座敷”なし”わらしの終わりの日々

作者 アイオイ アクト

67

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者アイオイさんの、攻撃性のない人外に対するシンパシーが存分に発揮された短篇。
過酷な環境の中で生まれたという座敷童伝説だが、座敷に縛られることがなくなっただけで、その伝承の基になる行為が消えたわけではない。
一人ではなくなった「わらし」たちの幸せを祈りたくなる作品。

★★★ Excellent!!!

永遠の時を過ごして来た わらし。
命に限りのある人。
本当に大切なものは人の気持ちなのではないだろうか?
美しくも心が痛む、そんなお話です。
この作者さんの作品に総じて言える事なのですが、どこか温かく、そして儚さを感じさせ、絵本のような優しさがありますね。
いや、これもう絵本にしてください!