、切なさが込み上げるものでした。実際に被害にあった方だからこその言葉なんだと思うのですが、ああ、これが現実に起こることな… 続きを読む

★★★Excellent!!!

大人の女性と呼ばれる年代に一歩踏み込んだ主人公。一人カウンターで酒を飲む姿は現実みに溢れた、まさに等身大の女性像。 仲良くなった男性の一言が彼女の脳と心に魚の骨のように引っ掛か… 続きを読む

★★★Excellent!!!

どんなふうにこの恋が成就されるのかと思ったら、そこでしたか。スゴくやられた感が強い。思い付かなかった。発想にしてやられました。なかなか憎い演出。 寿司の美味さは愛の味ゆえなのか… 続きを読む

★★★Excellent!!!

苦い恋のトラウマに悩む主人公。一生懸命作った会心のガトーショコラは、けれどたった一言で見たくない、触れたくない、食べたくない、辛い思い出を濃縮したものへと変化した。壊れた恋心と共… 続きを読む

★★★Excellent!!!

寿司職人の面接での一言で着火したパッション!!魂の叫び届きました。しかし、どうしてこんなことに……な展開にプッと吹きました。

★★★Excellent!!!

夜中に一人で暗がりで読み、ゾクリと背筋が寒くなる……それがホラーの醍醐味だとぼくは思っていました。しかし、これを読んで、ぼくはその考えを改めました。ホラーとはなんであるのかを考え… 続きを読む

★★★Excellent!!!

こんな関係でいられればいいなぁと思います。そんな彼女もかわいいと思える旦那様がひたすらぼくにはかわいらしく映ります。ごちそうさまでした

★★★Excellent!!!

この方向からの切り込みで来ましたか!!と冒頭を読んだ人はニヤニヤ笑うに違いない。≪いかのおすし≫ですからね。読み進めても、ああ、そういうことねと思いながら、まだニヤニヤ笑っている… 続きを読む

★★★Excellent!!!

タイトルから想像が出来ないわけではないのですが、それにしても作者様の運に失礼ながら笑いが止まらなくなりました。 こんな食べ方はしたくないけれど、こんな食べ方してみたい気にもなりま… 続きを読む

Good!

とても可愛らしい寿司を想像して、とても幸せな気持ちになりました。 確かに言われるとそうかもしれません。そしていつも我が家に極上寿司がいらっしゃるとはなんとも羨ましい。 極上寿司… 続きを読む

★★★Excellent!!!

猫寿司

★56 エッセイ・ノンフィクション 完結済 1話 420文字 2017年1月31日 17:45 更新

寿司小説コンテスト

なんてほほえましい話なのだろう、こんないい話があるだろうか? こんな先生に教えてもらえるなんて幸せだよなぁ、きっと生徒たちの心に素晴らしい思い出として残るのだろう。そう思って読み… 続きを読む

★★★Excellent!!!

テロは悪である。そう言ってしまえば簡単なことだ。理由のない殺戮はあってはならない、人を人とも思わぬ残虐な行いを許してはならない、無関係の人を巻き込むような大量虐殺は非人道的である… 続きを読む

★★★Excellent!!!

同じことが繰り返される。あることを引き金として――読んでいるこちらはいつまでこれが繰り返されるのだろうと、ぐるぐると目を回してしまう。途中、途中凄惨な場面に出くわし、またこの繰り… 続きを読む

★★★Excellent!!!

どこにでもいる、普通の高校生であるはずの主人公。両親との距離に、友人とのあり方に、そして自分という存在に悩み苦しむ等身大の少年だった。けれど、そんな彼を取り巻く環境は、彼の内に秘… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ポンポンと軽快に進む日常の一コマ。そのやりとりが実に面白い作品でした。コメディは特に作家側のセンスが物をいうものだと思うのですが、この作家さんのコメディセンスは抜群だと思います。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

閉鎖された世界から飛び出し、希望をつかむために外の世界へ向かった。見えた希望の光に導かれたはずだったのに、映る世界はあまりにも危うく不安を煽るものだった……希望と絶望のギリギリ紙… 続きを読む

★★★Excellent!!!

読者を惹きつける冒頭へ、早く辿りつきたいと読む手が止まらなくなる物語です。 実際にボクシングを生で観たことがないぼくが、まるでその場にいるような躍動感、高揚感、臨場感を味わいまし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

穏やかな日常、穏やかざる日常、それを巧みに組み込んだ物語だと思います。高校生たちのイマドキな恋愛なのかと思いきや、中盤から一気にその色を変えてミステリーがぐっと迫ってくる。ミステ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ページをめくる度に新しい謎解きがあり、本当に飽きませんでした。一気読みです。ミステリーというと難しいかもと思って手が出しにくい人にはもってこいの作品です。この時期にぴったり、そし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

小説を書いている人間なら、小説を読んでいる人間ならきっとこの作品に共感するに違いない。ぼくたちはイマジネーションという名の海を泳ぐ。それはおそらく書く側も読む側も変わらない。 想… 続きを読む

★★★Excellent!!!

言葉にするととても簡潔で終わってしまう。けれどそこには戦いがあったのだと改めて思い知らされた作品です。メディアではさらっと流されてしまいます。見ているぼくたちもまたかと思って流し… 続きを読む

★★★Excellent!!!

中学生が自殺した…

★25 現代ドラマ 完結済 1話 845文字 2016年11月28日 22:30 更新

自殺カクヨムオンリー

ビタースィート。ほろ苦い大人の恋の物語に、くすっと笑ってしまうポイントを入れ込ませてあって読みやすくて楽しめる作品です。おしゃれはバーカウンターに並んで座り、お酒を飲みながらの距… 続きを読む

★★★Excellent!!!

一途な彼女の姿に読み手としても応援したくなる。自分のために必死にダイエットされたら、ぼくなら嬉しくて有頂天になると思います。ええ、思いますとも…けれどこれは、このラストは衝撃だっ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

これはワンコ好きなら分かりすぎる、いえ、身に覚えのありすぎる話だと思います。そんなぼくも実家のワンコを思い出して苦笑しました。そうですか、そうですよね、そうなりますよねの三段活用… 続きを読む

★★★Excellent!!!

繰り返される日々は少しずつズレながら…そうなったとき、そうだと気づいたとき、もう一度のチャンスに身を投じてみる、けれどそのワンチャンスがラストチャンスだったら…いろいろ考えさせら… 続きを読む

★★★Excellent!!!

百に、ひとつ

★34 ホラー 完結済 1話 1,031文字 2016年12月2日 21:15 更新

1%奇跡Loop時間3女神カクヨムオンリー

本屋さんのクリスマスが戦場というイメージがまるでなかったのですが、言われて納得です。確かに用意し忘れた親にはおもちゃやさんに行くより手頃かもしれません。絵本は大人でも唸るような作… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ホラーですからね、覚悟はして読みました。でもあまりにもリアルに迫っていて、ぼくは背筋どころか全身が寒くなりました。近況ノート、今は気軽というか、作家同士の繋がりの場としてぼくも書… 続きを読む

★★★Excellent!!!

最初から最後まで主人公の一途さに引っ張られて読みました。あと一歩詰め寄りたいのに、そこにあるものにシャットアウトされるかんじはよくわかります。あれがあると本当に踏み込めません。ぼ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

フィクションであるのに、ノンフィクションと思わずにはいられない濃厚な物語、確かに実体験が生きている作品です。実際ぼくの親も何度も裁判をしたことがあるのですが、これほどに大変なもの… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ホラーを普通に読み、ラストにうわっとなりました。が、さらに深く読むとその寒さにゾクゾクします。深く読まなくても十分怖いのに深く読んだらさらに怖いなんて、作者さんの罠にはまって泣き… 続きを読む

★★★Excellent!!!

星の最後が淡々とした口調で語られる物語。終わってしまうその姿の一瞬の命の灯火の美しさにみいられてしまいました。表現が美しかったのと、さらばのことばがぐっと胸に込み上げてきます。行… 続きを読む

★★★Excellent!!!

タイトルがとても気になって読みました。不思議な物語でした。そしてとても美しかったんです。情景描写に心惹かれます。そしてそんな情景描写と物語のハーモニーがとてもよかったんです。淡い… 続きを読む

★★★Excellent!!!

花と花言葉をうまく使った作品だと思いました。花言葉はいろいろな意味がありますから、そのアイテムを本当に上手に取り入れ、生かした作品。これは花を好きな女性にもお勧めしたいと思うし、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

一見すると関係のないものに思えるのですが、読み進めていくうちに、ああと胸に落ちるのです。戦争を終わらせるためになにをするのか?圧政を強いる政権打倒に身を投じるのか、悪政をよきもの… 続きを読む

★★★Excellent!!!

まず7話?というところから始まりました、ぼくの疑問。街コンは文字制限がものすごくある。その縛りに対して7話?と。1話目からぐいっと引き寄せられる。そうか、こういう構造なんだと。そ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

塊 SF

★130 SF 完結済 7話 1,567文字 2016年11月15日 14:28 更新

福井県イベント・レジャー

学校。そこは恋の玉手箱。青春の一ページに欠かせない恋模様がたくさん描かれている作品です。人それぞれの想いや歴史があって、それが織り成すハーモニーにきっとあなたも魅了されるはずです… 続きを読む

★★★Excellent!!!

描かれた景観もとても美しかったのですが、それを描写する文章が本当に美しくて、読んでいるこちらが嗚呼……と感嘆の息を漏らしてしまいました。詩的な表現もさることながら、切り取られた絵… 続きを読む

★★★Excellent!!!

古きよき時代を経験し、その頃を思い懐かしむ。思い出のなかの良かったなぁと思えた頃を大切に思う気持ちが強くなると、現実変わってしまった景観を見ることに抵抗を感じてしまうその気持ちは… 続きを読む

★★★Excellent!!!

埼玉県がネギ特産激戦区とはこの作品を読むまで知らなかった無知な自分を呪います。ネギと一口に言っても確かにいろいろありますよね。そしてその抱き合わせに鴨。最強過ぎる組み合わせである… 続きを読む

★★★Excellent!!!

チョコレートのように甘い。そしてマーブルチョコのあの肌触りのようにとても滑らかで読みやすい。ラストは台詞も予想できるのに、それでもその一言が出てくるまでのドキドキが堪らないんです… 続きを読む

★★★Excellent!!!

他の人と違うのは異質、他の人と違うのはダメ。そんな風に思うのが社会だと思うのですが、自分らしさを殺して大勢のなかに混り、自分を殺して生きることは意味があるのだろうかと考えさせられ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

香り豊かなのでしょう、焼きたての煎餅は。ぼくは焼きたては食べたことがないので、是非行ってみたいと思いました。職人さんならではの感覚で焼かれる煎餅は機械で焼かれたものより味わい深い… 続きを読む

★★★Excellent!!!

秋風に揺れる可憐な花を思い浮かべながら読みました。ほろっとくるような切ない物語。ヒロインのツンデレなかんじはとても可愛かったです。限られた時間のなかで命を燃やす、あの可憐な秋桜の… 続きを読む

★★★Excellent!!!

震災のお話なのでしょう。なんとなくそれが伝わりました。確かに生きていることは辛いこともたくさんあります。あまりに辛くて楽になりたいと思ってしまうような出来事もないわけではありませ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

タイトルから、これはどんなお話なのだろう?と興味津々でした。そして読んでみてなんとも楽しいお話に自然に口許に笑みが。お祖母ちゃん、さすがだなと思わずにはいられませんでした。これを… 続きを読む

★★★Excellent!!!

こんな別れもあるのかと思ってしまいました。ぼくも確かにこれ、引っ掛かったことがあります。無理だと気づいてクーリングオフしましたが、友達の言葉だからと、信頼している友達だから紹介さ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

この方の作品を読ませていただいたのは二作目ですが、ものすごく優しさと熱い思いが詰まっている作品です。ぼくたちは時に立ち止まります。もうダメだとか諦めようだとか、始める前から見切り… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ぼくはゴミ置いて帰れない性分で、いつも家にお持ち帰りです。祭りのあとの公園でお年寄りの方々が曲がった腰をさらに曲げてゴミを拾っている姿も見たことがあります。これ、感謝しかありませ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

今この寒空を見上げ、降る雪を見上げ、かじかむ手を擦り合わせ、吐く息の白さに心を寄せて、今まさに、この瞬間に読んでもらいたい物語ですと言いたい。山奥の山荘で彼は何を思っていたのだろ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

とても切なくて、胸がズクンと唸る物語でした。色を意識した描写もぼくの好みでした。優しいのにとても切なくて、きゅっと胸を掴みたくなる。雨がとても優しく感じました。涙の乾くことを願っ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

全てを放棄した人の行き着く先にあった家。不可思議に包まれてしまうお話でした。都会から遠い田舎の山奥にひっそりとたたずむその家にたどり着くことが出来るには条件が揃わないとダメだとい… 続きを読む

★★★Excellent!!!

地方の限界集落が増えている現代の日本の状況を例えを交えてお話されているのはとても貴重だと思います。都会に住んでいたら見えない話です。バスが減る。足がなくなる。車に頼らざるを得ない… 続きを読む

★★★Excellent!!!

空が讃えている。このフレーズがとても印象的でした。ぼくもまだ夢の途中なのですが、背中をぱんっと押されたような気がします。たら、ればはない。これは人生のどんな場面においてもそうだと… 続きを読む

★★★Excellent!!!

美味しそうなバーベキューの話なのか?特産物を使った食べ物の紹介なのか?初めはそんな軽い気持ちで読みました。しかし、それで終わらない。最後にかぼすの絞り汁をキュッと振りかけられるよ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

とにかくすごいと思って読んでしまいました。社会的な風刺作品とも読めるのです。圧倒されました。こんな着眼点とか発想とかで書かれたら、もう本当に『応援するしかあるまい』なんです。これ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

確かに住んでいる地域の特色がとてもよく出るのは給食ですよね。大学時代によく友達と給食の話題をしたことを思い出しました。 ぼくは今でもソフト麺にはかなりの思い入れがあります。どうし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

死ぬほど愛している、この言葉はまさにこの作品の主人公のためにある言葉ではないかと思いました。好きな人を愛するために死を覚悟して自分の心と対峙するその姿にぐっと胸を掴まれました。こ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

冒頭から魅力がつまった作品でした。これでもかと福井の見処を押さえてくれています。あまりの見処の多さに主人公ではないですが突っ込みを入れてしまいたくなりました。それは普通じゃないで… 続きを読む

★★★Excellent!!!

生きるということ、物を食べるということ、命のこと、それをとても考えさせられる物語でした。 人の価値観、社会の価値観、それは時代と共にうつろい変わります。コーヒーもヨーロッパではは… 続きを読む

★★★Excellent!!!

移り行く景色が寂しいと思うのは確かにありますね。あのときの絵画のような風景に、切り取られた思い出に幸せを見いだすこともよくあることだと思います。だけど思い出はあくまで思い出できっ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

幸せなときは幸せを願い、不幸なときは不幸を願う、これは人であれば誰しもが抱くものではないのかなぁと思いました。理不尽な仕打ちに打ちのめされる主人公の心の内はいかばかりかと、おそら… 続きを読む

★★★Excellent!!!

なにげないことが出来ている、実はこれが一番幸せなことであり、ぼくたちが見過ごしがちなことなのではないのかなと思いました。空を見上げることも忘れ、風の柔らかさや厳しさを忘れ、日常に… 続きを読む

★★★Excellent!!!

奇跡とは今を生きている人々の願いというよりは、今を生きている人々を思う先達の願いや思いの結晶が形として表れたことなのかもしれないと思わせるようなお話でした。こういう天災も少なから… 続きを読む

★★★Excellent!!!

オレンジ色に染まった空、それはとても美しかった。けれどその空は同時にとても切ないものでした。愛しい人と手を繋ぐ、一緒にいられるその時間は刹那であっても永遠なのだろうと思わせる作品… 続きを読む

★★★Excellent!!!

優しさに溢れた物語。物語の語り手が人ではないところもまたやんわりと温かい。目を閉じると虹のように架かる橋が浮かぶようでした。愛されていたんだろうなぁとその島に住んでいた人の温もり… 続きを読む

★★★Excellent!!!

一見歪んでいるようにも思えるけれど、この狂気じみた愛情表現は実にストレートでかつ純粋そのもの。人の愛情とはこれほどまでに研ぎ澄まされるものなのかと思うほどでした。殺したいほど愛し… 続きを読む

★★★Excellent!!!

タイトルにまず惹かれました。読んでみて実はぼくも同じ気持ちになったことがあることを思い出しました。住めば都というけれど、受け入れられるまでは時間がかかります。そんな主人公に自分自… 続きを読む

★★★Excellent!!!

二度泣き橋

★36 現代ドラマ 完結済 1話 1,401文字 2016年11月1日 15:57 更新

岩手県盛岡恋愛人・暮らし

読んでいるこちらを惑わす世界でした。現なのか夢なのか、捉えたものが本物なのか虚構なのか、まるでわからない。理論的であって理論的でないような気もする。そんな中間でふよふよ漂うような… 続きを読む

★★★Excellent!!!

心暖まるお祖母さんとの思い出の話でした。じんわりと心が溶かされる、そんな気持ちで読みました。なんとも爽やかで、それでいて温かい大きな手に頬を包まれるような、そんなかんじがして、ぼ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ギャップ萌えというのはこのことではないのかと思わせるヒロインの可愛さにぼくがやられました。もちろん、彼女を愛するヒーローも純朴で憎めず、好感が持てる二人の話が短編では勿体ないくら… 続きを読む

★★★Excellent!!!

冒頭からなんなんだろう?と引き寄せられました。家族紹介というこの物語に家族愛がぎゅっとつまっていて、読んでいてぼくの家族だったらどうなるかなぁと照らし合わせて読んでしまいました。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ミステリー仕立てであ地味や駅の紹介をするという構成がとてもよかったです。そうさせる大宮駅が凄すぎるとも言えるのですが、これは確かにミステリーだなぁと思わずにはいられませんでした。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

賑わう祭りの情景と静かに打つ雨のコントラストが絶妙でした。運命的に出会い、そして淡い恋の物語だと思いきや、ラストはもう一歩踏み込まれていて切ないラブストーリーにピリッとスパイスが… 続きを読む

★★★Excellent!!!

可愛らしいミーアキャットたちがせっせっとパンを作る様がとても楽しげに浮かび上がる物語でした。絵があったら緑の草原の中を忙しく働くミーアキャットの姿がありありと描かれていたでしょう… 続きを読む

★★★Excellent!!!

まさかこんな秘密が隠されていたとは誰が知るだろうとぼくは素直に驚いてしまいました。まさかぼくたちは踊らされていたなんて。短いのに強烈でした。

★★★Excellent!!!

終始語り口調で進む物語でした。それゆえに目の前にその人物がいて実際に話をしているような感覚で読み進めました。話を聞いていると不思議な世界にどんどん引き込まれていきます。迷いこんだ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

遠き里の物語りせよ

★49 ホラー 完結済 1話 1,147文字 2016年10月25日 09:25 更新

岩手県歴史ホラー民話風遠野物語

可愛らしい事件に可愛らしい名探偵。プリンを食べた犯人探し、どうなるのかと先を読まずにはいられなくなる物語でした。幼い子供の行動がとても可愛いのに、その心理描写は大人で、そのギャッ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

滋賀県は一度子供の頃に行きました。琵琶湖が大きいなぁという印象が強く残っています。そんな滋賀県を舞台に描かれる淡い恋の物語。片想いの女性の心理はとても苦しく、読んでいる自分もじり… 続きを読む

★★★Excellent!!!

デスゲームではないというところで、まずは安心して読めました。この中に裏切り者がいるから誰なのかを当てるという、とても緊張感のある物語も好みでした。スビーディーな話の展開、これから… 続きを読む

★★★Excellent!!!

あまりの不可思議さに、その話に聞き入るように読んでいたら最新話まで一気読みしてしまいました。背筋が寒くなるのにやめられず、なんだろう?どうなんだろう?と好奇心を掻き立てられるお話… 続きを読む

★★★Excellent!!!

秋田の秋がそれほどに短いものだということも、雨が多いのだということも、この作品を読んではじめて知りました。秋田の田園風景や空や風、そのものを感じるような作品で、秋田に行きたくなる… 続きを読む

★★★Excellent!!!

生死観は人それぞれだと思いますが、この作品に込められたそのメッセージはとても重たく、心に響くものがありました。生き抜くことで、生きるために選択を強いられる場面はいくらでもあります… 続きを読む

★★★Excellent!!!

★をつけた小説