侯爵様と私 ~上司とあやかしとソロキャンプはじめました~

作者 櫻井彰斗(菱沼あゆ)

小説の累計PV数

4,219 PV

エピソードごとの累計PV数

穴に落ちました…… 11 165 PV
もしや、私は穴に落ちて気絶して、夢を見ているのだろうか……? 7 100 PV
あれは夢だったのでしょうか…… 7 94 PV
なにもヒュッゲじゃないんですけど 5 78 PV
どっちも怖いんですけど~ 6 78 PV
あんた、ほんとに巫女さん……? 5 68 PV
いや、日本語でしゃべって 6 76 PV
じゃあ、付き合えばいいじゃないか 5 74 PV
行くぞ、花宮! 6 67 PV
なにが憑いてるんですか、私っ! 6 68 PV
あれを見るにはタイミングが重要だ 7 64 PV
そう考えると、ちょっとむなしい 6 65 PV
……私にもなにか憑いていますか? 6 65 PV
お前のテントを建ててやろう 6 62 PV
全然、ソロでないソロキャンプがはじまりました 5 60 PV
ついに現れました! 5 60 PV
また道具から入ろうとしてますね 5 53 PV
好きになるとかないな。ひとりが楽だから 5 58 PV
この一言を言ったら終わりな気がする 6 55 PV
らしくもなく、流され始めたぞ…… 6 57 PV
ひーっ! 4 62 PV
いやまあ、ないと思うが…… 6 60 PV
これもダイダラボッチの能力だろうか 7 56 PV
お前風に言うと、ヒュッゲかな 5 68 PV
新しいあやかしだろうか 6 58 PV
……恐ろしいな、美形の威力 5 54 PV
ちっちゃいなにかがいるのかも……? 5 56 PV
どっちだっ、花宮っ! いや、どっちでもいいんだがっ! 7 53 PV
大丈夫だ。たぶん、きっと。……うん、まあ、たぶん。 5 53 PV
ダイダラボッチはなんで課長に憑いてるんでしょうね 5 52 PV
課長の蘊蓄は危険ですっ 5 54 PV
なんかまた増えたな…… 6 55 PV
お前もか、兄よ 5 60 PV
ハイジはやりたくてやってるわけじゃないだろう 5 54 PV
御意、とか言い出しそうだ 7 50 PV
キャ、キャンプ仲間としてですよっ 6 50 PV
突然、田中侯爵砲が 7 46 PV
反省会だ! 6 46 PV
おのれ、藤崎 5 48 PV
すべてが、ふんわり 4 50 PV
願望が喉まで迫り上がってきてしまったっ 4 44 PV
私よりツワモノが…… 4 51 PV
酔っ払いは最強です 5 54 PV
おかしな意味じゃないからな 4 55 PV
増えてるっ! 5 48 PV
夢見が悪かったんだ 4 56 PV
課長と花宮の関係が気になります 4 53 PV
まさか、恋か 4 42 PV
恋に落ちました…… 5 50 PV
なんかボロボロなんですよ 4 44 PV
俺の目がおかしいのだろうか……? 3 56 PV
ひとつ気になることがある 4 52 PV
こんな俺でもいいのだろうか? 4 46 PV
どうしましたっ!? 4 48 PV
一応、女子なんですけど 2 48 PV
次のステップに進みなさいっ 3 47 PV
待て 3 49 PV
雨が降らなくなりました 4 36 PV
走り出したいっ! 4 45 PV
あいつが支社からやってきた 3 43 PV
そうか、これが恋なんですね~ 5 43 PV
それを言うなら、私と課長はどうなんだ……? 3 46 PV
なんだかんだで楽しそう 3 48 PV
なにか忘れている気がする…… 3 40 PV
俺が好きなのは…… 4 43 PV
ちょっと言いたいことがある 4 44 PV
お前に買ってやらなくては……っ! 4 48 PV
キャンドルは何処だっ? 4 33 PV
パンを焼いてみました 3 35 PV
ゾロゾロついて行きました 3 41 PV
それ、祓ってどうにかなることなのか……? 3 40 PV
お前とほっこりしている時間が好きだ 3 41 PV
タラシとヘタレ 3 35 PV
ちょっと俺について来い 4 49 PV
免許皆伝したくないですっ! 5 41 PV
ソロキャンじゃなくなりました 5 73 PV