ついに現れました!


「美味しかったです~」


 熱々のローストチキンと、よく冷えた二缶目の酎ハイとパンで晩ご飯を終えた萌子は、後片付けのあと、総司が用意してくれた寝転がれる椅子に転がり、すっかり日の落ちた山の空を見ていた。


「そうか。

 それはよかった。


 お前も意外に手際良かったぞ。

 ……野菜を洗うの」

と褒めるべきところは褒めてくれる上司が言ってくる。


 他に褒めるところはなかったようだ……と思いはしたが。


 ちょっと酔って気分もよかったので、

「はいっ」

と萌子は陽気に返事をした。


 そのまま、ふたつ並んだ椅子で酒を呑みながら、ふたりで空を見ていたが。 


「あ、ハンモックも乗ってみていいですか」

と萌子は後ろを振り返る。


「いいぞ、乗れ」


「わー、なんか遊園地みたいで、楽しいです。

 いろいろ座ったり乗ったりするものがあって」


 そう言って、機嫌よくハンモックに乗ろうとした萌子だったが、上手く乗れずに引っ繰り返る。


「……姉のところの子が上手く乗れなくて転がっていたが。

 大人も転がるんだな」

と呆れたように言いながら、総司は萌子をひょいとお姫様抱っこして、ハンモックに乗せてくれた。


 あの、今……


 なにしました? 課長、と萌子は思っていたが。


 総司にとっては、甥っ子だか姪っ子だかを抱えたのと変わらない感覚だったらしく。


 萌子にはもう見向きもせずに、酒を手に向かいに並ぶテントなどを眺めているようだった。


 ……今、ちょっぴりときめいてしまった気持ちを返してください、

と萌子が思ったとき、月に薄くかかっていた雲がゆっくりと晴れていった。


「あ……」

と萌子は声を上げる。





「うっすらっ!


 すっごいっ!


 でっかいっモノが、あそこにっ!」


「……どうした。

 幼児のような言葉遣いになっているぞ」


 大丈夫か? と総司に言われながらも、萌子は総司の遥か上を指差した。


 雲の晴れた冴え冴えとした月に照らし出された白く巨大なもの。


 山より大きなデッカイ人のようなものがぼんやり見えた。


「大きすぎて、俺も最初、なにが憑いてるのか、よくわからなかったんだよな」

と総司も自らの真上を見上げて言っている。


 確かに。


 あまり総司に近寄られると、なんか上の方が少し白く曇ってるな~、くらいにしか見えない。


「これはもしや……」


 ダイダラボッチ……と呟きながら、萌子は、そのうっすらとしか見えない霧のような白い人影を見上げた。


 ダイダラボッチ、デイダラボッチなど様々な呼び方がある、巨人のあやかしのようだった。


「何処かの山で拾ってきたみたいなんだが。

 こいつが憑いてるせいで、週に一度は山に行かないと、苦しくなるんだ。


 山が好きなのか、都会の空気が嫌いなのかよくわからないが」


 そう総司は言う。


 憑く前から山に行っていたのなら、そもそも課長は山好きなのか。


 そこはダイダラボッチのせいではないのだろうか、と思いながら、萌子は山に来て満足しているのか、静かにたたずむダイダラボッチを仰ぎ見ていた。


「表情が窺いにくいですね~」


「そうなんだ。

 山が好きなことはわかるんだが。


 あとはなにを望んでいるのかよくわからん」

と総司は言う。


「一体なにをしてやったら、満足して成仏してくれるのか」

と真上を見上げて呟く総司に、


「いや、あやかしで仏様じゃないんで。

 成仏はしないんじゃないですかね……?」

と萌子は言った。


「まあ、そんなに不自由はないんだが。

 俺の上だけ雨が降らなかったりするんだよ。


 たまに不気味がられるんで」

と言いながらも、然程気にしているようにはなかった。


 仕事で外にいるときなどは困ったりもするのだろうが……。


 しかし、これは確かに、ショッピングモールの中では見えないな。


 さすがは山や湖を作ると言われる妖怪。


 建物の端と端に足がある感じになるだろう、と思いながら、萌子はずっと夜空を見上げていた。


 なので、気づくのが遅れた。


 いつの間にか、総司がダイダラボッチではなく、萌子の膝の上を見つめていたことに。


 萌子の膝に知らない間になにかがのっていて。


 無意識のうちに、それを撫でていたようなのだ。


「……ウリ坊」

と総司が呟く。


 小さな猪がいつの間にか、萌子の膝の上にいたのだ。


 その猪の額には逆さを向いたピンクのハートマークがあった。


 猪目神社の神紋に似ている。


「猪だったのか、お前に憑いてたの。

 どうりで速すぎて見えないと思った」

と言いながら、総司は萌子の側にしゃがみ、猫にするようにウリ坊をかまいはじめる。


 いやあの、ちょっと……


 近いんですけど、と萌子は引き気味になっていたが。


 総司はあやかしのウリ坊には興味があっても、萌子にはないらしく。


 萌子の顔のすぐ側に顔がある状態でも、特に気にするでもなく、ウリ坊とたわむれはじめる。


 ……あやかしと小さな生き物にはやさしいんですね。


 私にもそのくらい、やさしくして欲しいものですが……、

と職場での総司を思い出しながら萌子は思っていた。


「そういえば、兄が何故か自分ではなく、私の方に憑いた的な話をしてました。

 もしかして、このウリ坊、あやかしというより、うちの神様の眷属なのではないですかね?」


「そうかもしれないな。

 なにかご利益があるかもしれないぞ」


 いや、いつから憑いてるのか知らないですけど。


 今のところ、なにもないんですが。


 恋愛運アップの神社のはずなんですけどね……と思いながら、萌子はウリ坊の額を指差し言った。


「このハート型の猪目ですが。

 魔除けになるだけでなく、福も招くんですよ


 まあ、島根の猪目洞窟は、夢に見ただけで死に至ると言われる、黄泉へと続く洞穴ですけどね」

と言って、


「死を招いてるじゃないか……」

と言われてしまったが。


「いや~、それにしても、なんで急に見えはじめたんですかね~」


「ダイダラボッチを見ようとしたことで、自分に憑いてるものとも波長が合わせられたんじゃないか?


 それか山に来て、力を持ったダイダラボッチに怯えて、ウリ坊がお前の膝に飛び乗ったから見えたのかもしれない」


 つまり、普段から見える状態にあったのだが。


 単に素早すぎて見えなかったのではないかと言うのだ。


 そうかもしれないですね、と萌子は苦笑いしながら、ウリ坊の背を撫でる。


 生きているものではないのに、ふかふかとした毛並みを感じた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る