凶兆

第二十八話 凶兆(一)

 カエルムは本を閉じ、無言のまま蘇芳色の瞳でその表紙を見つめた。まだ確認せねばならないことがいくつかある。その一つはロスの報告だが、それを待つ間に自分の方で見ておくべきものの目星はついた。


「ご覧になりたいところは終わりましたか。何か別の本を出しましょうか」


 こちらの仕草に気が付いたのか、クルックスが自分の読んでいた書から顔を上げて問いかけた。


「いえ、もう十分です。欲を言えばこの書庫全ての本を読みたいくらいですが、差し当たり興味のあるものは読めた気がします」


 もともと並んでいたところは何処かと、カエルムが『国事史』手に本棚の方へ足を向ける。するとクルックスがすぐに立ち上がってカエルムの手から書を受け取った。それを持って本棚に立て掛けられた梯子を昇り、迷うことなく上段へ手を伸ばす。そこでは空間が空いて書物が斜めになっており、クルックスはそれらの間に『国事史』を押し込んだ。

 動作の一部始終を見ていたカエルムは、クルックスが降りてくるのを待って口を開いた。


「もう一つ、お願いがあるのですが」

「何でしょうか?」

「昨日見せていただいた、歴代の王の肖像画の部屋をもう一度見せて頂いてもよろしいですか」


 予想外の依頼に、クルックスは疑問の浮かぶ眼でカエルムを見返した。当然の反応だろう。予想はついていた。カエルムは表立っては他意なく聞こえる明るい調子で理由を述べる。


「歴史書や伝説を読んでいたら昔の王のことも書いてあったでしょう。改めて、どの王かなと気になりまして」

「ああ」


 表情を緩めたところを見ると、クルックスの疑念は氷解したようだ。閲覧用のランプや綿入れを片付けながら、快く客人の頼みを受け容れる。


「もちろん構いませんよ。御部屋の近くでもありますし、御戻りになるのもちょうど良いでしょう」


 窓の外で嵐の風が吹き荒れ、城に打ち付け、ガラスが音を立てて震えた。書庫に差し込んでいた光は来た時よりも弱まっているようだ。今は夕方のどの刻か。時が過ぎる速さをどうしようもできないことに若干のもどかしさを覚えながら、カエルムはクルックスについて書庫を後にした。


 ***


 肖像画の部屋には窓が無い。昼間であっても扉を開ければ中は暗闇であり、廊下の明かりだけが入り口の床を僅かに白くするだけで、奥の壁は認識できない。そのため、入り口の側には常に燭台が置かれているらしい。クルックスは火のついた廊下の燭台を取ってくると、部屋の扉の脇にあった燭台に火をつけ、それを片手に部屋の中へカエルムを先導して入った。


「今、他のもつけます」


 そうして部屋の四隅に立つ燭台に手早く炎を移す。すると四方の壁が色を取り戻し、並んだ顔が照らし出された。

 歴代の王たち。皆同じ碧地の装束に身を包み、玉虫色に変わる装飾が衣を飾る。そしてそれぞれの表情は様々なのに対し、皆に一様な濃紺の瞳と金の髪。


 昨晩も既に見たものであり、まさか変わったりはしていない。ただ、今カエルムが見ているのは全く別のところ、肖像画の下方、額縁すれすれのところだった。

 こうした類の絵には珍しく、どの王も必ず片手が描かれている。そしてそこに握り締められているものは、全ての絵に共通なのだ。


「また、質問をしても?」

「はい? 自分にわかることであれば」

「王が皆、手に持っているものは何です?」


 カエルムは一番近い壁にある三代目の王の手元を指差した。その手には、細長く指の大きさほどしかない棒のようなものが握られている。鉄色のそれを、肖像画の全ての王が握っているのだ。

「あれ、ですか」

 クルックスは見上げた頭をぐるりと回し、カエルムに向き直った。

「神器、です。僕も実物は遠目でしか見たことがありません」

「神器?」

 シレアにも神器はある。祭の時に用いるもので、不思議なことに王族しか触ることのできないものだ。ただシレアの神器の用途は目にも確かであるのに対し、テハイザ王の手にするものはただの鉄片にしか見えない。

 カエルムの疑問を察してか、クルックスは苦笑した。


「ついこの前に初めて見ました。即位式の時にしか出されませんので。聞いた話によると、滑らかで割と軽めの石だとか」

「石?」

「ええ」

 先代の肖像画の方を向き、青年は目を細めた。


「『古来より国を定めし、船乗りを支え、子孫へと伝わる国の宝を拝領して新たな王の誕生とする』」


 遠くを見つめるように、クルックスが詠唱した。

祝詞のりと、です。これも国に伝来する即位の祝いの言葉ですよ」

「そうですか」

 カエルムは四方の壁を見回し、再度王の相貌、そして神器を網膜に焼き付ける。それらが頭中に確かな像として固まってから、クルックスに満足を告げて部屋を出た。

 燭台の火が消えた廊下は、そろそろ肌寒くなってきた。太陽が出ていれば日没の頃か。


 朝と比べ薄暗くなった中、クルックスの案内に導かれながら部屋へ向かう途中のことだった。血相を変えたロスと出くわしたのは。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る