第十八話 交渉(三)

「わたくしは自分の業務に戻ります。何用かありましたら、二人に申し付けて下さい。我々にすぐに伝わるように致しましょう」


 二人を自分の前に並ばせ、近衛師団長は一本調子に続ける。話しやすいとまではいかないが、大臣よりはまだ普通の会話ができそうだ。カエルムは普段の見た目の上では温和な調子で礼を述べた。


「御礼申し上げます。では早速、書庫に参りたいのですが」


 まずは二人で、とカエルムは付け加えた。それを聞いたロスも、椅子から離れて間口のところに立つカエルムと並ぶ。

 要望を受けると、近衛師団長は若者達に顎で合図した。横に並んでいたスピカが礼の姿勢に背中を折っている青年を小突く。


「承りました。それではご案内致します。書庫は北の棟ですから、かなり歩きますけどね」


 ***


 部屋を出たところで、近衛師団長は辞を述べて天球儀のある部屋の方向へ、他の四人はそれとは逆の、城の北側へ向かった。

 クルックスの言葉は大袈裟ではなかった。廊下を北側へ行くこと長く、カエルムの居室があった比較的高い階層から階段を四層降り、さらに回廊を曲がって、クルックスとスピカはようやく一つの扉の前で足を止めた。書物と定規、羽ペン、秤、それらが扉の上の壁に、騙し絵の手法で立体的に描かれている。


「着きました。採光があまりないですけれど、どうぞ」


 クルックスが扉を開けると、中は日中だというのに仄暗い空間だった。長い大理石の机が二つ並び、それを挟むようにして高い天井まで届く本棚が何列か並んでいる。更に四方の壁もびっしりと本棚で埋め尽くされており、こちらも床から天井まで隙間なく書物が詰まっている。そして四方全てに可動式の梯子が立てかけられ、高い棚の書物を取りに昇れるようになっていた。

 窓は一方——光の位置からして恐らく東側——に一つだけ、胸より高い位置に開き窓があるのみで、それが室内で唯一の光源らしい。


「これは……圧巻です。歴代の王の中には並外れた読書家が何人もいらしたと聞いていますが……」

 丈高い棚を見上げ、ロスが嘆息する。

「まだここに並ぶのは一部ですよ。地下書庫にさらに蔵書があります。低層にあるのは、上の方に書庫を作ると本の重みで床が抜けると言われたらしいとかなんとか……言い伝えですけれどね」

 クルックスが笑い混じりに言い、スピカに「ほら」と声を掛ける。それを合図にスピカはさっと長机へ走り寄り、ランプを指差した。

「本が変色しちゃうから、明かりが入らないようにしてるんですって。でも読むならランプを点けるし。何読みたいの、王子さま?」

 書棚をぐるりと見回して感心していたカエルムは、正直なところを言えば、棚の端からゆっくり物色して選びたかった。しかしそう悠長なことも言っていられない。これだけの数の中から目的のものに辿り着くには、残念だが探すよりも取り敢えず聞いた方が早い。


「興味があるのは、まずは昔話の類ですよ。古い歴史書とか、伝説とか、古来から伝わる御伽噺とかですね」


 大臣達の前で述べた書物の類とは少し異なる。何か意図があってのことだろうとロスは会話の様子を見守った。先とは違うことを言ったのは、ロスが二人に邪念は無いと感じているのと同じく、カエルムも素直に要望を述べても構わないと踏んだのに違いない。


「なんだ、機密文書見たいのかと思ったのに。見せられないけど」

 冗談めかして言うスピカを、クルックスがこら、と軽く嗜める。だがスピカの口は塞がらない。

「そっち、扉の横の列が歴史系の本。御伽噺とか伝説とかは窓側よ。他のおはなしと一緒に並んでるの。うんと古いやつ? がいいなら上の方」

 そう言って爪先立ちをし、棚の上方を指差す。確かに下方の書物と比べて装丁が古び、背表紙にはほころびが見えるし、色も褪せている。

「ありがとう。出来たらあの興味深い天球儀のことが読みたい。いつ頃からあるものなのか、この国の歴史の中で、どんな役割を持っていたか、そんなこととかをね」

「ああ、それなら」


 扉近くに立っていたクルックスが数歩右に身体を動かし、梯子に足を掛けた。慣れた様子で身軽に上まで上がると、分厚い布張りの書物に手をかけ、細身の青年には意外なことに片手でそれを引き出した。クルックスは重さに耐える素振りもなく数段梯子を下がると、自分の下にやってきたスピカに本を手渡す。

 自分の顔ほど大きな書物を両手で頭の上に乗せ、スピカがそれをカエルムに届けた。


 受け取って表紙をめくれば、古語で『国事史』とある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る