第42話

「う……また眠い~」


 御子さんは顔を真っ赤にして、また俺の方に寄りかかって来る。

 コレはもうダメだな……。

 俺は御子さんがこうなった後の事を知っている。

 大抵は酔いつぶれて眠ってしまう。


「御子さん、ベッドで寝ないと風邪引きますよ」


「う~……なら連れてって……」


「えぇ……子供じゃないんですから……」


「良いから~……」


「はぁ……岬君、ごめんなさいね。お願いできるかしら?」


 御子さんのお母さんからお願いされ、俺は御子さんを部屋のベッドに連れて行く。

 お姫様抱っこで御子さんを抱え、俺は二階の御子さんの部屋に向かう。


「お邪魔しまーす‥‥‥」


 御子さんの部屋に入り、俺は御子さんをベッドに寝かせる。

 御子さん部屋は青のカーテンにや白いタンスなど、さわやかな色合いでまとめられていた。 ベッドには何体かぬいぐるみも置いてあり、昔のまだ女子高生だった頃の御子さんの女の子らしい感じが出ていた。


「一人暮らしの部屋より片付いてるな……」


 俺はそんな事を呟きながら、部屋を見渡す。

 タンスの上には御子さんの高校時代の写真が飾ってあった。

 文化祭、体育祭、修学旅行など多くの写真が飾られていた。


「うわ……この人可愛い」


 御子さんのクラスメイトであろう女子生徒の写真を見ながら、俺はそんな事を呟く。

 すると、隣のベッドから俺は腕を捕まれた。

 何事かと思い、俺はベッドを見ると、御子さんが顔を赤くし頬を膨らませて俺を見ていた。

「何よぉ~私の方が可愛いでしょぉ?」


「え?! あ……聞いてたんですか……」


「……寝て」


「へ?」


「寝て!」


「ど、何所にですか?」


「ベッドに!」


 御子さんは力一杯俺をベッドに引っ張ると、俺にベッドに寝るよう指示をする。

 俺は言うとおりにベッドに寝ると、その上から御子さんが覆い被さるように上にまたがって来た。


「今日……全然次郎君とイチャついてない」


「そ、そうですかね?」


「そう……ちゅーもしてない……」


「そ、それは時間が無くて……」


「うん、だから今する……」


「へ?」


 御子さんはそう言うと、俺の顔を押さえつけ、自分の唇を俺の唇に重ねる。

 酔っ払っているからか、今日の御子さんはいつも以上に積極的だ。

 何回も何回も、唇を重ねては離し、また重ねる繰り返す。

 次第に御子さんは俺の首に手を回し、抱きしめるようにして何度もキスを繰り返す。


「ん……ちょ、ちょっとタイム! もう流石に良いでしょ?!」


「ん……ダメ……まだ足りない……」


 目をトロンとさせながら、御子さんは自分の唇を指でなぞる。

 エロい。

 俺は正直そう思ってしまった。

 御子さんの服は、俺とキスをしている間に乱れ、表情もどこか色っぽい。

 俺の息子がいつも異常に激しく反応している気がしたが、今日はまずい!

 だってここはいつものアパートなんかじゃない!

 ここは御子さんの家だ!

 もし、こんなところを御子さんの両親なんかに見られたら、気まずくて死んでしまう!!


「御子さん、今日はだめです! ここは貴方の実家ですよ!?」


「関係ない……私もスイッチ入ったから……しよ……」


「ダメですって!」


 迫ってくる御子さんを俺は必死に止める。

 一階には御子さんの両親が居る。

 年明け前に、こんなところを見られたら、この後の二日間気まずくて仕方ない。


「御子さん……コレで我慢して下さい」


 俺は先輩を抱きしめて、先輩の酔いが回って眠るのを待つ事にした。

 しかし、この作戦は失敗だった事に、俺はこの後気がつく。


「ん……ぎゅーってされるの……良い……」


「み、御子さん! 何所触ってるんですか!!」


「次郎君の次郎君」


「だからダメですって!」


 俺はすぐさま御子さんから離れようとした、しかし御子さんがそれを許さない。

 俺の事をぎゅーっと片腕でホールドし、両足でもホールドする。


「うわっ! み、御子さん! 耳を舐めないで下さい!!」


「ウフフ~、次郎君可愛い~……」


「や、やめて下さいって! く、くすぐったいです!」


「やめませ~ん……」


 御子さんは、俺の耳をぺろぺろ舐め始めた。

 恐らく俺をその気にしたいのだろう。

 しかし、一階に御子さん両親が居る以上、俺のこの決意は揺るがない!


「ねぇ……そろそろ脱ごうか……」


「脱ぎません!」


「着たまま? 次郎君もマニアックになったね……」


「だからしません! ゴムも無いですし!」


「あるよ、はい」


「なんで有るんですか!」


 御子さんはどこからか取り出した避妊具を口でくわえて見せる。

 だから、なんでわざわざエロい見せ方をするんだこの人は!

 次第に俺も我慢が出来なくなってきた。


「次郎君の匂い……私大好き……」


「匂いを嗅がないで下さい!」


 くんくんと犬のように鼻を効かせて、俺の匂いを嗅ぐ御子さん。

 もうそろそろ本当にやめて貰わないと、俺の理性が持たない。

 そんな時、御子さんがとんでもない事を言い出した。


「ねぇ……高校の時の制服……着てあげよっか?」


「は、はぁ?! い、いきなり何を!?」


「だって、次郎君そう言うの好きでしょ?」


「そ、そんな事を言った覚えはありません!」


「でも、引き出しの二重底の下の参考書でカモフラージュしてあった、別な参考書には、その手の内容が……」


「あぁぁぁ!! またですか! また俺の保健体育の参考書を発見したんですか!」


「うん、昨日次郎君が出かけてる間に」


「うわぁぁぁぁ! 絶対見つからないと思ったのにぃぃぃ!!」


「ちなみに、捨てたから」


「最悪だ……」


 こうやって御子さんに俺の参考書(エロ本)を発見されたのは、今回で四回目だ。

 しかも発見されると、必ず処分され、発見された日にはその参考書(エロ本)の内容と似たプレイを御子さんは要求して来る。


「さっき着てみたら、まだ入ったから……着てあげるわよ~せ・い・ふ・く……」


 耳元でささやく御子さんの言葉に、俺の決意が一瞬揺らぐ。

 しかし、俺も時と場所くらいは考えられる。

 ここは彼女の家で、しかも一階には彼女の両親が居る。

 こんな場所で、そんな事は出来ない!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます