偽恋人になったら自分を好きにしていいと言われたから毒舌お嬢様をオタクに染め上げる。

作者 猟虎戀太郎

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全38話

更新

  1. 一章
  2. 第1話 プロローグは短めに
  3. 第2話 異性の名前呼びのハードルの高さと言ったらもう……ね?
  4. 第3話 ご都合主義な家庭環境だって?俺も思った
  5. 第4話 俺曰く、オタクに対する毛嫌いは往々にして偏見である
  6. 第5話 土曜深夜はオタクのゴールデンタイム
  7. 第6話 料理できる男子は優良物件 ※ただしイケメンに限る
  8. 第7話 長くなりましたが、お家回はこれにて終了です。
  9. 第8話 男の子? いいえ、男の娘です。
  10. 第9話 推しキャラ論争、ここに勃発(しません)
  11. 第10話 周りが変人すぎて、自分がまともに思えてくる今日この頃です
  12. 第11話 「グループ作り」とは「公開処刑」の別称である
  13. 第12話 デート? いいえ、強制連行です。
  14. 第13話 もうメガネなしには生きられない
  15. 第14話 優男イケメンは表面だけで判断するなかれ
  16. 第15話 脳内うるさい系男子の独り言
  17. 第16話 ※今回はオタクっぽいことなにもしてません
  18. 第17話 どこまでも、あいつとは相容れない
  19. 第18話 美味しいものは死亡と尊分でできている
  20. 第19話 その救済を、きっと彼女は望まない
  21. 第20話 ロリっ子紫音、ここに爆誕!
  22. 第21話 この世には二種類の巨乳がある。本物の巨乳と、偽物の虚乳である。
  23. 第22話 クレーンゲーム? ああ、あのオモチャ自販機のことね
  24. 第23話 確率機? ああ、あの二百円ガチャのことね
  25. 第24話 ス◯バって入るの勇気いるよね。
  26. 第25話 正直存在忘れてたって人、怒らないから挙手しなさい
  27. 第26話 俺のベッドは二度盗られる
  28. 第27話 ほのぼの回だと思った? 残念シリアス回です。
  29. 第28話 隙あらば自分語り。略して隙自語。
  30. 第29話 語彙力ある=話すの上手い、とは限らない。
  31. 第30話 伏線回収は別れとともに
  32. 第31話 小学校の時の道徳って授業の心理テスト感
  33. 第32話 近所っていうか、もはや庭感覚。
  34. 第33話 オタクの恨みは恐ろしい
  35. 第34話 まあ上手くいくはずもなく
  36. 第35話 好きなようにする。以上。
  37. 第36話 毒舌お嬢様の御成り
  38. 第37話 馬鹿と鋏とイケメンは使いよう
  39. 第38話 エピローグ(?)