ちっちゃいなにかがいるのかも……?

「もう夕食は食べてしまったが。

 藤崎が来たので、せっかくだから、夜食をつくろうか」

と言ったあとで、おっと、と総司はテントの中に入り、携帯型電気調理器を持ち出してきた。


「火が駄目なんだったな。

 これでやろう」


「課長っ」

と藤崎は感激していたが。


 萌子は、


 いや、あなた、どんだけキャンプグッズ買って、どんだけ持ってきてるんですか……と思っていた。


「でも、藤崎。

 此処、キャンプ場なんで、あちこちで火を焚いてるけど、あれはいいの?」

と萌子は他のテントで暑いのに焚かれている焚き火を見た。


「いや、遠かったら別に。

 でも、近くで火を焚かれたり、自分で火をつけようとしたりしたら、震えが来るんだ」


 だから、煙草もやめた、という藤崎に、

「そこだけはよかったね」

と萌子は言ったが、


「いや、望まず強制的にやめる羽目になったから、煙草の禁断症状で震えが来て……」

と藤崎は言う。


 火をつけてもつけなくても、結局、震えるんだな……、

と思う萌子の頭の中では、ゴツイ藤崎が何故か小さなフカフカの仔犬になり。


 雨に濡れて、毛がフカフカでなくなり、震えていた。


「うーむ。

 なんとかしてあげなければですね」

とその妄想のせいで、萌子は本気で悩む。


「……突然、そんな風になったということは。

 突然、あやかしか霊にとり憑かれたという可能性もあるな」


 藤崎は大真面目な顔で、あの課長があやかしだ、霊だという話をしているのを不思議そうに眺めていた。


「ウリは藤崎の後ろに激突してましたけど。

 背後霊とかだったら、見えないですかね?」


 いや、どうやって、と総司がこちらを見る。


「こうっ、素早く振り向くとかっ」

と萌子がやって見せると、藤崎も素早く後ろを振り向いてみている。


「見えないぞ、花宮っ」


「霊も一緒に振り向いてるからかなっ?」

とふたりでもう一度、やってみていたが、


「阿呆か」

と総司が呆れたように言ってきた。


「一緒に振り向いているとしても、霊の後頭部は見えるはずだろうが」


 総司は、そう言ったあとで、真面目に検証したおのれを恥じるように、


「……いや、そうじゃなくて」

と仕切り直すように言う。


「藤崎は確かに振り向かないと見えないかもしれないが、俺たちはそんなことしなくても見えるはずだろう。


 こうして見ていても、なにも見えてはこないんだが……」

と総司は目を細めて、藤崎の後ろを窺っている。


「ノミみたいに、ちっちゃいなにかがいるとかですかね?

 小さいおっさんとか」

と萌子は藤崎の後ろに回り、藤崎の襟足の辺りを手で払ってみる。


「やめろっ。

 くすぐったいだろうがっ」

と怒鳴られた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る