第三十三話 誘惑(三)

 甘くとろけるような女性の問いかけにカエルムは吐息とともに呟いた。


「……そうですね。私も、美しい女性に魅力を感じないとは言いませんよ」


 そう言いながら、相手の腰に当てられた手に力を入れる。わずかに身体が反応し、女性の目が恍惚を帯びて満足気に細められる。


「それでは……」


 期待のこもった眼差しをカエルムはしかと受け止める。そして、小さくも良く通る声が、女性の言葉を遮った。


「けれどもここで貴女と一夜を共にしたら、私の大事な女性が泣くので」 


 触れ合った肌がぴくりと緊張し、寄せられていた身体の間に隙間を作った。しかし、カエルムは握った手の力を緩めなかった。女性はほんの一瞬だけ表情を崩したが、媚態な笑顔を再び作り直し、もとの相手の肌を這うような声音に戻る。


「その方は、この指環を贈られる淑女なのかしら?」

「この指環の片割れに当たるものをもう、持っている女性ですよ。美しい方。それに……」


 肩掛けが勢いよく払われ、薄布に隠れていた女性の左手首が強く掴み上げられた。


「私は勇敢な女性は嫌いじゃないが、卑劣な手口はいただけない」


 息をつく間も無く肩の位置まで上げられた細い手から短刀が滑り落ち、カラン……という硬質な音を室内に響かせる。


「麗しい婦人が美を武器にするのは構わないが、そんなつまらないもので私を落とせるとは見くびられたものだ」


 蠱惑こわく的で自信に満ちた先の笑みをすっかり失い、蒼白になって息を詰めた女性の身体を、カエルムは有無を言わさず引き離した。短刀に手を伸ばす女性の腕の前をカエルムの手が遮り、彼女の掌が空を掴む。


「別に貴女をどうこうしたところでこちらに利益はない。ただ自室に戻り、朝まで出ないことだ。誰が命じたか知らないが、そちらの策の失敗は朝まで告げない方が身のため……分かりますね」


 空気すら制するような威圧に、女性はじりじりと扉の方へ後じさった。その手が扉に掛けられたところで、カエルムはにこりと笑った。


「差し詰め、かなり高位の権力者からの命でしょう。貴女には歯向かうことなど不可能だったととらえますよ」


 驚愕とおそれに女性は眼を見開き、カエルムの次の言動を待って身じろぎせずに扉に背をつけた。女性から眼を離さずも、依然として寝台に座ったまま、カエルムは柔和な笑顔で続ける。


「それでも、貴女のように麗しく勇気のあるお方が卑劣な輩のいぬに成り下がってはもったいないですよ。馬鹿な男の言うことなど聞くのはよしなさい。それよりむしろ、お姿と同じ美しい行いやそれを認めてくださる殿方が貴女には相応しいのでは」


 女性の白い顔はみるみる紅潮し、恥じらいに目が潤み、息を詰めたまま、引き結ばれた唇が小さく震え始めた。そう思った次の瞬間、女性はそのまま身を翻し扉を開けて廊へ飛び出していった。音が響かないよう気を配る余裕は残っていたのか——というよりも気付かれたらまずいとの保身か——靴音は小さく床を打ち、それもやがて遠ざかり、ついには聞こえなくなった。


 ふぅーっ、と長い溜息を吐くと、カエルムはさっぱりと顔を上げて扉の影へ声をかけた。


「覗きは趣味が悪いぞ」


 開かれた扉の向こうから姿を現したロスは、腰に佩いた剣の柄に掛けた手を離して、呆れ顔になる。


「どうでもいいですけどね、追い出すんなら追い出すだけでいいでしょう。自分の命を狙ってきた相手までも色仕掛けで落とすのはやめましょうよ」

「ん? 何もしてないが」


 またこれだよ、この人は天然で会う女性ひと軒並み落としてくからなぁ……と、ロスはこれまでの外遊の道中で世話になった諸国の宿屋の娘以下、街中まちなかですれ違う女性たちや宮中の女官の反応を思い出してうんざりした。たちが悪いのは、本人に幾度か問い正したところ、全く自覚が無いところである。政治やら城の人間関係やらではやたらと気が回るくせに。


「もうどこから指摘していいのか分かりませんよ。女性への優しい言葉は注意して使って下さい。殿下の言動は従者として心底、心配になります」

「心配するのはそこか? 酷いな、身を危うくした主人に向かって」

「そっちは心配する必要が無いからです」


 実のところ、身の危険それが案じられて来たロスなわけだが、それを口にするのはどうも悔しい。ああいうたぐいの色香にほだされるという懸念は皆無だったが。

 しかし来てしまったらついでに、立場上、聞き捨てならない面倒なことまで耳にしてしまった。


「大事な女性って誰ですか」

「今聞くところはそこか?」

「当たり前でしょう」

「安心しろ。王女付きの侍女ではないから」

「殿下」


 付き合いも長く共に過ごす時間も多いロスが諭すこともたびたびあるとは言え、珍しく本気で怒気のこもった声に、カエルムは一応、素直に謝った。


「悪い。ふざけすぎた」

「……いいですけどね……それに、殿下が歳上趣味じゃないことは知ってますから」

「その前に向こうが相手にしないだろう?」

「いい加減にして下さい……ったく、あんたがあーいう発言するのは大問題なの分かってます? 特に国外で!」


 はは、と答えの代わりに、いずれは玉座の横に座る伴侶を迎えるだろうこの王位継承者は、面白そうに顔を上げた。これ以上、言及しても適当にはぐらかされるのは目に見える。ロスは今すぐにでも国で待つ恋人に、この主君——彼女が世話をする人物の兄に当たる——を叱りつけて欲しかった。


 そんな心労多い従者に、カエルムは真顔に戻って呼び掛ける。


「取り敢えず、本気で早いところかたをつけた方がいい風向きだな。ロス、夜のうちに調べておきたいものがある。行くぞ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る