第11話

 そんな事はどうでも良い。

 今はこの状況をどうにかする方が先だ。

 なんだ、この次のシーンで俺が先輩にキスしそうな流れは! 

 全然そんなロマンチックな流れじゃ無いからね!

 だって俺……手足を拘束されて逃げられなくされたんだよ?!

 うっとりした表情で、俺の手をもの凄い力で押さえつけてんだよ!?

 無言の圧力だよ!

 キスしないと、絶対に離してくれないやつだよ!

 そりゃあ、色々悪いなぁ……とか思ったけど、流石にこんな凄い力で押さえつけられたら、こんな良い雰囲気も台無しだよ!

 あぁ、なんか先輩の息が荒くなり始めた……。

 このままだと、絶対俺は先輩にヤラれる!!

 いや、別にそういう行為に興味がない訳でも、決して先輩に魅力が無いわけでも無い。

 しかし、物事には順序と言うものがあり、その順序によって物事は成り立っている。つまり、俺が何を言いたいかと言うと……。

 ゴムが無いので、今日は無理です。


「ねぇ……なんで黙ってるの?」


「い、いや……その……申し訳ないんですが……離してもらえますか? 晩飯を作っている途中なので」


「私は今から食べるからいい……」


「な、何を食べるんですか?」


「次郎君……」


「食人は犯罪ですよ?」


「大丈夫……性的な意味だから……」


 ヤバイ、完全に先輩は俺をヤルつもりだ……。

 いや、俺だってゴムさえあれば、別に良いんですよ。

 でも、もし子供が出来たらなんて考えたら恐いじゃないですか!

 俺も先輩もまだ学生だし、収入だって毎月安定してある訳じゃ無い。

 だったら、ちゃんと避妊しないとダメだと思います!

 なんでこんなに、俺が色々な考えを巡らせているかと言うと、何か考えてないと、このまま流されそうだからだよ!

 

「せ、先輩! 先輩の気持ちもわかりました、でも今はあの……俺も疲れてますし……」


「次郎君は動かなくて良いから……」


「いや、でもあの……避妊具も無いですし……」


「名前は何が良いかしらね?」


「前提おかしくないですか! 産む気なんですか!?」


「良いから、早く脱ぎなさい!」


「脱ぎません!」


 そんな攻防を繰り返す事、約三十分。

 なんとか俺は先輩を説得し、事態は沈静化した。


「先輩……」


「何よ」


「機嫌悪いんだか、良いんだかハッキリしてもらえません?」


 先輩と俺は今、並んで食事を取っているのだが。

 先輩は俺にぴったりとくっついている癖に、顔はそっぽを向いている。

 機嫌が悪いのはわかるが、悪いなら悪いで徹底して欲しい。

 なんでちょっとデレてんだ、この人……。


「ん、醤油取って」


「こっち向けば良いじゃ無いですか………あぁ、面倒な人……」


「あ、今面倒って言ったでしょ! そうですよ、私はどうせ面倒ですよ~!」


「……本当ですよ……」


 そんなギスギスした雰囲気の中、食事を終え、俺は風呂に入り、後は寝るだけだった。

 今日も昨日同様に、先輩とベッドで寝る事になったのだが、正直さっきの事があった為、俺は色々と不安だった。

 幸い、明日は昼に大学で授業があるだけなので、寝不足でも問題は無いのだが……。


「今のうちに寝ちまうか……」


 先輩が風呂に入っている間に、寝てしまおう。

 そうすれば、変にちょっかい出してくる事も無いだろうし、ゆっくり眠れる。

 俺はそう思い、すぐさまベッドに横になり、目を瞑る。

 疲れていたせいもあってか、直ぐに眠る事が出来た。

 その日は、何故か夢まで見る事が出来るほどの深い眠りに付くことが出来た。

 夢の中で、俺は雲の上に居た。

 体が軽く、空を飛んで雲の上を自由に動き回っていた。

 何処までも自由で、悩みも何も無い世界。

 あるのはふかふかで柔らかい雲だけ。

 このまま目が覚め無ければ、どれほど良いだろう……。

 そうは思っても、夢からはあっさり覚めてしまう。


「ん……もう朝か……あれ?」


 俺は目を覚ました。

 久しぶりにちゃんと寝たせいか、目覚めはすこぶる良かった。

 しかし、隣を見て俺は驚いた。

 先輩も珍しく起きているのだ。

 いつもは必ず、俺より遅く起きる先輩なのだが、今日は珍しく早い。

 

「おはようございます……早いですね」


「……お、おはよ……」


 先輩は何故か顔を赤くして、胸を隠すような格好で俺に背を向けていた。


「どうかしました?」


「べ、別に……何でも無いわよ……」


「そうですか?」


 なんだか先輩の様子がおかしい、一向に俺の方を見ようともしないし、俺が視線を合わせようとすると、目を反らす。

 どうしたのだろう?

 調子でも悪いのだろうか?

 そんな事を考えながら、俺はベッドから起き上がり、時計を確認する。

 時間は七時半、まだ寝ていられるが、目覚めも悪くないので二度寝はやめておこう。

 そんな事を思いながら、俺はシャワーでも浴びようと着替えを用意し始める。


「ね、ねぇ……昨日の夜の事って……覚えてる?」


「はい? 夜は熟睡でしたけど?」


「そ、そう……なら良いの……あ、あのね……」


「はい?」


「わ、私……当分は次郎君に変な事しないから……安心して」


 一体どうしたのだろう?

 いつもの先輩らしくないし、突然そんな事を言って……。

 まぁ、そうしてくれた方が、俺も助かるのだが。


「は、はぁ……」


 俺はそんな事を思いながら、朝のシャワーを浴び始める。







 私、間宮御子は、現在一個年下の彼氏と半同棲している。

 付き合って一週間が過ぎ、私は彼氏との楽しい毎日を過ごしていた。

 そんな昨晩の事だ、私がお風呂から上がって、下着姿で浴室から出て行くと、あろうことか私の彼氏は熟睡していた。


「もう……寝るの早いよ……」


 彼のいつもの慌てた表情が見れず、私は頬を膨らませる。

 でも、これで彼になんでもし放題。

 今日散々不安にさせたんだから、これくらいは許されるわよね?


「うふふ~、相変わらず可愛い寝顔ね~」


 そんな事を一人で言いながら、私は彼が眠るベッドに入っていく。

 昨日はスケスケのエッチなネグリジェで彼を悩殺しようと思ったのだが、失敗。

 今日はもう既に寝ているので、悩殺の必要は無しと判断し、私は普通のルームウェアを着て、彼と同じ布団に入る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます