街の洋服屋さん。

作者 糸乃 空

146

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

それは、とても変わった洋服屋さん。
店員さんがおかしな恰好をしていて、商品には値段が書かれていません。だけどこの店を訪れた人は、皆晴れた気持ちになって帰っていく。

まるで御伽噺の世界から抜け出てきたような、来る人を笑顔にしてくれる洋服屋さん。ユーモアと暖かさに溢れていて、このお話を読んだ人もついつい笑顔になっちゃいます。
元気をくれる素敵な洋服屋さんに、来店してみてください。

★★★ Excellent!!!

 ふと気が滅入ったり、気分が晴れないときに、そんな気持ちもふっと抜けていくような、そんな商品の並ぶ街の洋服屋さん。

 ほんのちょっとだけの、けれども手におさまるくらいの可愛らしい小箱のような、そんな魔法の物語。

 キーワードはインコ。

 この物語に触れてみて、パタパタと、こころを羽ばたかせてみてくださいね。

 

★★★ Excellent!!!

どこまでも柔らかく、暖かい。
生きていれば避けられないあれやこれやを、こんな風に忘れ去れたら。
その代わりに、軽くて暖かく、寒さを遠ざけるこんな優しいコートが手に入ったら。

何はともあれ、どうぞこのお店を覗いてみてください。
読み終わる頃には、心の中に柔らかな何かが、きっと生まれています。

★★★ Excellent!!!

身に着ければ心の芯まであったまりそうなゆるキャラ風な装いに包まれて、悲しみや疲弊した心を置いて歩きはじめる人々……そして、ユーモラスな優しさは気付けば街に静かな流行を生み出していたりする―現代社会にあたたかな趣向を差し出したファンタジーの世界です。

★★★ Excellent!!!

摩訶不思議でやさしいやさしい洋服屋さんへようこそ。
生きていればどうしても寂しさや重い気持ちに包まれてしまいます。そんな時、ふと目にとまったのはイーゼルに立てかけられた黒板。その文字につられて店に足を踏み込めば、きっと誰もがぱたぱたと温かさに包まれるでしょう。
世界観や演出の穏やかさはもちろん、なにより文体そのものが丁寧で優しく、夢物語を聞くかのような心地良さで読んでいけます。読み終わった後もホッと気持ち良く一息つけて、お鍋が食べたくなりました。最高です。最高に響きます!
その意味は、この愛しい物語を是非にご自分の目で見て確かめてください。
素晴らしい作品に出会え、とても心が暖かくなりました。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

目に見えない心の中に焦点を当てられた作品ですね。
ぴこぴこインコのトサカ、そしてぱたぱた。
登場人物たちの優しいコミュニケーションによって胸がふんわりします。
機知にあふれていて、ユーモアがたまりません。
これが愛なのです。

★★★ Excellent!!!

洋服屋さんの雰囲気、商品のコート、それから店員さんの制服姿(?)や接客対応に、思わず笑顔になるほっこりした物語です。

まるで絵本や童話を読んでいるような優しい世界に、またこの洋服屋さんに来店したくなります。

3話で完結してしまうのが、もったいないくらい優しいお話でした!

★★★ Excellent!!!

三話から構成されております。

一話、二話と心をあたためてくださり、最後には、期待を裏切らず、しんまでほかほかにしてくださります。

私と縁の深いものの登場があり、そこもくすぐられました。

もう、会えないと思っていたのに、キミ達は、傷を負った人の為に身も心も
優しくしてくれる。

こんな再会を果たしてくれて、誠にありがとうございます。

文体は、やわらかく読みやすくなっております。

私は、少なくとも癒されました。

疲れた時には、この黒板を見つけてください。

★★★ Excellent!!!

他の方がすでに評されているように、この小説は心温まる作品です。
僕はそういった小説をよく温度のある小説と言うのですが、この小説はまさに人肌の温度を持った小説であるように思います。
読み始めたら、あっという間に読み終えてしまいます。
微笑ましくて、くすっと笑ってしまうくだりもあります。
おすすめの小説ですので、ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!


君のいいとこ ぜんぶつまってる気がするよ。
思わずクスってしてしまう。
しばらく見ないうちにいい書き手になったなぁ。
応援と☆の数が物語ってるよね。
こんなにたくさんのひとたちにすっごい支えて貰えてる。
よかったよ。ほんと。

これからもこんな素敵なお話を生み続けてな。
俺は遠くからずっと応援してるからね。

がんばれ♪





★★★ Excellent!!!

 不思議な洋服屋さんに訪れる人々と、店との心温まるやり取りを描いた作品。 
 気分が沈みがちな冬。それなのに年末に向けて忙しくなり、気付けば自分が置いて行かれたかのような錯覚に陥る。そんな人々の前に現れた店。
 ☆冬物入荷しました☆ の看板。
 ふと、足を踏み入れると、そこは不思議な洋服店だった。
 不思議と手に取った服を気に入り、代金を払おうとするのだが……。
 優しい世界観に癒される。
 寒い季節にぴったりな作品。

 是非、是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

悲しみや無理を重ねた心。
とても疲れ切っていて、外は寒い。

お鍋はそんな季節だからこそきっと暖かい。
重たい気持ちをすっと軽くしてくれる。

――世界を救うのは案外、豆腐メンタルですから。

寒い夜でも、空からふっくらと微笑んでくれる丸いお月様のように。
大丈夫って、そう背中を押してくれる優しい物語。

★★★ Excellent!!!

ん?
って感じで。入ったら、たぶん、首をかしげることもあるでしょう。
ちょっと変わった洋服屋さんです。でも、気がつけば「ふふっ」って笑顔になるような、素敵なお店です。
ぜひぜひ、覗いてみてください。
ぬくぬくになりますよ。

★★★ Excellent!!!

色鮮やかな街路樹の葉が舞い、カサカサカーペットになる頃、そろそろコレの活躍する季節です。

準備できましたか?
もし今年新調されるなら当店にいらしてみてください。
身体だけでなく心まで温まりますよ。

作者さまの魅力全開ストーリーです。
いちファンとしてみなさまのご来店をお待ちしております。