第23話

「じゃあ、私はコレで。また店に来てね」


「は、はい……」


 マスターはそう言って、街の中に消えて行く。

 そして、そのマスターの後ろを追う女子高生。

 本当にマスター大丈夫か?

 そうは言っても、俺が何か出来る訳でもないのだが……。


「事件とかにならなきゃ良いけど……」


 俺はそう思いながら、マスターとストーカー女子高生を見送る。

 この町にはまともな女子校生は居ないのだろうか?


「まぁ、マスターも大人だし、大丈夫だろう……」


 俺はマスターとの出会いを後にし、自宅への道を再び歩き始める。

 しかし、家の近くに来た俺は、近くのコンビニで悩んでいた。


「参ったなぁ~……先輩家に居るし……」


 俺は買ってきたプレゼントの隠し場所を何所にするかで悩んでいた。

 今日隠せれば、それで良いのだが、問題は何所に隠すかだ。

 先輩は、何故かわからないが、俺が何か隠していると、すぐにそれを見抜く事が出来る。

 俺が隠し事をしている時は何かしら特徴として出るらしいのだが、俺にそれはわからない。

「はぁ……どうせなら明日渡したいんだよなぁ……こうなったら、今日は家に帰らないで誰かの家に……」


「あれ? 次郎君?」


「はへ!? せ、先輩……何故ここに?」


 俺は驚いて、持っていた缶コーヒーを思わず落としてしまった。

 財布だけを持っているという事は、冷蔵庫に抹茶プリンが無くなって買いに来たのだろう……。


「ん、ちょっと買い物。どうしたの? コーヒー落ちたけど?」


「あ、いや……別になんでも無いです! プリン無くなってました?」


「うん、すぐ買って来るから、一緒に行こ」


「は、はい……」


 先輩はそう言って、コンビニの中に入って行く。

 俺はそのすきに、プレゼントが入った小箱をコートの内ポケットにしまい込む。


「や、やべぇ……」


 俺はそう感じながら、このプレゼントを何所に隠すか、必死に考える。


「お待たせ、帰ろ」


「は、はい……」


 俺はコンビニから出てきた、先輩と合流し家に帰宅する。


「飯、今作るんで」


「うん……何か手伝う?」


「じゃあ、米炊いて貰えます?」


「爆発しない?」


「しません」


 先輩は最近偶に家事を手伝ってくれるようになった。

 しかしながら、何年一人暮らしをしていたんだと言いたくなるほど先輩は家事が出来ない。 なので、俺が一緒に居る時以外は先輩に家事をさせないようにしている。

 先輩が米を洗って居る間に、俺はコートの内ポケットのプレゼントを他の場所に移そうと考える。


「次郎君?」


「は! はいぃぃ!!」


「? どうかした?」


「いえ……な、何も……」


「じゃあ、なんでそんなハニワみたいなポーズなの?」


「べ、別になんでも無いですよ! それより洗えました?」


「……うん」


 先輩は俺の方をジト目で見ながら尋ねる。

 うわぁ……絶対怪しんでるよ……どうしよう……。

 俺は疑いの視線を向ける先輩を受けながら、ご飯の炊き方を説明する。

 

「次郎君」


「な、なんですか?」


「何か隠してる?」


「な、何も隠してませんよ?」


「ふーん……」


 やべぇーよ、メッチャやべーよ……。

 メッチャ見てるよ……どうしよう……。

 先輩は疑いの視線を俺に向け続ける。

 疑っている……メチャクチャ疑っている……。 

 俺はなんとか話題を反らそうと、明日の話しをする。


「あ、あの! 先輩明日は暇ですよね?」


「な、なんで決めつけるのよ……ひ、暇だけど……」


「せ、折角のクリスマスだし……あの……で、デートとか行きませんか?」


「そ、そんなに行きたいの? し、しし仕方ないわねぇ~……つ、付き合ってあげるわよ…」


「そ、それはどうも」


 よし! なんとか話しをすり替える事は出来たようだ……。

 しかし、こっちの計画も悩みの種ではある。

 先輩が喜んでくれるかどうか……。


「ね、ねぇ……」


「な、何ですか?」


 俺が色々考えていると、先輩が俺の服の裾を引っ張ってきた。

 先輩は頬を赤く染めながら、俺に尋ねてきた。


「で、デートって……考えて見れば初めてじゃない?」


「そ、そう言えばそうですね……それ以前にやっちゃいましたけど……」


 確かに考えて見ればデートは初めてだ。

 なんだかんだと色々あったし、ほとんど毎日家で顔を会わせる。

 しかも、俺と先輩にはゲームさえあれば、何時間でも暇をつぶせる。

 そんな事もあって、外に出てちゃんとデートをするのは、明日が初めてだ。


「ど、どこ行くの?」


「えっと、映画でもどうかと……一応予約も取ってあって……」


「そ、そう……ち、ちなみにその……ま、待ち合わせは何所にする?」


「え? 一緒に行けば良いんじゃ……」


「う、うるさいわね! 女には色々あるのよ!」


「は、はい!」


 明日の話しで盛り上がり、先輩は俺の隠し毎をすっかり忘れている様子だった。

 俺は一安心し、先輩と料理を続ける。





 クリスマス当日、俺は家で一人だった。

 先輩は一旦自宅に帰ると言って、朝から居ない。

 映画はオールナイトで、約束も夕方からなので、俺はその間に家の片付けをしていた。


「ふぅ……こんなもんか…」


 綺麗になった部屋を見て、俺は凄く満足だった。

 毎日掃除をしても、先輩がすぐに散らかしてしまう。

 なので、こうして徹底的に掃除出来るときは隅から隅まで掃除をする。


「しかし……暇だな」


 先輩が居なくなり、約束までは時間がある。

 やることも無くなり、俺は天井を見上げる。


「先輩と付き合って、もう一ヶ月か……」


 あの日の夜の勝負が、まさかこんな事になるなんて、俺は思ってもみなかった。

 そして、先輩と知り合ったあの日も、今のこの状況は想像出来なかった。

 そう、あの日……先輩と初めて出会った、あの日……。





 春、俺は受験戦争に打ち勝ち、こうして志望した大学の門をくぐって、入学式に来ていた。 知り合いは誰も居ない。

 実家から離れて、この大学を選んだのは、ただ都会に出たかったと言う、半端な気持ちだった。

 都会なら、実家の田舎で得る事の出来ない、何かを得る事が出来ると思ったからだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます