第四十七話 火焔(二)


 常ならぬ状況を察知したのか、馬の足取りに困惑が感じられる。それもそのはずだ。本来なら闇の中に星が輝くはずの新月の夜であるのに、あたり一面に光明が広がっているのだ。その光は南から次第に空を浸食したようで、今やシレアの北に連なる山脈の稜線までもくれないに縁取られている。

 天球儀に起こった異常は、天球儀という機械の問題に留まらず、そこから実際の空にも影響が及び出したのか。


 シレア国首都、シューザリーンに入ってすぐに、カエルムは王女いもうとの安全を確認した。王女には何か勘付くことがあったらしく、時計台に向かうと言って城下の道で城に向かうカエルムと別れた。

 聡い王女いもうとのことである。その勘は確実だと言って良い。ならば自分がやるべきは、城に侵攻した賊を片付けることだ。


 城下を駆け走る間に、武器を手に騎乗した料理長ともすれ違った。テハイザ側の手勢は恐らく精鋭、ただし少数。大部分は王城を侵攻し、城外に出た幾人かは、料理長以外にも城の衛士数人が追っていると報告を受けた。


 ——私の留守中の奇襲とは……簡単にシレアが墜ちると思うな。


 カエルムは馬の速度を早めながら舌打ちした。シレア城の守りは固い。だがいくらなんでも、全員が無傷というわけには済まないだろう。


 視界の先に小さな渡しが見えてきた。シューザリエ大河から引いた水路の一つにかかるものだ。


 ——なんだ、これは……?!


 カエルムは自分の眼を疑った。通常なら一方向へ流れるはずの水流が、水路の途中で対流を起こしているのである。


 ——天だけではなく、地の秩序にまでも乱れが生じている?


 先ほど、シレアの領内に入ったあたりで凄まじい地鳴りとともに大地が揺れた。あれも何かしらの兆しか。

 テハイザからの侵入者とこの異常事態の両方を同時に相手にする余裕はない。ともかく一刻も早く、元の秩序を取り戻さなければ。カエルムはテハイザ王から受け取った碧玉と珊瑚の飾りを握りしめ、眼前に近づいてきた城へ馬を馳せた。


 ***


「殿下!」


 城門から息を切らして駆け出てきたのは王女付きの侍女だった。手に短刀を持ってはいるが、見たところ負傷はない。


「ソナーレ、良かった無事で。皆は」

「戦えない女官と御年寄は秘密扉の部屋に! 皆無事です。窓からお姿が見えて、私だけ」

「賊はどこに」

「上階で大臣達が相手を」

「地下には」


 相手の数が多くないのであれば、上階は大臣達数名だけで事足りる。留守中に城に残した衛士の実力を考えれば十分太刀打ちできるはずだ。そうなれば問題は、地下水である。


「衛士が向かったはずですが、賊が入った可能性も」

「分かった。貴女は女官達とともに隠し部屋へ戻りなさい。こちらから指示を出すまで絶対に部屋から動かないで」


 シレア城内には万一の時のための隠し部屋がいくつか設けられている。内部から外は見えるが、部屋の外からその存在はそう簡単には解らない。扉を開ける方法にも一工夫施され、外部者の進入はまず不可能である。カエルムは城内に入ろうと馬から飛び降りた。


「殿下、あの人は」


 城の扉に手を置いたカエルムの背に、侍女が喉に詰まった声で問いかけた。


「ロスは無事でいる。まだテハイザ城だが、大丈夫、彼なら心配ない」


 振り返って微笑んでやると、気丈ながらもどこか不安げだった侍女の顔が安堵に緩み、すぐに強気な笑みに変わった。


「その心配はしていませんわ。あの人がちゃんと働いているのか、そちらが気がかりでしたの」

「常ながら助けられているさ。だから、無事で帰りを待ってやれ。早く部屋へ」


 そう言い置いて、カエルムは城の中へ駆け入った。


 ***


 地階の廊下に人影はなかった。侍女の言う通り、乱入者と衛士の一団は上階へ上ったのだろう。入り口から近い階段で一部の装飾が壊され、木彫りの手摺りには刀傷が見られる。まだ死者は見ていないが、自国の城で血が流れた跡に怒りがこみ上げてくる。

 料理長の目算に違わず、城内に侵攻した賊の数は多くなかったらしい。上階にどれほどの数がいるか知れないが、それなりの数で攻め入ったのなら低層でも城の衛士とそこかしこで乱闘になるのは必至である。しかしここまでの廊下に倒れる兵はいなかった。ほぼ全員が上階での戦いにもつれ込んだか。

 とはいえ下層へ向かう途中で、カエルム自身もテハイザの紋章を身につけた男二人と剣を交える羽目になった。両者を失神させて動きを封じ、カエルムは城の内奥、地下中央へひた走った。


 城の最下層階に辿り着いたカエルムは、シレアの地下水が流れるはずの部屋へ廊下を進んでいった。上で乱闘が起きているとは思えない、不気味な静寂がたちこめる。木製の調度品が多い地階とは対照的な石造りの通路は秋の夜気に冷え、剥き出しの石壁が足音を高く響かせる。

 地下水が流れる件の部屋の前まで来て、カエルムは違和感を覚えて立ち止まった。


「その首、もらった」


 刃鳴りもせずに突如眼前で剣先が煌めき、カエルムは咄嗟に身を沈めた。空を切ったそれが再び自分に向かうのを見切って自らの剣で撥ね返し、床に手をつく。手首をばねに体勢を変え、部屋から飛び出した男の懐に飛び込むと、相手の脇腹を柄でしたたかに強打した。


「勝負あったな」


 床に倒れた男の耳すれすれに剣を立て、カエルムは襲撃者の手から滑り落ちた剣を廊下の先に蹴り飛ばした。上乗りになって男の動きを封じ、絶句して強張った相手の顔を睨み付ける。


 その風貌には、見覚えがあった。


 短く切り揃えた髪は、黒に近い深い色。そして、意志の強そうな瞳の色は濃紺。カエルムの脳裡に、溌剌とした少女の笑顔が浮かんだ。


故郷くにに小さな娘と……息子がいるだろう」

「なぜ、それを……」


 男の喉から掠れ声が絞り出された。


「帰って奸臣ではなく、テハイザ国王殿下御本人の御意向に耳を傾け、忠義を尽くせ。聡明な子供達のためにも」


 聞いた言葉に瞳孔を開き、起き上がろうとする男の頭を手刀で再び床に落とす。完全に気を失ったのを確認して、カエルムは地下水の流れる部屋の内部に脚を踏み入れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る