キャ、キャンプ仲間としてですよっ


 車が着くと、庭にいた藤崎のお父さんが出てきて、野菜と果物をふたりにくれた。


 総司とともに礼を言って去る。


 だが、少し走ったあと、住宅街の道から大通りに出る手前で、総司はいきなり車を避けてとめた。


「よく考えたら、なんでお前、後ろに乗ってんだ。

 前に来い」

と萌子を振り向き、言ってくる。


 え? は? と訊き返すと、

「俺がお前の運転手みたいだろ」

と総司は言ってきた。


「あっ、はっ、はいっ。

 そうですよねっ。


 すみませんっ」

と言いながら、萌子は慌てて助手席に移動する。


 侯爵様に、近こう寄れ、とか言われると、緊張するんですけどねーと思いながら。





 広い道に出て、少し走ったところで総司が前を見たまま言ってきた。


「もう夕方だな」

「はい」


「晩ご飯はどうするんだ?」

「えーと、カップ麺かコンビニ弁当ですかね?」


「そうか。

 帰って作るのめんどくさいよな。


 俺もだ。

 もう料理は堪能したしな。


 食べて帰るなら、おごってやるぞ」


 そう総司は言ってくる。





「えっ? いいですよっ。

 自分で出しますっ」


 食事をおごってやろうと言うと、萌子はそう言ってきた。


 ……自分で出しますって言うということは、行くことには同意したわけだな、と思いながら、総司は、ふと疑問に思う。


 なんで俺はさっき、藤崎がいるときに食事に行こうと言わなかったんだろうな、と。


「花宮、荷物は置いてこなくていいか」

と萌子に訊くと、


「あ、荷物はほとんど車に乗せてるので。

 おにいちゃんが運んでくれるはずです」

と言ったあとで、萌子は何故か照れたような顔をする。


 どうした、と思って見ると、萌子は、


「いや、さっきまで、うちの家族がいたせいか、課長に名前で呼ばれてたので。

 花宮と呼ばれると、日常が返ってきたなって感じがするなと思って」

と言う萌子に、


「ああ、悪かったな。

 勝手に呼んで」

と総司は言ったが、萌子は、


「いえ。

 なんかちょっと嬉しかったです。


 あ、いえ、その嬉しかったって、そのっ。


 キャ、キャンプ仲間として距離が縮まったっていうかっ」

と慌てて付け足してくる。


「そうか。

 じゃあ、キャンプのときは萌子と呼ぼうか」

と言うと、


「あっ、いやっ。

 でもやっぱり、緊張するんでっ」

と真っ赤になって、萌子は言ってきた。


 なにが緊張するんで、だ。


 ……いつも神経太いくせに、なに可愛いこと言ってんだ。

 莫迦じゃないのか。


 可愛い……、


 いや、ウリが憑いてるせいで可愛いく見えるんだな、きっと、

と総司はひとり納得しようとした。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る