ハイジはやりたくてやってるわけじゃないだろう


「ラクレットじゃないが、チーズあるぞ。

 溶けるチーズだが、どうせそんなに燃えてないだろうし」

と言いながら、いそいそと司は冷蔵庫からチーズをとってきた。


「すでにふかしてあるジャガイモにのせよう」

と北海道から送ってもらったとかいうジャガイモも持ってくる。


「ほぼ手抜きだけど、なんかいいね、お兄ちゃん」

と通りかかった散歩の人にもあげながら、萌子は言った。


「チーズとか火であぶるだけで、ハイジな気持ちで、テンション上がるよね」

と萌子は言ったが、


「ハイジはやりたくてやってるわけじゃないだろうがな。

 っていうか、お前、ハイジ見てないだろ、イメージか」

と司は言ってくる。


 確かに。

 兄は早朝、再放送をやっていたのを見たことがあるらしいが。


 自分のは、ただのイメージだ。


「でも、田舎はいつでも火がつけられていいよね」


「田舎か街か以前に、お前アパートだろうが」

と言う司は自宅から職場に通っていた。


 その話をすると、

「お兄さん、神主が仕事じゃないんですか」

と藤崎が驚く。


「めちゃくちゃさまになってますけどっ」


「お兄ちゃんは普段は市役所に勤めてるよ」

と萌子が言うと、


「こんな人が市役所にいるのかっ。

 意味もなく住所変更を繰り返す女子とかいないのかっ」

と藤崎は叫んでいた。


「いや、お兄ちゃん、窓口にいないから……」


 っていうか、そんな莫迦ばかな……。


「いずれは仕事やめて、神社だけでやりたいんだが。

 でも、そこまで大規模じゃないからな、此処」

と言う司に萌子は、


「お兄ちゃん、御朱印の練習しようよっ。

 そして、大評判にして、神社大きくするんだよっ。


 真凛まりんさんが言うみたいにっ」

と主張したが、


「そんなことで大きくなるのか、神社」

と総司が口を挟んでくる。


「まあ、ウリがみんなに見えたら、客が集まりそうだが」

と言う総司に、


「そうだ。

 課長、なにか御朱印の蘊蓄うんちくとかないんですか?」

と萌子は訊いてみた。


 だが、総司は何故かぎくりとした顔をする。


「蘊蓄?」

と司が訊き返してきた。


「課長、蘊蓄が得意なん……」

と言いかけた萌子の口に、総司が芋にのせようとしていた溶けかけたチーズを突っ込んだ。


 あつーっ、と萌子は叫ぶ。


「ほう、蘊蓄をたれるのか。

 たれてみろ」

と司に言われた総司だったが、


「いえいえ」

と恥ずかしそうに俯いている。


 何故か兄の前では湿気しけってしまうようだ、田中侯爵砲……、

と萌子が思っていると、後片付けをしながら、総司が言ってきた。


「お前はなんという話題を振るんだ」

「だって、課長、得意じゃないですか、蘊蓄」


「いや、お兄さんのような方の前だと緊張してしまうじゃないか」


 そう照れたように総司は言う。


 我々や部長の前では緊張しないのですね。

 どんだけ兄をリスペクト……と思っている間に、総司と藤崎は出てきた祖父母に帰りの挨拶をしていた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る