この小説は、5行しかない。

作者 かぎろ

861

306人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

たった五行のお話と聞いて不思議に思う。
読み始めてすぐ、その意味にあっと驚かされる。

そして、この物語の真価はそこから。
意表を突かれた後は、もうこれまでの経験や先入観は役に立たない。

ユーモアにクスリと笑い、滲み出る瑞々しさに心打たれる。
次はどうなるの、この物語はどういうお話になるの。
一行一行が楽しみでたまらない。

真っ新な心の裏側でこそ、ひっくり返った物語の裏側と向き合える。
素晴らしいアイデアとその為に作り込まれた美しい言葉の賜物です。
貴方も是非読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

一行には有限の意味があり、一行には無限の意図がありうる
また、行間には無限の可能性が漂う
5行の旅は無限に続きえたし、帰る事によって行間の無限を意識させるに十分だった。
無理矢理まとめるなら、内なる宇宙と拡がる宇宙を感じました。となります

ショートショートの楽しさに久しぶりに触れさせて貰い 「ありがとう」

★★★ Excellent!!!

5行という制限で何を紡ぐのだろうかと読み始める。
結果的に確かに5行で終わった作品だった。しかし読後の満足感は到底5行に収まるものではなかった。

読了後に感じた想いは、この作品が文字だけで構成され、読者それぞれの想像力に文章から与えられる情報の解釈を委ねたからこそ得られたものだったと思う。
恐らく小説を読むのが好きな人ほど大きく心を動かされる作品ではないだろうか。

作品概要通りすぐに読み終える事の出来る作品。一読の価値有りです。

★★★ Excellent!!!

『カクヨム地底7000m』よろしく、やはりカクヨムでのみ機能する小説を書かせて右に出る者はいないのだろう。“5行”という縛りの中でいかにして物語に深みを出すのかと思えば……確かに、その手があったのか。さすがかぎろさんである。
カクヨムユーザーよ、これが「かぎろ節」だ!