第8話

「そんなに気を落とすことないよ、また良い出会いがあるよ!」


 俺は精一杯愛実ちゃんを励ます。

 しかし、愛実ちゃんの表情は曇ったままだ。

 失恋した時女子高生になんて言ったら良いかなんて、この前まで彼女が居なかった俺にはわからない。

 しかも、皮肉にも俺は今、愛実ちゃんと違って恋人が居る身の上……まぁ、彼女が彼女なので、決してリア充では無い。


「……先輩は、私の事……可愛いと思ってるんですか?」


「あぁ、もちろん。だから自信を持って!」


「………先輩の彼女さんとどっちが可愛いですか?」


「え??」


 困った質問が来てしまった。

 ここは彼女を元気づけると言う意味でも、愛実ちゃんが可愛いと言うべきだろう。

 しかし、実際に考えて見ると、愛実ちゃんも先輩に負けてないんだよなぁ……。

 本当にこんな可愛い素直にな良い子を振っちゃうなんて、何処のイケメンプレイボーイだろ、ぶん殴ってやりたくなるな……。


「う、う~ん……愛実ちゃんかな? あ、これ内緒ね」


「……」


 少し考える振りをした後に俺は愛実ちゃんに言う。

 愛実ちゃんは、俯き黙ってしまった。

 あれ? 俺なんかまずい事言った?


「えっと……愛実ちゃん?」


「………んで…」


「え?」


「じゃあなんであの人と付き合っちゃうんですか!!」


「え? えぇ? え!?」


 急に大声を上げる愛実ちゃん。

 その表情は怒っているような、悔しさで顔を歪めているような表情だった。

 そして、その瞳からは大粒の涙が零れていた。

 俺は意味がわからず困惑し、ただ涙を流す愛実ちゃんを見つめる。


「私がクリスマスに勇気を出して誘う予定だったのに! なんで……なんで!」


「えっと、愛実ちゃん? お、落ち着こうか……」


 こんな状況を他のバイト仲間やパートのおばちゃんなんかに見られたら大変だ。

 俺は愛実ちゃんに寄り添い、愛実ちゃんを落ち着かせようとする。


「えっと、どうかした? 思い出しちゃった?」


「先輩の馬鹿! 鈍感! 年上趣味!!」


「な、なんで俺が罵倒されてるんだ……」


 一体何が悪かったのだろうか?

 愛実ちゃんは泣きながら、俺を罵倒してくる。

 年上趣味ではないんだが……。


「どうしたの愛実ちゃん? 急に……」


「………まだ気がつかないんですか?」


「な、何が?」


「………」


 愛実ちゃんはそう言うと、そっと俺の首に手を回し俺に抱きついてくる。

 俺は一体どう事なのか全くわからず困惑する。


「え? な、なに? どうしたの?! こんなとこ誰かに見られたら、俺が社会的に終わるんだけど?!」


「先輩………」


「な、何かな? それはそうと、そろそろ離れてくれ……」


「好きです」


「………今なんて?」


 俺は思わず愛実ちゃんに聞き返した。





 あのままバイトさきで話しをするのはまずいと思い、俺は愛実ちゃんを連れて、喫茶店に来ていた。

 また変んば噂を流されても困るしな……。


「い、いや~、もうこの時間になると寒くて仕方ないね~、暖かいコーヒーが美味しい季節だよ……」


「………」


「あ、あははは」


「………」


 気まずい! 非常に気まずい!!

 だって、この子は俺の事を好きだった訳だよ?!

 それで、俺に恋人が出来たって知っちゃって、自動的に失恋。

 しかも俺は全く彼女のそんな気持ちに気がつかず、彼女に「可愛いよ」とか言ってたなんて……そりゃぁ大声を出したくなるよ……。


「先輩……」


 ここに来てから黙っていた愛実ちゃんが、ようやく口を開いた。

 店内には、俺と愛実ちゃんの他に、老夫婦が一組と店のマスターが一人。

 俺と愛実ちゃんの空気を察してか、店の中の人達はみんな静かにしている。


「な、なにかな?」


 俺は引きつった笑顔で、愛実ちゃんに尋ねる。


「……今の彼女さんの事……本当に好きなんですか?」


「えっと……」


 どうなのだろう?

 先輩が俺の事を好きなのは、この一週間で良くわかった。

 しかし、俺はどうだろう?

 確かに先輩は綺麗だし、大人っぽい。

 しかし、俺はそんな先輩の本性を知っている。

 わがままだし、自分大好きだし、ゲーマーだし、料理も出来ない。

 しかも、俺に厄介事を押しつける。


「……あれ?」


 そこだけ考えると、別に俺は先輩の事を好きじゃないんじゃないか?

 しかし、そう考えた後、朝の先輩の寝顔やバイト前に先輩が俺にしてきた事を思い出す。


「……多分、好きだよ」


「多分ってなんですか……」


「いや、俺も正直自信が無いっていうか……あの人、俺に厄介事ばっかり押しつけて来るんだよ、それにわがままだし、家事は出来ないし、俺をからかって遊ぶし……」


「酷い人じゃないですか……」


「うん。でも……根は頑張り屋で優しくて……偶に凄く可愛いんだよ」


 確かに先輩はわがままだし、俺に厄介な事を押しつける。

 でも、俺だけが彼女の本性を知っている。

 俺だけが、彼女の努力しているとこを知っている。

 大学の奴らは、先輩は努力をしなくても綺麗で完璧な人だと思っている。

 でも、それは違う。

 先輩も努力しているし、頑張っている。

 そんな姿を俺だけが知っていて、俺だけがそんな努力する可愛い先輩の姿を知っている。 そう考えると、やっぱり俺の先輩への気持ちは、初めて会ったあの日から変わって居ないのかもしれない。

 だから、付き合う事にしたのかもしれない。


「私の事も可愛いって言ったくせに……」


「い、いやそれは……」


 俺の言葉を聞き、愛実ちゃんは頬を膨らませてそう言ってくる。

 あぁ、なんで俺は愛実ちゃんにそんな事を軽々しく言ってしまったのだろう……。

 十数分前の俺に言ってやりたい。

 軽々しく可愛いと言うなと……。


「……ずるいですよ……ミスコンの優勝者で、しかも年上で……しかもあんなにおっぱい大きいなんて……」


 いや、男からしたら愛実ちゃんも負けてないと思うが……。まぁそんな事は口が裂けても言えないので、俺はとりあえず黙ってコーヒーをすする。

 先ほどからマスターがこちらをチラチラ見て居る気がする。

 そんなに俺たちは目立っているだろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます