もしや、私は穴に落ちて気絶して、夢を見ているのだろうか……?

 

「なにしてるんだ、花宮はなみや


 そう訊いてきたのは総司だった。


「え、穴に落ちています」


 他に言いようがなかった。


 そもそも、これは現実なのか?


 今、こんなところに突然、総司が現れ、花宮、と普通に職場で言うみたいに呼びかけてくることがまず、信じられない。


 もしや、私は穴に落ちて気絶して、夢を見ているのでは?

と萌子は疑う。


 総司が手際よくロープを下ろしてくれたので、ますますその疑惑は深まった。


 なんでこの人、ロープを肩に担いで持ち歩いてるんだ。


 カウボーイか。


 いや、カウボーイがロープ肩に担いでいるかは知らないんだが、と思ったとき、


「なにをしている。

 早く登ってこい!」

と職場と同じ厳しい口調で総司が怒鳴ってきた。


 この人、妄想の中でも容赦ないな、と思いながら、はいっ、と萌子は急いでロープをつかみ、登ろうとしたが。


 ロープをつかむ手は痛いし、足をかけた土はボロボロ崩れてくる。


「しかたないな……」

と溜息をついた総司は近くの木にロープをくくりつけ、萌子の元まで下りてきた。


「ほらっ、来いっ」

と萌子の手をつかみ、ぐいと抱き寄せる。


「自分で抱きつけ、俺の手は三本もないぞ!」


 ええっ?

 抱きつけとか言われてもっ、と思ったが、此処でぐずぐずしていたら、ぶっ飛ばされそうな勢いだったので、仕方なく萌子は総司の両肩に手を置いた。


「そんなので上がれるかっ。

 もうちょっとしっかりくっつけっ」

と怒鳴られる。


 ひーっ、と思いながら、急いで総司にひっついた。


 こ、これはクマ……。


 ぬいぐるみのクマ、と暗示をかけて、目を閉じる。


 だが、これはクマではない。

 とてもじゃないが、クマの形ではない、と理性が告げるので。


 せめて人間にしてみた。


 これは白い面にチェーンソー持っている人、と考え直す。


 あの課長に抱きついていると思うよりは、マシだった。


 鼻先にある総司の首筋からは少し汗の匂いもするが、なんだかわからないいい香りもしていた。


 そんなことを気にしている間に、もう総司は上に上がっていた。


 冷たい山の夜風が吹きつけてきて、ホッとする。


 萌子は急いで総司から離れ、頭を下げた。


「ありがとうございましたっ。

 いや、びっくりしました。


 クマかチェーンソー持ったジェイソンが来たかと思いました」

とまだ顔が強張ったまま、萌子はなんとか笑って言ったが、総司は、


「映画の中で、ジェイソンはチェーンソーは持ってない。

 チェーンソー持ってるのは、『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスだ」

と冷静に言う。


「そうでしたか。

 すみません」

と言った次の瞬間、総司の姿は消えていた。


 だが、すぐに穴の中からカンテラを持った総司が現れる。


 ほら、と渡してくれた。


 カンテラを持ったままつかまったら、総司が熱いかと思い、お気に入りのものだったが、穴の中に置いてきていたのだ。


「あっ、ありがとうご……」


 まで言ったときにはもう、総司は手際よくまとめたロープを肩にかけ、歩き出していた。


「……ざいます」

と誰もいない場所で萌子は一応、最後まで言ってみる。


 もう総司がいた気配すらない。


 今、ほんとうに助けられたのだろうかと思ってしまったが、萌子が落ちた穴はまだそこにあった。


 なんで此処に落ちてたんだ、とかいう世間話すらしないんだもんな~。


 ジェイソンの蘊蓄だけ、さりげなく垂れていったようだが……。


 さすが田中侯爵、と思いながら、萌子は総司が消えた林をいつまでも見つめていた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る