第38話

 名前を呼ぶだけで、なんでこんなに恥ずかしいのだろう。

 小学生の時なんかは、何も思わなかったはずなのに、この年になると、異性の名前を呼ぶと言うだけで、羞恥心が出てくる。


「もう一回」


「え! 勘弁して下さいよ……」


「もう一回!」


 本当にこの人は……。

 俺は相変わらずな先輩に負け、もう一度名前を呼ぶ。


「御子……さん」


「まぁ……良いわ……合格」


「合格ってなんすか……」


 そんな先輩と俺の事をマスターと片瀬さんは興味津々と言った様子で、ジッと見ていた。


「あの、店でイチャつくのはちょっと……」


「君が変な事言ったせいだよね!?」


 原因を作った本人に、そんな事を言われたくは無い。

 本当……お客さん少なくて良かった。


「あの……ついでにもう一つ聞いても良いですか?」


「何? もうあんまり変な事を聞かないでね」


「週に何回のペースで性行為を?」


「変な事聞かないでって言ったよね!!」


 本当に最近の女子高生はわからない……。

 




 大晦日前日、俺は今年最後のアルバイトをしていた。

 そうは言っても、今日のバイトは午前中でおしまい、午後は荷物をまとめて先輩の実家に行く事になっている。


「いらっしゃいませ~」


 いつもの営業スマイルを浮かべながら、俺は入店してきたお客さんにそう言う。

 皆、年末とあって忙しいらしく、持ち帰りやドライブスルーのお客さんがいつもよりも多い。

 

「岬君、そろそろ上がって良いよ。お昼のピークになると、抜けられないし」


「すいません、ありがとうございます」


 俺は店長に言われ、レジから厨房の奥のスタッフルームに引っ込んで行く。

 今年もコレでバイトは最後か……。

 そんな事を考えながら、休憩室に戻ると、そこにはお昼から俺と入れ替わりでバイトに入る、愛実ちゃんが居た。


「あ……」


「えっと……その……お疲れ」


「はい、お疲れ様です」


 ニコッと笑って、返事を返してくれる愛実ちゃん。

 この前の一件以降、愛実ちゃんを顔を合わせるのは、久しぶりだった。

 あの日の夜の事もあり、なんだか気まずい空気が流れている気がする。


「先輩」


「へぇ!? な、なにかね?」


「ウフフ、そんなに緊張しなくても良いのに」


 笑われてしまった。

 だって、あんな事された相手と普通に話せる訳無いじゃん……。


「この前は、急にあんな事してすいません。でも、諦めがつきました」


「そ、そっか……ごめんね」


「謝らないで下さいよ、それに……先輩があの人を大切に思ってる事を知りましたから… …」


 笑顔でそう言う愛実ちゃんを見て、俺は心が痛かった。

 しかし、これが恋愛と言うものなのかもしれない。

 誰かを選べば、誰かの思いを拒否する事になる。

 恋愛と言うのは難しい………。

 俺はそんな事を考えながら、バイトに向かう愛実ちゃんを見送った。


「愛実ちゃんにも、良い相手が見つかると良いな……」


 俺はそんな事を考えながら、店を後にした。

 俺は家までの道のりを急いで帰る。

 昨日少しは準備をしたのだが、まだまだバックに入れていない物が多い。

 俺は早く帰って準備をしなければと思い、いつもより早いペースで歩く。


「ただいまー」


「おかえり」


 俺は玄関で御子さんに出迎えられ、中に入る。

 あのマスターの一件があり、俺は先輩から御子さんに呼びかたを変えた。

 最初はむずがゆい感じもあったのだが、最近は慣れてきてそうでも無い。


「御子さん、準備出来ました?」


「私は実家に帰るのよ? そこまでの準備は必要ないわ」


「それもそうですね」


 俺の右腕にくっつきながら、先輩は呆れたように俺に言う。

 先輩の実家か……どんなところだろうか?

 俺は準備をしながら、そんな事を考えていた。

 先輩が育った町、育った家。

 俺は凄く興味があった。

 楽しみにしながら、準備をしていると、俺のスマホが音を立てて震え始めた。


「ん、電話か……誰だろ?」


 俺はスマホに手を伸ばし、画面を見る。

 電話の相手は、先輩のお母さんだった。

 この前の電話で、番号を聞かれ俺は番号を教えていたのだが、そのことをすっかり忘れていた。

 若干驚きながら、俺は電話に出る。


「もしもし?」


「お久しぶりね…次郎さん』


「お、お久しぶりです。どうかしましたか?」


『いえね、もうそちらを出発したかと思いまして』


「あの……電車は十六時発なんでが……」


 今の時間は昼の一時、いくら何でも今から家を出るのは早すぎる。

 御子さんが電車の時間を伝えて居るはずなのだが……。


『あら、そうでしか……うちの馬鹿娘も準備は済ませていますか?』


「あ、はい。俺の隣に居ますけど、代わりますか?」


 そう言った瞬間、御子さんは胸の前で手を交差させ首を横に振る。

 どうやら、話しの流れから、俺の提案を察したらしい。


『いえ、馬鹿娘が拒否すると思いますので、大丈夫です。それよりも気を付けていらして下さいね。お待ちしていますから』


「あ、はい。ありがとうございます。俺も楽しみにしてます」


 そう言って電話は終了した。

 なんだかんだ言っても、心配なようだ。

 良いお母さんだなと思いながら、何故か膨れっ面の御子さんの方を見る。


「あの……どうかしました?」


「別に……お母さんと仲よさそうね」


「自分の母親に嫉妬しないで下さいよ……」


 先輩が嬉しい事に、俺の事が大好きなのはありがたいのだが、最近どうもヤキモチを妬きやすくなっている気がする。

 そのたびに先輩は、俺にこう言ってくるのだ。


「じゃあ、ちゅーして」


「朝もしたじゃ無いですか」


「おかえりのちゅーしてないもん」


 こんなバカップルみたいな会話が、最近は毎日だ。

 まぁ、誰も見ていないところなら、別に俺も良いのだが……流石に最近は色々やり過ぎな気がする。

 まぁ、そうは思ってもやるんだけどね……。


「じゃあ、目を閉じて貰って良いですか」


「ん……」


 俺は先輩が目を閉じたのを確認すると、先輩を抱きしめて唇を重ねる。

 しかし……。


「………!? ちょっと! 舌入れましたよね!?」


「ん……だめ?」


「ダメです!」


「ケチ……」


 こんな感じで、先輩の家で何もなければ良いが……。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます