少女達は飢えたコドクの獣と蔑まされる

作者 宮崎悠紀

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

完結済 全37話

更新

  1. 第1章 『飾』のことを知りたい
  2. 第1話 雨の中の拾い物
  3. 第2話 『飾』について
  4. 第3話 裂と飾
  5. 第4話 深夜の約束
  6. 第5話 賑やかな朝食風景
  7. 第6話 学校生活
  8. 第7話 飾の日常
  9. 第8話 飾の正体
  10. 第2章 2人目のお客様
  11. 第9話 探られたくない
  12. 第10話 獣の来訪
  13. 第11話 奇妙な夕食
  14. 第12話 尋問
  15. 第13話 ちょっとずつ変わっていく
  16. 第14話 見送り
  17. 第3章 休まらない学校生活
  18. 第15話 三者面談の予定
  19. 第16話 獣と獣の面談
  20. 第17話 大事な話をしたい
  21. 第18話 襲撃
  22. 第19話 国語研究室での蹂躙
  23. 第20話 喜潤の父と母
  24. 第21話 第二の同盟
  25. 第4章 遠く残る血の記憶
  26. 第22話 蠱毒の壺
  27. 第23話 初撃
  28. 第24話 再会と選択
  29. 第25話 鍋の中身
  30. 第26話 決めた
  31. 第27話 17年前に起きたこと
  32. 第28話 獣と人と
  33. 第29話 飾が本当に隠していたこと
  34. 第30話 底で待ち構えていたもの
  35. 第31話 獣たちは牙を剥く
  36. 最終章 母と子のこれから
  37. 第32話 喜潤が決めたこと
  38. 第33話 警告
  39. 第34話 三人の家族はこうして崩れた
  40. 第35話 獣から見た彼ら
  41. 第36話 最後の扉を開く
  42. 第37話 人は獣になり、獣を愛する

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!