第13話



「いくら次郎君でも、それは譲れないよ」


「俺もこれだけは譲れないです」


 俺と先輩は現在、神妙な面持ちで向かい合い対立している。


「先輩はいっつもそうじゃないですか!」


「いっつもって何よ! 次郎君もでしょ! 変なとこは頑固なんだから」


 何故こんな事になってしまったのか、それは数分ほど前に遡る。

 俺はパソコンで、新作ゲームの宣伝用PVを見ていた。

 大人気RPGの最新昨のPVと言うことで、俺は大きな期待をしていた。


「何見てるの?」


「アレですよ、アレの最新作のPVですよ。あと、さり気なく俺の背中に胸を押しつけるのはやめて下さい」


「買うの?」


「離れてもらえます? 買いますね」


 俺は離れない、先輩を無理矢理押しのけながら、動画の続きを見る。

 発売は来月の12月らしい、年末年始はコレをやって過ごそうかな?

 なんて事を考えていると、突然先輩は俺からマウスを奪い、別な動画を再生し始める。


「何見るんですか?」


「ん、私も欲しいゲームのPV……おぉ、始まった始まった」


「げ! こ、コレって……」


 そのゲームのPVに、俺は顔を歪める。

 それは、以前に先輩とプレイした事がある、ホラーアクションゲームの続編。

 内容は秘密裏に開発されていた、人を化け物に変えてしまう薬品が外に漏れてしまい、バイオハザードが起こってしまった世界を舞台に、主人公がその事件の解決に望むと言う物語だ。

 俺は先輩に誘われて……というか無理矢理一緒にプレイさせられたのだが、このゲーム相当恐い。

 俺はあまりホラーゲームを好まない、正直言ってホラー自体あまり好きでは無い、むしろ嫌いだ。

 それを知ってか、先輩は夏になると必ず、俺の部屋でホラー系の映画を見せて来る。

 その時の俺は、情けない事に耳と視界の両方を閉じ、ただ映画が終わるのを待っていた。

 ましてやゲームとなると、脅かし要素などが出てくる。

 前にプレイした時は、俺はビックリしすぎてまともに戦えなかった。

 そんな情けない俺を先輩は隣で笑いながら見ていた。


「か、買うんですか?」


 俺は動画を見ないようにし、耳を塞いでいた。

 丁度動画が終わったのだろう、先輩が再びマウスを動かした事に気がつき、俺は先輩に尋ねる。


「うん、買う! 一緒にやろ!」


「絶対嫌です!!」


「えーなんでよ~!」


「先輩、俺が恐いのダメなの知ってるでしょ? 勘弁して下さいよ……」


「だから、言ってるんじゃない? 純粋に欲しい気持ちが四割だとしたら、残りは次郎君の怖がるところが見たいからだよ?」


「半分以上の目的が、俺に対する嫌がらせなんすか……良いですか! 買っても一人でやって下さいよ! 俺はこっちやるので!」


「なんでよ、良いじゃ無い! また私にくっついてプレイすれば」


「それが嫌なんです!」


 こんな話しの流れで、新し買うゲームを一緒にやるかやらないかで、ちょっとした喧嘩になってしまった。

 話しは現在に戻り、俺と先輩は机を挟んで睨み合っていた。


「良いじゃん、前も結局最後までやったんだから」


「あの後何回か夢に見たんすよ……情けない話しですけど……」


「今回は一緒に寝てあげるから」


「そう言う事じゃ無いんですよ! それに、俺はさっき言ってたあのゲームをするので、先輩は一人でやって下さい!」


「良いじゃ無い、少しくらい!」


「嫌です! いくら先輩でもこれだけは本当に嫌なんです!」


「先っぽだけで良いから!」


「やめろ! 先っぽとか言うな!! その表現は色々危ないです!」


「知ってるわよ、狙ったの」


「もっと厄介だわ!」


 同棲を初めて一週間と半分、ここまで揉めるのは初めてだ。

 そうはいってもまだ二週間も経って居ないのだが……。


「言うこと聞かないと、出て行っちゃうんだから!」


「どうぞ? そろそろ自分のマンションに帰ったらどうですか?」


「う~……次郎君の馬鹿ぁぁ!!」


「ぐはっ! クッションを投げないで下さい!」


 先輩はそのまま部屋を飛び出して行った。

 いつの間にかフルメイクを済ませて……いつしたんだよ……。

 どうせ少ししたら帰って来るだろうと思い、俺は後を追いかけずそのまま部屋で待った。


「全く……先輩のわがままに付き合ってばかりもいられないからな…」


 俺はそれから先輩が帰って来るのを待ち、家事を済ませる。

 そして、家事をしていて気がついた。

 先輩居ないと、メチャクチャ早く家事が終わる……。


「やること無くなったな……」


 暇になり、俺はとりあえずスマホを弄る。

 もちろん先輩からの連絡なんて無い。

 良い機会だし、少し反省してもらおう。

 俺はそう思い先輩が戻ってくるまで、一切連絡を取らなかった。

 そして、あっという間に夕方になった。


「……長いな……」


 なかなか先輩が帰ってこないので、流石にちょっと気になってきた。

 別に心配してる訳じゃ無い、ただ遅い時間の女性の一人歩きは、色々と危険だと思っただけで、別に先輩を心配している訳ではない。


「全く……仕方ない……」


 俺は立ち上がり、外出の準備を済ませて部屋を出る。

 別に先輩が気になって探しに行く訳では無い、ただちょっとコンビニに行くだけだ。

 

「全く……なんで俺が……」


 俺は歩いてコンビニに向かっていた。

 これまでに三件のコンビニを通過したが、決して先輩のマンションに向かっている訳では無い。

 ただ、先輩のマンションの近くのコンビニのラインナップが良いから、そこに行くだけだ。

「まぁ、少し見ていくだけなら……」


 俺はコンビニで抹茶プリンと飲み物を購入し、先輩のアパートに向かう。

 ちなみに抹茶プリンは先輩の好物だが、それは今は関係無い、俺が食べたかっただけだ。

 決して先輩の機嫌を取ろうとか、そう言う目的ではない。


「相変わらず良いマンションだなぁ………」


 先輩の住んでいるマンションは、俺のボロアパートと違って、オートロックにIHヒーターが常備された、お高いマンションに住んでいる。

 何度か来た事はあるが、住んでいる人もなんだか裕福そうな人ばかりだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます