第12話

「よいしょ」


 私はいつものように彼に抱きつき、目を瞑る。

 やっと彼と恋人同士になり、半同棲までしていると言うのに、彼全く私に手を出そうとしない。

 時々、本当に付いているのだろうかと不安になる。


「ばーか」


 彼への不満をつぶやきながら、私は彼の頬をつつく。

 そんな事をしても彼は起きる気配すら無く、彼は気持ち良さそうに眠っている。

 こうして寝顔を近くで見るようになってまだ二日、前まではこんな関係になるとは思ってもいなかった。

 彼と出会ってもう一年以上が過ぎると考えると、時間が経つのはあっという間なんだと改めて思う。


「昔は全然タイプじゃなかったのになぁ~」


 まさか自分がここまで彼を気に入るなんて、考えても居なかった。

 鈍感な普通の学生、それが彼だった。

 でも、基本的に性格は真面目で、誰にでも優しい。

 彼はそんな人間だった。


「ま、恋愛は惚れた方の負けだって言うしね……おやすみ……」


 私はそう呟くと、彼を抱きしめながら眠りに付こうと瞳を閉じる。

 その瞬間、彼は私の方に体を向き直してきた。

 よほど疲れていたのか、彼は全く目を覚ます気配が無い。


「もう……本当に疲れてたんだ……」


 私は彼を正面から抱きしめる。

 こうして正面から彼を抱きしめるのは初めてかもしれない。

 今日はいつものバイトよりも時間が長かった、その後にも色々とあったらしいから、余計疲れたのだろう。

 私は起きたら彼がどんな反応をするのかを楽しみにしながら、そのまま彼を抱きしめて再び目を瞑る。

 

「きゃっ! ちょっ……何?」


 眠ろうと目を瞑った瞬間、彼が急に私を抱きしめてきた。

 それ自体は嬉しいのだが、問題は彼が私の胸に顔を埋めていることだった。


「んん~……」


「あっ……ちょっと……ん!」


 なんで熟睡している今日に限って、彼は積極的なのだろう。

 私は、彼に胸を弄ばれ、寝るに寝られない。

 しかも彼は寝ていて、無意識なので厄介だ。


「な、なんで起きてる時にしないかなぁ……ん!」


 寝る事によって、男の本能的に女性の母性の象徴である、胸を求めてくるなのだろうか?

 そんな事を考えている間も彼は、私から離れようとはしない。

 

「い、いい加減に……って、ばか! そこは……」


 熟睡の彼は寝ている間だけ、普通にエッチな大学生になるようだった。

 知らなかった私が、この後どうなったかは、想像にお任せします。





「先輩、なんですか?」


「何も言ってないよ?」


「言ってないですけど、無言で俺の背中にくっついて来てますよね?」


 大学が終わり、俺は部屋に帰ってきて、洗濯物を取り込んでいた。

 すると、突然先輩が俺の背中に張り付いてきたのだ。

 

「暇、なんかしよ」


「じゃあ手伝って下さいよ、先輩の下着もあるんですから……」


「え~、面倒よ」


「何が悲しくて、アンタの無駄にエロい下着を俺が干さなきゃならんのだ……」


「彼氏だから?」


「普通同棲してたら、そこら辺気を使うもんじゃないんですか!」


「だって、次郎君が全部やってくれるし~」


「貴方がやらないからですよ……はぁ、じゃあコレが終わるまで待って下さい」


「仕方ないな~」


「それはこっちの台詞です……」


 俺は急いで洗濯物を取り込み、先輩の要望に応える。

 時刻は夕方の五時、既に辺りは暗くなっており、外は昼間よりも寒くなっていた。


「んで、何します?」


「ゲームでしょ?」


「当たり前のように言いますね……」


「いや?」


「外に行こうと言われるよりはましです。何やります?」


 俺は未だに背中に抱きつく先輩に、ゲームのカセットを見せながら尋ねる。

 最近二人でやるゲームは、便転堂のゲームが多い。

 大人も子供も楽しめるゲームが多く、手軽に出来るのが個人的には良い。


「最近ハマってる、バトルロワイヤルのゲームしよ、アレ面白いのよね~」


「あぁ……武器拾って、その武器で100人と戦うあれですか? 良いですけど、先輩ってFPS系のゲームもやるんでしたっけ?」


「大好物ね」


「ちなみに好きな銃の種類は?」


「スナイパーライフル」


「あぁ、男を狙いうちしてますもんね……現実でも」


「別にしてないわよ、したけど目の前の誰かさんにはなかなか弾が当たらなかったわ」


 大学内で、先輩は人気者だ。

 可愛い見た目と猫を被った態度に、男も女も大体騙される。

 それを狙ってやっているのだから、ある意味現実でもスナイパーかもしれない。

 俺は早速ゲームのハードをテレビの横から持ってくる。

 最近登場した、テレビに繋いでも携帯用としても遊べると言う便転堂の最新機種だ。


「そう言えば先輩もハード持って来てたんですね」


「当たり前よ! 並んで整理券を貰って、やっと手に入れた物だから、愛着あるのよね~」


「俺は無理矢理付き合わされましたけど……」


 このハードは、発売当初は爆発的な人気で、何処のお店にも品薄の状態が続き。

 ネットでは価格が高騰していた。

 その為、俺は先輩に無理矢理朝っぱらから呼び出され、二人で電気屋やゲームショップに並ぶと言う事を一時期やっていた。

 まぁ、俺も欲しかったからそれは良いのだが、朝があまり得意では無い先輩は並んでいる間に寝てしまうので、俺はそんな先輩の支えになっていた。

 先輩は良くも悪くも注目を集めるので、俺にとってあの時間は地獄だった。

 皆、俺と先輩を見てくるものだから、恥ずかしくて症が無い。


「でも、買って良かったでしょ? 二人で随分やったじゃない」


「あぁ、そうでしたね……購入出来た喜びで、その日のうちに、二人で一本クリアしましたもんね」


「一年経つけど、まだ人気よね~、このゲームもかなり流行ってるみたいだし」


「俺まだやったことないんですよ、先輩結構やったんですか?」


「まぁ、十時間くらい?」


「一日じゃ無いですよね?」


「…………」


「ゲームはほどほどに」


「はい……」


 気まずそうに答える先輩を見ながら、俺はゲームをインストールし設定を始める。

 アカウントを作ったり、ゲームのダウンロードに少し時間は掛かったが、無事終わり二人でゲームを楽しむ。


「先輩! 後ろ! 後ろにいます!!」


「大丈夫、もう倒したから」


「流石っすね……って! 俺がやられた!!」


「もう! 余所見なんかしてるからよ!」


「しょうが無いじゃ無いっすか! スナイパーに狙われたんですよ!」


「チーム戦だから、私一人だとキツいの! あ、手が空いたならココア作って、飲みたい」


「はぁ……はいはい」


 そう言って俺は、先輩の為にココアを用意する。

 なんだかんだ言っても、こうして先輩とゲームしている時が一番楽しいのかもしれないな……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます