入城

第一話 入城(一)

 秋の夜である。


 街灯も少ない夜道、糸の如く細い月は、街路を照らすのに十分な明かりにもならない。闇が深まり、人の往来が絶えた時分である。誰もが燭台の炎も消して眠りにつこうという頃だ。

 街外れにある宿屋の娘も、翌朝の支度を終えて休もうとしていた。しかし、普段なら虫の音しか聞こえない窓の外で、地を蹴る馬のひづめの音がする。それは次第に大きくなり、近付き、宿の前で止まった。こんな時間に何事かと、娘は警戒心と恐怖を覚えつつ身構える。宿の主人である娘の父は、物の買い足しへ遠出しており、今晩は家に帰らない。大きくなる鼓動の音はまるで室内に響くようで、娘の身体はますます強張っていく。それでも息を詰め、箒を手に握り締め、じっと戸口の様子を見ていると、自分がつい先程、錠をかけた扉が叩かれた。


「夜分に恐れ入ります。申し訳ありませんが、開けてはもらえないでしょうか」


 こつ、こつ、とゆっくり戸を叩く音と同様、扉の向こうの声は丁寧だ。夜盗の類では無いだろうと、そう思うと、緊張で痛みを覚え始めた娘の手がふっと緩まった。胸を撫で下ろし、そうはいっても一応、用心して、鎖をかけたまま戸を半分開けた。


 そこに立っていたのは、長身の美丈夫だった。後ろにもう一人、彼と同じくらいの年頃と思われる男性が、馬の手綱を引いて控えている。


「深夜にお騒がせをするのは忍びないのですが……道中の雨で到着が遅れてしまって。部屋は空いてないでしょうか。あと、馬が二頭いるので、出来ればうまやも」


 田舎者や無骨者の多いここ一帯の宿場町ではほとんど聞かれぬ丁寧な男性の挨拶と、明らかに高貴なその風格に、娘はしどろもどろになった。


「お部屋はありますが、あいにく一人分の寝台しか無いんです……」


 男性は喜ばしそうに目を輝かせた。


「部屋が空いているのなら有難い。お部屋さえ貸していただければ寝台のことは構いません。一人は床で寝ますから」

「ちょっと待て」

「構わんだろう。私が床で寝れば」

「それもまずいですって」


 後方の男も見るからに質の良い衣服を身につけており、上流階級であることは間違いない。娘に話しかけている男の従者だろう。しかしまるで、市井しせいの若者を思わせるほど気軽な二人のやりとりは、主従関係に全くそぐわない。その様子に戸惑うが、いつまでも戸口で話すわけにもいかない。娘は二人を中に通した。


「此方へ。うまやも裏にございます。狭い部屋ですが、すぐに追加のお布団を御用意致します……」



 ***


 翌朝、娘が朝餉あさげの支度をしていると、昨晩の二人連れが食堂へ降りてきた。


「おはようございます。昨晩は助かりました」

 爽やかに笑う男性はまだ年若く、二十代半ばといった具合か。明るい朝の光の中で改めて見れば惚れ惚れとするような整った顔立ちの青年で、蘇芳色に光る瞳が思慮深さと意思の強さを感じさせる。連れの方は、青年ほど際立った美男子というわけでは無いが、温和そうで理知的な顔立ちである。


 二人は他愛もない話をしながら食事を終えた。一度部屋に戻り、次には荷物をまとめて出てくると、再び娘に声をかける。


「世話になりました。値段を聞かずに泊まってしまいましたが、厩の分と合わせてこれで足りるでしょうか」


 そう言って、娘の手にしゃらりという音を鳴らして小袋が置かれた。その中を見て、娘は目を丸くして慌てた。

「いけません、多すぎます! 寝台も一つで我慢していただいたのにっ」

「それでは、夜中に扉を叩いて貴女を煩わせたお詫びとお受け取りください。若い娘さんに怖い思いをさせてしまったでしょう」


 柔らかに微笑むその表情に娘は一気に顔を赤らめる。


 青年は、「それでは」、と挨拶をし、連れの者と共に外へ出た。馬に跨り、街の中心へと駆けていく。


 その颯爽とした姿は娘が今まで見たことのない美しさだった。娘は彼が去った方向を見つめて扉の前に突っ立ち、しばし呆然としていたが、泊り客の一人に体当たりされてようやく我にかえる。


「ちょっと、何でこんなところにあの方がいるんだい⁈」

「え?」

「お嬢ちゃん知らないのかい? あの若くて美男と評判のお方を知らないなんて、あんたまだそんなお年頃なのに!」

 まくし立てる泊まり客の婦人に、その旦那も頷く。

 娘は先ほどまで自分に話しかけていた声音に恍惚としてしまって、婦人の言葉もあまり頭に入ってこなかった。だが、次の一言で、目が覚めた。


「ついこないだ、王が崩御した国の若王子、カエルム様だよ!」


 持っていた小袋が娘の手から滑り落ち足を強打して、痛みと困惑の混じった悲鳴が朝の空気の中に木霊こだました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る