第22話



 先輩のインフルエンザが治ってから数日後の事。


「うつった……」


「もう、だから言ったのに……」


 先輩は俺にスポーツドリンクを差し出しながら、文句を言う。


「次郎君、インフルエンザを舐めすぎ」


「予防注射してたのに……」


「馬鹿ねぇ……そんなの気休めよ……でも、約束だから…」


「……そうですね、お世話になります……」


「良いから寝てなさい……」


 先輩は優しくそう言って、俺の額に氷袋を乗せる。

 そして、先輩は俺の手を取り優しく握って、そのまま雑誌を読み始める。

 先輩は約束通り、俺の看病をしてくれた。

 いつもはわがままばかりの先輩が、俺の為に洗濯をし、俺のために買い物に行ってくれた。 それだけで涙が出そうなほど嬉しいのだが……。


「きゃっ! なんで泡が溢れてくるのよ!!」


「………」


 洗濯をしようとして、先輩は操作と洗剤の量を間違え、洗濯機から泡が噴き出し。


「おかゆって……こんなに黒かった……かしら?」


「………」


 おかゆを作れば、どうやったらそんな色になるの? と問いたくなるような色の物が出来上がりと、正直に言ってしまうと、気持ちだけで十分ですと叫びたくなってしまう。

 しかし、先輩が自分から頑張ろうとしているのだし、何よりここでそう言ってしまうのは、先輩に余計な仕事を増やさないでくれと言っているようなものだ。

 なので、俺は何も言わず、眠ったふりをする。

 あぁ……治ったらまとめて全部片付けるか……。


「きゃ! 爆発した!!」


 何が!?





 俺のインフルエンザも完治し、大学も冬休みを迎え、いよいよ明日はクリスマス。

 ……と言った今日の昼下がり、俺は先輩へのプレゼントを受け取りに、店に行き、今は帰り道だった。


「まさか、クリスマスに彼女と過ごす日が来るなんてなぁ……」


 俺は街の様子を見ながら、上機嫌で家に帰って行く。

 問題はこのプレゼントを何所に隠しておくかだ。

 前に隠していたエロ本は先輩にあっさり発見されてしまった。

 しかも、それが女子高生物だった事が先輩を怒らせ、処分されてしまった。

 

「う~ん……見つかる訳にもいかないし……どうすっかな?」


 帰る途中、俺は隠し場所の候補を考えながら、帰宅していた。

 そんな帰り道の途中、俺は思いがけない人物と遭遇した。


「あれ? あの人って……」


 視線の先に居たのは、俺の行きつけの喫茶店のマスターだった。

 何やらキョロキョロと挙動不審な様子だった。

 声を掛けようかと考えたが、そこでの仲でも無いと考え、俺は気づかない振りをして通り過ぎようとする。


「あ、君は確か………」


 声を掛けられてしまった……。

 まぁ、何かあったのかもしれないし、いつも美味しいコーヒーを入れてくれるお礼に、話しだけでも聞いてみよう。


「あ、えっと……喫茶店の…」


「こうしてちゃんと話しをするのは初めてだね」


「えぇ、どうかしたんですか? キョロキョロして」


「あぁ……実は……」


 あ、ヤバイ……コレ絶対厄介な奴だ……。

 だって、なんか建物の陰に、マスターを見つめる女子高生が居るもん……。

 確かあの子って、あの喫茶店で働いてる子……だよな?

 なんであの子が、マスターの後を?


「信じられないかもしれないんだけど……私は今ストーカー被害にあっていてね……」


「えっと……もしかして女子高生とかだったりします?」


「な、なんでわかるんだい!?」


 だって、後ろに居るもん……。

 目をぎらぎらさせて、電柱の陰からこっちを見てるもん……。


「そ、それで、キョロキョロしながら歩いていたと?」


「そ、そうなんだよ……彼女、雇ってもう二年になるんだけど、つい二ヶ月くらい前に急に僕に求婚してきて……」


「告白じゃ無くて求婚ですか? それはまた……」


「しかも、婚姻届けまで……」


「ホラーですね……」


 そのストーカー、今もこっちを見ながら、息をはぁはぁさせてるんだが……。

 正直この件に関しては、俺はあまり関わり合いになりたくない。


「最近だと、着替え中に更衣室の中に入って来たり……」


「変態ですね……」


「盗撮されたり……」


「マスターも大変何ですね…」


 俺も最近、女子高生には困らされる事が多いからな……。

 どうしてもマスターには同情しちまうな……。


「そんな時だったよ、君が珍しく女子高生と店に来たのは」


「あぁ……あの時ですか…」


 あの時とは、俺が愛実ちゃんからの告白を断った日だ。

 妙にマスターがこちらをチラチラ見ていると思ったら、そういうことだったのか……。


「君があの女子高生を説得しているのを見て、僕も彼女に諦めるよう説得をしたんだけど……」


「ダメだった……と?」


「うん……それどこらか家まで上がり込まれてしまった……」


「相当ですね……」


 その危ないストーカー女子高生は、今もマスターを見て息を荒げているわけなのだが、マスターはそれに気がついていない。

 今日はお店は定休日だったはず。

 休みの日までマスターをつけ回しているのであれば、流石に笑い事ではすまない。


「今から帰るんだけど……今日は幸いにも彼女に会ってないから、無事に一日を終えられそうだよ」


 マスター、それは勘違いです!

 見られてます、メチャクチャ見られてます!

 しかもあの子は絶対にヤバイ子です!

 すぐにバイトも解雇して下さい!!


「あ、あの……解雇とかって考えないんですか?」


「うーん……結構バイトの子も少なくてね……あの子もかなり仕事出来るから、抜けられるとこまるんだよ……そう言う事もあって、最近悩んでて……」


「そ、そうなんですか……えっと、ちなみにご結婚とかは?」


「あぁ、店が忙しくて、そう言う暇がなくてね……もう30だって言うのにねぇ……あはは」


「そ、そうでうか……女子高生に手を出すわけにもいきませんもんね……」


 結婚とか言うワードを出したからだろうか、マスターの背後に居る女子高生の目が濁っている気がする。

 ヤバいなぁー……このままじゃ、そのうちマスター刺されるんじゃ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます