第20話

「ただいま~」


 俺はそう言って、家のドアを開けて部屋の中に入る。

 そこで俺は二つの違和感に気がついた。

 一つは、先輩の靴以外に見慣れない靴がもう一足、綺麗にそろえて置かれている事。

 そしてもう一つは、部屋が異様に静かだと言う事。

 いつもは、テレビの音かゲームの音が漏れているハズなのに、今日はそれが無い。

 俺は不思議に思いながら、部屋のドアを開ける。


「先輩、帰ってきま………し……た?」


「どうも、こんにちは」


「あ、はい……どうも」


 部屋の中には先輩以外にもう一人、お客さんが居た。

 俺や先輩よりもずっと年上の女性。

 しかも、とびきりの美人だ。

 服装はレディーススーツを着ていて、出来る女って感じがした。


「初めまして、私は間宮冷華(まみやれいか)。この馬鹿娘の母親です」


「え!? は、母親!?」


 そう言えばどことなく似ている。

 俺は先輩のお母さんを見ながら、驚き開いた口が塞がらない。

 先輩はと言うと、何やら不機嫌そうに頬を膨らませて俺を見ている。


「えっと……は、初めまして、俺はその……娘さんと交際させていただいている岬と……」


「存じて下ります。今日は貴方にお願いがあって参りました」


「え? 俺に……ですか?」


「はい」


 淡々と話す先輩のお母さん。

 一体なんの用だろうか?

 もしかして、同棲に反対とか?

 それは俺も賛成なので、先輩を家に帰らせる口実が出来るので、俺にとっては朗報だ。

 まぁ、一緒に住むのも楽しいけど、流石に毎日求められるのもねぇ……。

 考えている俺に、先輩のお母さんは座って俺の方を向く。

 俺も慌てて先輩のお母さんの前に正座する。


「単刀直入に言います、うちの娘と結婚する気はありますか?」


「は、はいぃぃぃ??」


 先輩のお母さんからのまさかの言葉に、俺は驚き声を上げる。


「な、なに言ってるのよお母さん!!」


「貴方は黙ってなさい! 連絡も全くよこさず、愛生ちゃんに聞いてビックリしたのよ! 同棲だなんて!」


 驚く俺を放って、親子喧嘩を始める先輩と先輩のお母さん。

 俺はそんな二人を見ながら、ただ呆然としていた。

 だって、結婚だよ?!

 就活だってまだ本格的に動いて無いのに、その先の事を言われても……。


「いい、アンタみたいな、見てくれだけ良くて、猫かぶりで、わがままな娘を貰ってくれる人なんて中々居ないのよ? それなら、今のうちに既成事実をつくっておいた方が良いのよ! じゃないと、彼に愛想を尽かされて、すぐに破局よ?」


「うるさいわね! お母さんだって、お父さんに頼ってばっかりじゃない!」


「私は良いのよ、お父さんは私の事を生涯愛してくれるから。問題は貴方よ! コレを逃したら、お見合いか婚活するしか、貴方に結婚のチャンスは無いわ!」


「自分の娘になんて事を言うのよ!」


 白熱する親子喧嘩。

 俺はその様子をただただぼーっと眺めていた。

 だって結婚だよ?

 考えた事も無い。

 それに、先輩と付き合い始めたのは、つい一ヶ月前の事だ。

 簡単に「結婚します」なんて言えるはずが無い。


「失礼ながら、一週間ほど探偵を雇って、岬さんの事を調べて貰いました」


「え?! ま、まじですか…」


「娘の婿です。それくらいしなければ」


「お母さん!」


 憤慨する先輩。

 ここのところなんか視線を感じると思ったら、そのせいか……。


「正直、娘にはもったいない好青年だと感じました」


「え? お、俺が……ですか?」


「はい。バイト先での信頼も厚く、大学の成績も決して悪くありません。それに、友好関係は広く浅く、色々な人との友好関係を持っているようですね」


「ま、まぁ……そうですけね」


「そして、毎日家に帰る時には必ず、コンビニに寄って抹茶プリンを購入していますね?」


「えっと……そうですが?」


「コレは娘の小さい頃からの好物です。貴方は娘への気遣いもしっかりしていて、母親としては、是非娘を貰って欲しいのです」


「お母さん!」


 深々と頭を下げられる俺。

 そう言われて悪い気はしない。

 しかし、簡単に「はい」とは言えない。

 それこそ先輩に失礼だ。

 結婚は簡単にして良いものでは無い。

 俺はそう思っている。

 だから、俺は先輩のお母さんに言う。


「あの……すいません、今すぐに結婚と言う訳には行きません……」


「それは……娘とは結婚を考えてはいないと言うことですか?」


「じ、次郎……君?」


 厳しい目つきの先輩のお母さんと、逆に不安そうな先輩。

 俺はそんな二人に、俺の気持ちを伝える。


「そうじゃありません、僕と先輩……いえ、御子さんは、まだ付き合って一ヶ月です。なのに、簡単に結婚なんて言えません」


「愛に期間なんて関係ないのでは?」


「いえ、俺はあると思います」


 俺は先輩のお母さんに反論する。

 その様子を先輩は黙って見ていた。

 

「俺……最初先輩の事、嫌いだったんです」


「なるほど……無理も無いでしょう、この子は知っての通り、わがままですから」


「はい、でも……いろいろ知って行くうちに……付き合うようになって……俺多分……先輩の事、どんどん好きになってきてます」


「なら、問題ないじゃない?」


「それでも、簡単に結婚なんて言えません、それに……俺が良くても、先輩が俺に飽きるかもしれません……だから、今すぐに結婚すると約束は出来ません」


 俺は真面目に先輩のお母さんにそう答える。

 俺はいつも不安だ、先輩が俺に飽きて、他の男のところに行ってしまうのでは無いかと……。

 いくら先輩から好きだと言われても、その思いは消えない。

 だって、先輩は人気があるから……。


「ば、バッカじゃないの!!」


「先輩?」


 俺の言葉の後にそう言ったのは、先輩だった。

 怒っている、でも何故か泣きそうな表情で俺の事を睨みながら口を開く。


「わ、私が次郎君に飽きるなんて無いわよ!」


「せ、先輩……」


「初めてなのよ……本当に誰かを好きになったのなんて……」


 怒ったかと思えば、先輩は顔を赤らめ、俺から目を反らす。

 その様子を見て、先輩のお母さんは柔らかい笑みを浮かべる。

 

「この分なら……問題はなさそうね……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます